映画「虹色デイズ」の感想(ネタバレ)

2019.05.31 Friday 邦画 ラブストーリー/恋愛モノ/青春

■映画「虹色デイズ」の感想(ネタバレ)


■監督:飯塚健
■出演者:佐野玲於 中川大志 高杉真宙 横浜流星 吉川愛 恒松祐里 堀田真由 山田裕貴 滝藤賢一


【映画「虹色デイズ」のあらすじ】

なっちゃん、まっつん、つよぽん、恵ちゃんは、趣味も性格も違うが、いつも一緒にいる仲の良い高校2年生。ある日、恋に奥手のなっちゃんが同級生の杏奈に片想いをする。まっつんたちはラインも交換できないなっちゃんを冷やかしながらも応援する。まっつんは杏奈の親友で男性嫌いのまりに惹かれ、つよぽんは恋人のゆきりんと離れての進学に悩む。そして、恵ちゃんは仲が進展しないなっちゃんから杏奈を奪うと挑発する。

WOWOWから引用

【映画「虹色デイズ」の感想(ネタバレ)】 

 

 

水野美波の同名コミックを「荒川アンダー ザ ブリッジ THE MOVIE」の飯塚健監督がGENERATIONS from EXILE TRIBEの佐野玲於や「きょうのキラ君」の中川大志らを迎えて映画化した青春映画。

 

邦画の青春映画を見つけたので見てみた。一応原作からの映画化らしいけど、原作は読んでないのでそちらとの比較はわかりません。

 

とりあえず、作品を見た第一印象は、”めっちゃ青春してるね〜”という感じで、性格がひねくれた人間が見てると、このストレートな青春描写は見てて、大分恥ずかしくなってくる。

 

よく青春というと、誰の基準で作られたのかわからないが、ドラマや映画では、こんな雰囲気が青春時代の理想(汗水たらしてがむしゃらにが)のように語られたり、描写されたりするのがある種、定番になっているが、本当に実際も自分たちの青春がこんな風だったのかは、個々それぞれの感覚で、まるでここに該当しない人も実際は多いだろうと思う。

 

そういう意味では、青春とはこういうもので、という誰かが唱えた理想(シーン)を知らず知らずに押し付けられて、それに次第に影響され(洗脳されて)、そういう理想を欲するよう、思い込まされ、追い求めさせられているのかもしれない。

 

そもそも青春の良さというのが、一般的に男女の恋愛を中心に回っていくというのも、人間の欲望で考えれば、その通りではある反面、だからと言って、こういう感じが青春の理想(形)?なのかというと、どうも疑問が出てくる。

 

原作は、水野美波という、たぶん女性が書いた男子高校生像なので、女子としては、こういう男子の感じがあるところで理想の関係(状態)なのかと思われる。これをもし男が真面目にこういう青春を理想として書いてたら、さすがにちょっと気持ち悪い。

 

なんていうか、男の感覚って、どこか理想を求めると、少し自分の中の不良っぽさ(尖った部分)を出したい感じがあるんだけど、この作品には、そういった男の不良っぽさがない。

 

それと男目線でこの映画を見て思うのは、まず、この映画の登場人物は、クラス(学校)のイケメンが揃う、イケてるグループのイケてる生徒たちの話であるのだが、見ていてあんまり面白みが無いなということ。

 

みんなイケてるグループになりたいのが理想ではあるのだが、いざ理想のグループの出来事(話)を見たところで、あんまり羨ましさが無い。

 

電話帳が埋まるほどモテてるわけだから、本来なら恋愛部分において、男女のおいしい部分を味わってるはずなのだが、そこの描写がほとんど意図的に隠されて、どこまでも純愛に特化してしまったために、一番のおいしいところがファンタジーな世界観になり果ててしまった。

 

奥手のなっちゃんの恋愛は、あれで良いと思うけど、他の仲間の恋愛はもっと、ずっと先を進んでるはずなのだが、そういう性的描写が一切ないのでは、モテてるのかモテてないのかすらよくわからない。

 

結局、イケてるグループにいるのに、モテないグループと変わらないような恋愛世界しか表に見せていないので、それなら別にモテてなくても変わんなくねという感じすらある(笑)

 

 

 

評価 ★★★☆☆ (星3つ)

 

(まとめ:イケメン俳優キャストを集めてることからもわかるが、男目線っぽい実は女性受け狙いの青春映画。結局、男が見るとなんか違和感があるのは、そういうことなんだと思う。最後のプラネタリウムでの告白シーンも、なぜかセリフ調で、そんなこと普通は言わないだろうの連発だし。シーンを作るための共同作業感を感じてしまう。そして、この映画を見て思うのは、イケてるグループって、恋愛部分は満たされていると思うが(描かれて無いけど)、人間的にあんまり面白くないなと感じてしまう。大抵の男は、女にモテたいために努力というか無駄な作業をしようとするのに、イケメンは、その作業をほとんどしない分、意外と人生においてやることが無いと思う。そんな気がした。)

 

 

 

言ったら俺だって怖いよ

 

基本 負け戦だし

 

けど引き下がるわけいかねえじゃん

 

ほれちゃったんもんは

 

-?

 

 

 

>>虹色デイズ 通常版(Blu−ray Disc)

 

 

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ

 

 

 

JUGEMテーマ:邦画

スポンサーサイト

2019.12.09 Monday -

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • -
  • -
  • 0
    • -
    • -

    コメント

    コメントする








    この記事のトラックバックURL

    WOWOWのおすすめ番組!    

    Search

    管理人の記憶に残るおすすめ作品