映画「バース・オブ・ザ・ドラゴン」の感想(ネタバレ)

2019.01.15 Tuesday 洋画 アクション/SF

■映画「バース・オブ・ザ・ドラゴン」の感想(ネタバレ)


■監督:ジョージ・ノルフィ
■出演者:フィリップ・ン シア・ユイ ジン・シン ビリー・マグヌッセン


【映画「バース・オブ・ザ・ドラゴン」のあらすじ】

1964年、サンフランシスコ。中国拳法の詠春拳を広めたいと望み、そのために映画スターになる野心を持ったリーだが、少林寺の本山で拳法を学んだジャックマンは、中国の拳法がそんなに簡単には伝授できないと伝えるべく、中国から渡米する。リーに対決を求められたジャックマンはそれに応じるかどうか考える。そのころ、リーの弟子スティーブは自分が愛するようになった女性を、中国系ギャングの支配から解放させようとし……。

WOWOWから引用

【映画「バース・オブ・ザ・ドラゴン」の感想(ネタバレ)】 

 

 

実際に行われたアクションスター”ブルース・リー”と少林拳の達人”ウォン・ジャックマン”の対決をテーマにしたアクション映画。

 

内容がわかりやすそうなブルースリー作品を見つけたので見てみた。

 

格闘技の達人同士の世紀?の戦いを描いた作品なので、見どころは、カンフーアクションになると思うが、アクション自体は、これまで中国系のカンフーアクションを何作か見ていれば、取り立ててすごいというものはなく、結構無難な仕上がり。

 

一応、ワイヤーアクションを取り入れてるが、いきなり空飛んでったりといった明らかに現実離れした使い方はしていないので、その辺は一応格闘技を土台にした演出で押さえようとしている。

 

これが完全なる中国映画、監督も中国人ならバンバン空飛んでいってそうだが、一応監督がアメリカ人で舞台もアメリカなので、比較的抑え気味というか、個人的にちょうど良いアクションだと思う。

 

ちなみに少林拳の奥義みたいな話が、いくらか出てくるが、内容的には、孫子と仏教が混ざった教えで、それらを少し理解していると、少林拳が描く世界観をよりイメージで理解できる。

 

よく言われている嘘くさい”気”の存在(使い方)を実体として理解できると(催眠術に掛かった精神状態を一度体感して、自分なりにその状態を脳内から身体に伝達して再現できるようになると)、身体の使い方で新たな発見があるが、この少林拳の奥義もそういうことなんだろうと思う。

 

 

 

評価 ★★★☆☆ (星3.2)

 

(まとめ:結局最後は、達人同士がタッグを組んで悪を成敗する王道アクション。主演のフィリップ・ンがブルースリー役を演じているが、いわゆるブルースリー色(クセ)を出せば出すほど、演じているというよりかは、ただ安いモノマネをやってるようにしか見えなくなって、ところどころ笑ってしまう。ブルースリーの演技というものは、日本人に限らず、誰がやっても、結局モノマネの世界観から抜け出せないように思う。)

 

 

第一にカンフーは

 

拳に存在しない

 

魂の中にあるものだ

 

-?

 

命は死よりも強い

 

-?

 

 

 

技は罠だ

 

-?

 

 

流儀は監獄

 

-?

 

 

 

 

>>バース・オブ・ザ・ドラゴン[Blu-ray] / 洋画

 

 

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ

 

 

 

JUGEMテーマ:アクション映画全般

スポンサーサイト

2019.03.19 Tuesday -

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • -
  • -
  • 0
    • -
    • -

    コメント

    コメントする








    この記事のトラックバックURL

    WOWOWのおすすめ番組!    

    Search

    管理人の記憶に残るおすすめ作品

    Links