映画「デスノート Light up the NEW world」の感想(ネタバレ)

  • 2019.06.01 Saturday
  • 06:56

■映画「デスノート Light up the NEW world」の感想(ネタバレ)


■監督:佐藤信介
■出演者:東出昌大 池松壮亮 菅田将暉 川栄李奈 藤井美菜 青山草太 戸田恵梨香 以下※声優:中村獅童 松坂桃李


【映画「デスノート Light up the NEW world」のあらすじ】

“キラ”こと夜神月と、天才探偵Lとの死闘から10年。警視庁デスノート対策本部では、キラ事件に精通する刑事・三島らが今なお事件の謎を追い続けていた。そんな中、デスノートを使った無差別大量殺人が発生。Lの後継者・竜崎の助力を得て、三島は警視庁が保管する1冊を含め、人間界に6冊のデスノートが存在することを知る。だが、回収に奔走する三島の前に、キラを神とあがめるサイバーテロリスト紫苑が立ちはだかり……。

WOWOWから引用

【映画「デスノート Light up the NEW world」の感想(ネタバレ)】 

 

 

大場つぐみと小畑健による同名コミックを映画化した「DEATH NOTE」「デスノート the Last name」のその後を東出昌大、池松壮亮、菅田将暉らを新たなキャストを迎えて描いた続編。

 

「デスノート Light up the NEW world」は、2016年制作なので、2006年に公開された二部作の二作目の後編「デスノート the Last name」から10年ぶりになる。もうあのデスノートから10年も経っているかと思うと、年が経つのも意外と早いと感じる。

 

今作では、キャストもかなり一新され、主役級は、菅田将暉を始めとする今の旬な若手に交代している。といっても東出昌大(31) 池松壮亮(28)で菅田将暉(26)も若手といえ、年齢は高めだが。

 

個人的にこの映画は、人間同士の騙しあいの作品なので、意外と演技力が必要と思われる。

 

そこで、今の若手の演技派(クセ物俳優)と言えば、名前がよく挙がる菅田将暉(キラの後継者)、池松壮亮(Lの後継者)が選ばれたのかと思う。たしかに二人ともキャラクターのクセが強い。

 

そこに正統派の東出昌大がメインとしていて、クセの強い両者に囲まれてるというそんな感じだ。

 

東出昌大は、最近は出演作が多く、結構作品を見る機会が増えているが、やはりどんな役をやっても、いつもの東出昌大にしか見えないところは、キムタク的な安定した演技力を持っている俳優のひとりだと思う。この安定感は、映画の軸としてぶれない。

 

ちなみに、その東出昌大を中心に、クセのある池松壮亮と菅田将暉が脇で自由にかき回しているという構図になってるが、この映画をずっと見ていると、ふと俳優の演技力ってなんだろう?という疑問が出てくる。

 

池松壮亮は、たしかに演技が上手いといえばそうで、竜崎という嫌なヤツになり切っていて、見ていてコイツ腹立つなと思わせるところは、さすがの存在感だと思う。菅田将暉もキレ者としての緊張感のある演技は、彼ならではだと思う。

 

ただ、三人が終盤、廃ホテルにそろい謎が明らかになった後、SWAT?が突入してからのドタバタは、今までの作りこんだ演技が合ってない様なもので、結構グズグズだと思う。ここでは、正統派の東出昌大の方がしっかりしているように見える。池松壮亮と菅田将暉のクセのある役柄設定が異常に邪魔になる。

 

池松壮亮の最後に静かに死ぬところは良いとして、菅田将暉の銃で蜂の巣にされて死ぬのは実写で見てしまうと死に方が、かなりダサイ(笑)

 

あのシーンのためにこれまで演技を積み重ねてきたのかと思うと気の毒になる。もっとマシな死に方なかったのか。たしかに、キャラクター的には玉砕で死ぬのはそうかもしれないが、一方で、ああいう危機的な場所から生き残ってこそのインテリファイターではないのかとも思う。

 

結局、何が言いたいかというと、演技の上手さというのは、演技が上手く(よく)見えるシーン(見せ方)というものがあって、シーンが変にドタバタしちゃうとあんまり俳優の細かい演技力は、ほとんど関係なくなっちゃうんだなとそう感じます。

 

 

 

評価 ★★★★☆ (星4つ)

 

(まとめ:内容はどうあれ最後までちゃんと見せてくれる緊張感はさすがのデスノート映画。結局、最後の廃ホテル?にキラがいっぱい集まっちゃうのは、どんでん返しに拘りすぎて、逆に物語の緊張感が散漫になった印象がある。あそこまでビックリに拘らなくてもいいんじゃないかな。もう一人キラ候補が出てきて計4人になってたら、完全に笑っていたと思う。むしろ、ビックリさせたいなら藤原竜也が出てきてくれた方が、ビックリという意味では、一番ビックリしたと思う。)

 

 

一人の死は悲しみだが

 

大勢の死は統計にすぎない

 

-?

 

 

 

お前がキラか

 

-?

 

 

>>デスノート Light up the NEW world Blu-ray 【BLU-RAY DISC】

 

 

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ

 

 

 

JUGEMテーマ:邦画

スポンサーサイト

  • 2020.07.11 Saturday
  • 06:56
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << July 2020 >>

    参加中

    にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
    にほんブログ村
    ブログランキング
    ブログランキング
    • seo
    レイシック病院比較



    管理人の最近のおすすめ作品

    齋藤飛鳥の良さ出てる!
    浜辺美波の良さ出てる!
    織田裕二の良さ出てる!

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 映画「妹の誘惑」の感想(ネタバレ)
      pinewood (11/24)
    • 映画「バイオハザード:ペイシェント・ゼロ」の感想(ネタバレ)
      管理人 (05/01)
    • 映画「バイオハザード:ペイシェント・ゼロ」の感想(ネタバレ)
      まさお (04/30)
    • 映画「超強台風」の感想(ネタバレ)
      管理人 (03/15)
    • 映画「超強台風」の感想(ネタバレ)
      まさお (03/14)
    • 映画「超強台風」の感想(ネタバレ)
      管理人 (03/14)
    • 映画「超強台風」の感想(ネタバレ)
      まさお (03/13)
    • 映画「ナンバー10」の感想(ネタバレ)
      管理人 (01/03)
    • 映画「アイアンクラッド ブラッド・ウォー」の感想(ネタバレ)
      管理人 (01/03)
    • 映画「アイアンクラッド ブラッド・ウォー」の感想(ネタバレ)
      葵 (01/03)

    recent trackback

    recommend

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM