映画「タイムトラベラー」の感想(ネタバレ)

2019.04.22 Monday 洋画 サスペンス/ミステリー

■映画「タイムトラベラー」の感想(ネタバレ)


■監督:ディエゴ・ハリヴィス
■出演者:リンジー・フォンセカ リンダ・ハミルトン グレン・モーシャワー ノア・ビーン ザック・エイヴァリー アレックス・ラニペクン


【映画「タイムトラベラー」のあらすじ】

科学者の夫を亡くして悲しみに暮れるヘレン。ある時、彼女はふと意識を失い、気が付くと1週間が過ぎているという不思議な現象に遭遇する。そこへ1本の電話がかかり、「逃げて!」と彼女に警告する。その直後、家に謎の男が現われ、彼女は電話の主の助言を頼りに辛うじて逃げ延びる。謎を探る彼女は、やがてこの事件に夫が研究していたタイムマシンが関わっていること、そして電話の主が自分自身であったことを知る……。

WOWOWから引用

【映画「タイムトラベラー」の感想(ネタバレ)】 

 

 

TVドラマ「NIKITA/ニキータ」のリンジーフォンセカが主演したサスペンス。

 

タイムトラベラーというその物ズバリのタイトルに惹かれて選んでみた。

 

序盤は、夫を亡くして悲しみに暮れるヒロインの描写にしばしダラダラしてるが、謎の電話で急に指示されてからなかなか面白くなる。特にこの映画の世界観を決定付けるような音楽がかなり効果的に効いていて、いい具合に緊張感が保たれている。一応、別日に分けることなく、その日のうちに最後まで見れたのでその部分では優秀。

 

ただ、タイムトラベルというテーマ(面白さ)で語ると、未来からやってきたもう一人の自分がいるという設定があまり、上手く効いているとは思えず、そこの面白さはあまりない。

 

ネタバレになるが、夫を殺され、その復讐のために未来の自分が現在にやってきて、夫が殺される原因となったタイムトラベル装置を破壊してまた未来に帰っていくという話である。

 

未来のヒロインは、活動的である一方、現在のヒロインは、ほぼ受身状態。またタイムトラベルと言いつつも、誰かが何かをすると、それによって歴史が変わるというような変化は一切無い。

 

ただ、現在において、未来から来た自分がいろいろやりたいようにやって帰っていくというだけの話だ。

 

そこの過程で、亡くなった夫との愛を再確認するみたいなところに落ち着く。

 

 

 

評価 ★★★☆☆ (星3.2)

 

(まとめ:エンタメ(映画)としてはそれなりに楽しめるが、ズバリのタイトルほどの中身は感じないタイムトラベルサスペンス。ストーリーとしての中身は無いけど、登場人物のセリフ(考え)は意外と生きていて結構好きです。個人的にも肉体の死というものは、無になったのではなく、ただ人の目に見えなくなった状態だと思っています。それを単純にあるものと前提にした、わかりやすい例えが、”天国に行った”等の表現になるのかなと思います。地球とは別に天国という場所があるかはわかりませんが、個人的には、むしろこの地上になんらかのエネルギーとして、存在してるような気はします。例えば、死んだ人の事を思い出すなどは、違った意味での死んだ人のエネルギーの受け取り方になります。それによって自分が影響され、何か行動するのであれば、そこにエネルギーはあると見れます。話は変わって、ターミネーターのヒロインだったリンダハミルトンが出演してるのですが、年を取りすぎていて全然わからないですね。見た後に番組情報を見て知った。一応ヒロインの元の仕事場の同僚:研究者役ですが、もうあの頃の面影が無い。)

 

 

 

 

イカれたヤツは説得力がある

 

信じ切ってるからな

 

-?

 

 

後悔やノスタルジアは

 

死と同類だ

 

-?

 

 

神は数学で

 

宇宙を書いた

 

-?

 

 

 

死後の世界を物理や化学で捉えた

 

エネルギーは保存される

 

-?

 

 

 

魂とか呼ばれるものは

 

どこかにある

 

消えたわけじゃない

 

-?

 

 

>>タイムトラベラー 【DVD】

 

 

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ

 

 

JUGEMテーマ:サスペンス映画全般

スポンサーサイト

2019.09.19 Thursday -

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • -
  • -
  • 0
    • -
    • -

    コメント

    コメントする








    この記事のトラックバックURL

    WOWOWのおすすめ番組!    

    Search

    管理人の記憶に残るおすすめ作品

    Links