映画「キングスマン:ゴールデン・サークル」の感想(ネタバレ)

2019.02.12 Tuesday 洋画 アクション/SF

■映画「キングスマン:ゴールデン・サークル」の感想(ネタバレ)


■監督:マシュー・ヴォーン
■出演者:コリン・ファース タロン・エガートン ジュリアン・ムーア マーク・ストロング ハリー・ベリー ジェフ・ブリッジス チャニング・テイタム


【映画「キングスマン:ゴールデン・サークル」のあらすじ】

ロンドンの高級テーラーの地下に本部を置く、どの国にも属さないスパイ機関“キングスマン”だが、ポピーが率いる世界的麻薬組織“ゴールデン・サークル”の攻撃を受けて壊滅する。残されたのは若手工作員エグジーとメカ担当のマーリンのみ。そこで2人は米国に渡り、同盟組織“ステイツマン”に協力を求める。するとエグジーはなんと死んだはずの先輩エージェント、ハリーと再会。一同は“ゴールデン・サークル”との決戦に臨む。

WOWOWから引用

【映画「キングスマン:ゴールデン・サークル」の感想(ネタバレ)】 

 

英国俳優コリン・ファースが主演したスパイアクション「キングスマン」の続編。

 

パート1は見てたので、パート2も見てみた。

 

ちなみにパート1は2014年制作で、今(現2019年)から5年前。その後、WOWOW放送(大体劇場公開から半年から1年後として)で見たと考えるとパート1を見てから少なく見積もっても3年以上は経っていると思う。

 

ということで、パート1の記憶はほとんどない。主役?のコリン・ファースが途中で死んだことくらいだろうか。パート1が良かったのかどうかも今では覚えていない。

 

そんな訳だが、このパート2の感想だが、まず序盤から思うのは、すげえつまんなくなっている(笑)

 

カーアクションがCGばかりで開始10分の段階でもう見るのやめようかと思ったが、一応大作映画であるので、”この映画は、つまらない!”とはっきり言い切りたいために(途中でやめたら、たぶん記事に書かないで終わるので)、その後、140分という長い収録時間を我慢してみたが、やはり、最後まで見ても結局感想は変わらず、面白くは無かった。※じゃあ見るなよ(笑)

 

何が面白くないのかというと、全体的に世界観がゆるくポップ調になってしまい、スパイなのに緊迫感が無い。ノリ重視の中身が無い商業映画に成り果てた。さらに監督、制作陣の悪ノリなのか(エルトンジョン(本人役)のキャスティング等)、ことごとくスベッている。映画に下手に現実世界(芸能)の情報を入れるべきでないね。

 

一応、前作で死んだはずのコリンファースが復活してきたところで、少し立て直した感じはあるが、それでも相変わらず内容はしょうもない作品だった。

 

 

 

評価 ★★☆☆☆ (星2つ)

 

(まとめ:パート2で駄作になってしまった典型のダメアクション商業映画。ちなみにアクションに関しては、スクリーン等大画面で見ればそれなりに楽しめる撮り方はしてるので、その辺は少し楽しめる部分は残っているが(★ひとつ追加)、テレビで見ちゃうとその良さも薄いし、そもそも内容が軽いノリでふざけているので、終始”微妙だな”という感じは変わらないです。あと、最後の味方のウエスタンの裏切りもいらないですね。この内容なら90分〜100分位で良いでしょう。)

 

 

 

 

マナーが作るんだ

 

人間を

 

-?

 

 

 

マナーが人間を作るんだ

 

-?

 

 

 

大事なものがあるから

 

生きる価値が生まれる

 

-?

 

 

 

>>キングスマン: ゴールデン・サークル 【BLU-RAY DISC】

 

 

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ

 

 

JUGEMテーマ:アクション映画全般

スポンサーサイト

2019.03.19 Tuesday -

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • -
  • -
  • 0
    • -
    • -

    コメント

    コメントする








    この記事のトラックバックURL

    WOWOWのおすすめ番組!    

    Search

    管理人の記憶に残るおすすめ作品

    Links