映画「鋼の錬金術師」の感想(ネタバレ)

2019.04.30 Tuesday 邦画 アクション/スペクタクル/SF

■映画「鋼の錬金術師」の感想(ネタバレ)


■監督:曽利文彦
■出演者:山田涼介 本田翼 ディーン・フジオカ 蓮佛美沙子 大泉洋 佐藤隆太 小日向文世 松雪泰子


【映画「鋼の錬金術師」のあらすじ】

亡くなった母親をよみがえらせるため、錬金術の禁断の技である人体錬成に挑んだ兄エドと弟アルのエルリック兄弟。だが術は失敗、代償としてエドは右腕と左脚を失い、アルは全身の肉体を失って魂だけがよろいに定着する存在となった。エドは自らの才能を過信して弟を巻き込んでしまったことに責任を感じ、国家錬金術師として各地を旅しながら、アルの肉体を取り戻すために必要な伝説の魔法石“賢者の石”を探していたのだが……。

WOWOWから引用

【映画「鋼の錬金術師」の感想(ネタバレ)】 

 

 

荒川弘の人気コミックを「ピンポン」の曽利文彦監督が山田涼介×本田翼らで実写映画化したアクション。

 

本田翼が出ていたので見てみた。

 

原作コミックは読んだことが無いので、そちらのとの比較はできないが、マンガの世界観がどうも中世ヨーロッパの雰囲気で描かれているようで、一応ヨーロッパロケなどもしているのだが、そもそも前提として金髪系のキャラを日本人キャストが演じていることにかなりの違和感を感じてしまう。

 

コスプレの域を出ないというか、ほとんどマンガのキャラクターに演者が成りきれていない人が大半で、ただ有名俳優が顔を揃えてドラマのような感じで演じていますというところから出ない。学芸会と言ってしまえば、それまでだが。

 

ただ、ディーン・フジオカ、蓮佛美沙子、夏菜あたりは、軍人的な世界観に多少入り込めてる感じはある。※存在が締まる。

 

佐藤隆太は、もういつも他のドラマで見てる優しい佐藤隆太だし、大泉洋も多少最後に変化はあるけどやっぱ大泉洋だし。

 

目当ての本田翼に関しては、「今夜、ロマンス劇場」よりはかなり出番が多く、可愛さ目当てで見れば、そっちの方の魅力は十分出ていて、満足度は高いが、演技に関しては、やはり下手なのか、存在が役名には見えず、ずっと本田翼です。

 

「鋼の錬金術師」の世界観に本田翼が入ってしまっている感じ。おてんば的なキャピキャピ感の演技は上手いけど、シリアスなシーンになると何か足りない。あとこの役の可愛さを求めるなら、やや背がでか過ぎの印象がある。個人的には160cm位のイメージだろうか。

 

本田翼は、166cmのモデル体型ながら、意外と骨が細すぎず、骨格ががっしりしていて、顔や雰囲気の印象に引っ張られてるけど、体格だけ見ると、か弱さや体型の可愛さは、そんなに無い。これはたぶんみんな騙されている。山田涼介が164cmで、細身で背が小さめだからか、本田翼でかいなって思う(笑)

 

163cmの蓮佛美沙子と比べても、蓮佛美沙子は細身だから小さく見える。

 

話が飛んでしまったけど、とにかくこういった現実離れした世界観のマンガ、進撃の巨人の時もそうですが、実写映画にすると、かなり無理がありますね。やっぱりCGアニメが作品を壊さない限界じゃないだろうか。

 

どうしても実写は、コスプレ感というところから出ませんね。

 

 

 

評価 ★★★☆☆ (星3.4)

 

(まとめ:本田翼目当てで見るならおすすめのマンガ実写映画。「鋼の錬金術師」の作品について言えば、兄が失われた弟の体を探すという、兄弟の絆設定の動機は、素晴らしく、ほぼそれだけで見れる。この根幹がしっかりしてるので、多少世界観がよくわからなくてもキャラクターに共感はしやすい。音楽の使い方が上手く、演技が下手でも、一応音楽に乗せて泣ける感じには仕上がっている。でも、やはりツッコミどころも多く、シリアスなシーンでも見てて笑っちゃうところが結構ある。特に”マスタング大佐”って名前もどうなんだとか、原作のイメージがないので、その辺を考え始めるとかキリがない。あと、ヒューズが撃たれた時に、名前を何度も叫ぶシーンとかもね。今、セリフを置きに言ってるなって、思っちゃうと笑っちゃうね。普段、そんな状態になっても絶対そんな言い方しないのに、ドラマや映画だとなぜかセリフを置きにいってしまう。)

 

 

 

ヒューズ……、ヒューズ!

 

-?

 

 

>>鋼の錬金術師 [Blu-ray]

 

 

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ

 

 

JUGEMテーマ:邦画

スポンサーサイト

2019.06.15 Saturday -

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • -
  • -
  • 0
    • -
    • -

    コメント

    コメントする








    この記事のトラックバックURL

    WOWOWのおすすめ番組!    

    Search

    管理人の記憶に残るおすすめ作品

    Links