連続ドラマW「イアリー 見えない顔」全6話の感想(ネタバレ)

2019.05.19 Sunday WOWOW ドラマ

■連続ドラマW「イアリー 見えない顔」全6話の感想(ネタバレ)



■監督:森淳一
■出演者:オダギリジョー 仲里依紗 黒島結菜 / イッセー尾形 / 中村育二 山中聡 内田春菊 佐々木一平 月船さらら 生津徹 相築あきこ 岡本智礼 横田栄司 佐戸井けん太 / 佐藤流司 泉はる 森七菜 柿本朱里 真琴つばさ 田中要次 山田杏奈 猫背椿


【連続ドラマW「イアリー 見えない顔」全6話のあらすじ】

妻を亡くしたころから私立旺星学院大学文学部教授・広川(オダギリジョー)の周囲では奇妙な出来事が起こるようになっていた。不審な夜の訪問者、大学総長の急死。新たな総長の選挙に向けて同僚の石田(筧利夫)が暗躍、妻の妹で広川と以前から深い関係に落ちていた講師・麗(仲里依紗)も巻き込まれていく。同じころ、夜の街では仕事に悩む看護師・菜々美(黒島結菜)が、ホストの星夜(佐藤流司)に心の救いを求めていた。

WOWOWから引用

【連続ドラマW「イアリー 見えない顔」全6話の感想(ネタバレ)】 

 

前川裕の同名小説をオダギリジョーを主演に迎えてドラマ化したサスペンス。

 

個人的に結構当たりが多いと勝手に思っているWOWOWドラマからまた選んでみた。

 

放送は、去年(2018年)の11月位に録画したもの。

 

一応原作小説からのドラマ化ということだけど、原作は、読んでないのでそちらとの比較はわからない。

 

ただ、このドラマ単品としての出来は、かなり面白く、なんの情報も持たず、最初のシーンでオダギリジョーと仲里依紗のただの不倫モノかと思って見始めた自分にとっては、もう作者の術中に嵌ってしまったというか、こんな入り口から、そっち方面に行くの?という感じで、いい意味でどんどん裏切られた。

 

1話から謎が各場所に点在していて、謎を持ったまま、どこに向かってるのかよくわからないまま話が進み、5話のラストを頂点として一気に全容があきらかになるが、落ち着いたテンポながら、ほぼ話の良さだけで見せてくれる。

 

演出や音楽でやたらめったら引きつけようとしないところにかなり好感が持てる。というか、地上波ではないWOWOWならではの、作品に集中した作りの良さを感じる。

 

さすがにすべてが明らかになった後の最終回は、もう回収作業なので、若干、吸引力は下がるものの、作品の出来としては、もうこれはこれで十分です。いろいろネタバレで書こうかと思ったけど、なんの期待を持たずにこのドラマを見たときの衝撃を味わって欲しいと思うので、あえて内容については触れません。

 

 

 

評価 ★★★★☆ (星4.5)

 

(まとめ:”監査役 野崎修平”、”石つぶて”に次ぐ、WOWOW良作ドラマのひとつ。世界観や趣向(ジャンル)は上記2作品とは、異なるものの、暗めのサスペンスという謎を追いつつストーリーを楽しめる作品という部分では、ほぼ言うこと無し。キャストもオダギリジョーを始め、地味系の俳優がそろっているが、そこがまたはずれが無いというか、作品に集中できて良い。)

 

 

人生に本質的な価値なんて

 

ないですよ

 

人生はただ欲望と幻想によって

 

動きつづける

 

-?

 

 

>>連続ドラマW イアリー 見えない顔 [ オダギリジョー ]

 

 

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ

 

 

JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

スポンサーサイト

2019.09.19 Thursday -

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • -
  • -
  • 0
    • -
    • -

    コメント

    コメントする








    この記事のトラックバックURL

    WOWOWのおすすめ番組!    

    Search

    管理人の記憶に残るおすすめ作品

    Links