映画「トレイン・ミッション」の感想(ネタバレ)

2019.03.25 Monday 洋画 サスペンス/ミステリー

■映画「トレイン・ミッション」の感想(ネタバレ)


■監督:ジャウマ・コレット=セラ
■出演者:リーアム・ニーソン ヴェラ・ファーミガ パトリック・ウィルソン ジョナサン・バンクス サム・ニール


【映画「トレイン・ミッション」のあらすじ】

ニューヨーク。元警官である保険のセールスマン、マイケルは60歳で会社からリストラを言い渡される。マンハッタンから自宅がある郊外に戻る通勤電車に乗り込んだマイケルだが、突然現われた女性ジョアンナから、ある重要な荷物を持った人物が電車のどこかに乗っているので見つけてほしいと依頼される。半ば強制的な申し出のため、従うしかないマイケルだが、ジョアンナからのヒントはわずかでなかなか対象を突き止められず……。

WOWOWから引用

【映画「トレイン・ミッション」の感想(ネタバレ)】 

 

「96時間」シリーズのリーアム・ニーソン主演のアクションサスペンス。

 

困ったときのリーアムニーソン頼りということで、リーアム・ニーソン出演作を見つけたので見てみた。

 

タイトルからもわかる通り、電車が舞台のサスペンス。何気ないミッションを提案され、そこに深入りしたことから、命がけの大きな事件に巻き込まれるという王道の巻き込まれ型サスペンス。

 

そこに主演は、リーアムニーソンとなれば、大きな外れは無いと個人的に予想するが、その期待通り、一応だれることなく一気に最後まで見れた。

 

最近は、最初から最後まで一気に見れる緊張感が続く映画がなかなかないと思ってるが(※自分が選んでる映画が悪いのかもしれないが)、これは、十分合格点。

 

ただ細かく突っ込むと、サスペンスとなる重要な個々の乗客の説明が不十分でイマイチ謎解き部分での楽しみを共有できないが、でも、105分という時間では、それなりにまとまっていて満足感はある。

 

 

評価 ★★★☆☆ (星3.5)

 

(まとめ:特に考えることなく映画に身を任せられるリーアムニーソンサスペンスのひとつ。何か見るの無いかな〜(時間つぶしたいな〜)という感じであれば、とりあえず抑えとけば、その時間をつぶせます。飛行機移動中の時間などにはちょうど良い映画じゃないだろうか。電車モノだけど。)

 

 

 

僕はプリンじゃない

 

-?

 

 

 

男の価値は

 

嵐の時に分かる

 

アレクサンドルデュマ

 

-?

 

 

>>トレイン・ミッション [Blu-ray]

 

 

 

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ

 

 

JUGEMテーマ:洋画

スポンサーサイト

2019.08.16 Friday -

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • -
  • -
  • 0
    • -
    • -

    コメント

    コメントする








    この記事のトラックバックURL

    WOWOWのおすすめ番組!    

    Search

    管理人の記憶に残るおすすめ作品

    Links