映画「10x10 テン・バイ・テン」の感想(ネタバレ)

2019.02.11 Monday 洋画 サスペンス/ミステリー

■映画「10x10 テン・バイ・テン」の感想(ネタバレ)


■監督:スージー・ユーイング
■出演者:ルーク・エヴァンス ケリー・ライリー ノエル・クラーク ジェイソン・メイザ オリヴィア・チェネリー


【映画「10x10 テン・バイ・テン」のあらすじ】

生花店を営むキャシーは、ある日、仕事から帰宅する途中、ひそかに彼女の後をつけ回していた男に誘拐されてしまう。男の名前はルイス。彼は車でキャシーを郊外にある豪邸に連れ帰ると、10フィート四方の特製の防音室の中に閉じ込めた末、彼女に質問して、自分の名前や出身地などを答えさせようとする。彼女が「私の名前はキャシー」と答えると、ルイスは、「そうじゃないだろ、本当の名前は何だ?」と執拗に質問を繰り返す。

WOWOWから引用

【映画「10x10 テン・バイ・テン」の感想(ネタバレ)】 

 

 

「ワイルド・スピード EURO MISSION」「美女と野獣(2017)」のルーク・エヴァンス主演のB級サスペンス。

 

”ある女性を拉致・監禁し、彼女から過去の秘密を聞き出そうとする謎めいた男。”という番組あらすじを読んで見てみた。

 

この映画、撮り方がセリフ少な目でほぼ状況描写のみで世界観を描いていて、個人的にかなり好きなタイプの映画なのだが、最後まで見て思うのは、内容(脚本)さえもう少し良ければ、もっと良い作品になったと思う。

 

いきなりネタバレになるが、この作品は、病院で不審な死を遂げた妻の死の真相を探ろうとその夫が暴走し、当時病院に勤務していた元看護師を拉致してくるという話なのだが、その情報は、中盤までずっと伏せられている。

 

時々、テレビのニュースが伝える病院の裁判結果?によって、なんとなく方向性の予想はついてくるのだが、拉致してきた女が意外とクセモノ(嘘つき)で、その真相は、最後に看護師本人の口から語られるまではわからない。

 

一応、終始緊張感は保たれていて全然見れるのだが、その一方で主人公の夫のダメダメっぷり(鬼ごっこ)がひど過ぎて毎回イライラが募る。

 

見てるこちらの考え(こうした方が良いんじゃないか)に全く反映され無い、夫のアホ行動(笑)

 

ある状況に対する反省と教訓がまったくない。

 

拉致してきた女に対する警戒心の緊張が毎回、記憶喪失になったのかという位にすぐに無くなり、あっさり反撃を食らう。計画性があるのか無いのか全くわからない。とりあえず監禁部屋を用意したところまではよかった。

 

それ以降は、行き当たりばったり。

 

一度抵抗されたら、それ以後は、銃を持ってたとしても、普通なら警戒して距離を置くだろう。何回、裏切られてる(抵抗されてる)んだよ。

 

ちなみにラストも妻を殺害していた頭のおかしい看護師の女が死んだのは、ハッピーエンド?ではあるが、女を拉致してきたという部分では、夫は犯罪者な訳で、警察が来たところでエンドロールになってしまったら、夫は、女に対する殺人罪で逮捕されて、服役は確定だろうとそっちに想像してしまう。※女の証言の証拠が、どれほど採用されるか、基本的には、正規の方法ではない証拠は採用されにくいと思う。

 

せめて、夫の裁判過程まで描き、女の証言の証拠を使って、無罪とはいかずとも、何らかの結果が出るまでは、描いて欲しかったと思う。警察が来たところで終わったのでは、非常に後味が悪い。

 

一応、娘がいる訳で、夫(父親)の裁判の状況がわからないことには、この話がハッピーエンドなのか、バッドエンドなのかすらわからない。

 

 

評価 ★★★☆☆ (星3.4)

 

(まとめ:撮り方(描き方)は好感度高いが、オチの後味が悪いサスペンス。この監督は見せ方は上手いので、もっと内容があって、予算も豊富にある大きな映画を作ったのを見てみたい。個人的には、女の動き(抵抗)が手馴れてたので、実は、”スパイ説”でそっちに話が広がっていった方が良かったのかもと思う。オチがサイコパスというのは、知った後に多少こじんまり感は否めない。)

 

 

>>10x10 テン・バイ・テン

 

 

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ

 

 

 

JUGEMテーマ:サスペンス映画全般

スポンサーサイト

2019.10.12 Saturday -

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • -
  • -
  • 0
    • -
    • -

    コメント

    コメントする








    この記事のトラックバックURL

    WOWOWのおすすめ番組!    

    Search

    管理人の記憶に残るおすすめ作品

    Links