映画「人狼ゲーム クレイジーフォックス」の感想(ネタバレ)

2019.07.03 Wednesday 邦画 サスペンス/ミステリー/スリラー

■映画「人狼ゲーム クレイジーフォックス」の感想(ネタバレ)


■監督:綾部真弥
■出演者:高月彩良 冨手麻妙 柾木玲弥 斎藤嘉樹 萩原みのり 冨田佳輔 長村航希


【映画「人狼ゲーム クレイジーフォックス」のあらすじ】

何者かに拉致され、人里離れた施設に集められた高校生たち。遠隔操作で締まる首輪を着けられた彼らは、理由も分からず命懸けの“人狼ゲーム”を強要されることになる。プレーヤー=村人の中に正体を隠した人狼が3人。村人が人狼を全滅させるか、人狼と村人が同数になるまで殺し合いが続く。そんな中、最後まで生き残っていれば自分ひとりが勝利者となれる“狐”の役職カードを引いたあやかは、ひとりの男子に一目惚れして……。

WOWOWから引用

【映画「人狼ゲーム クレイジーフォックス」の感想(ネタバレ)】 

 

 

「黒崎くんの言いなりになんてならない」の高月彩良が主演した心理ゲーム“人狼”をモチーフにした人気スリラーの第3弾。

 

少し前にWOWOWで人狼ゲームの関連映画が一挙放送してたので、そこから選んでみた。

 

桜庭ななみ主演の1作目は少し前に見てオチが面白かったが、土屋太鳳主演の2作目は、大分前にDVDで見てしまい、もう一回改めて見るほどでもないので、今回は飛ばして、3作目の「人狼ゲーム クレイジーフォックス」の感想を。

 

まず1作目との違いは(※二作目は生き残った人間しか覚えてないので比較はできない)、タイトルにあるように、”狐”という新たなカードが追加されていること。

 

それによって、今回は、人狼、村人(預言者、用心棒、霊媒師含む)、狐という3グループの戦いになっている。

 

ただ、狐は一人のみで、預言者に占われてもいけない上に(占われただけで死んでしまう)、最後まで全員を騙し続けなければ、生き残れないという縛りがある。

 

その新しいカード:”狐”に選ばれたのが、この作品のヒロイン。

 

またそれに加え、対戦相手の男子高生に一目ぼれしてしまったことで、自分が生き延びることとともに、好きな人を死なせないようにしようとするのが、本作に新たに加わった部分だろうか。

 

ただ、相変わらず内容は、泥臭い高校生同士の人殺しゲームで、過去作とそれほど代わり映えしない。人狼を仕掛ける主催者の目的や正体等の根本的な謎についても最後まで見ても一向に明らかになっていない。っというかあきらめている。

 

また今回は、ほとんどのメンバーが一回戦の勝ち残りメンバーということがのちのちわかるが、その部分で、ちょっとした一回戦をともに過ごしたメンバー内での駆け引きや友情がある。

 

だからと言ってやってることは同じなんだけど。

 

 

 

評価 ★★☆☆☆ (星2つ)

 

(まとめ:特に代わり映えしない人狼ゲームの第三弾。この第三弾で一番気になったのが、人狼役が夜中に村人を殺す際に、大声で騒ぎ立てているのに、誰も気づかないこと。その時もそうだが、翌朝になってもその事を誰も指摘しない。みんなぐっすり夢の中…。あれだけ大声で騒いでれば、人狼が誰かは、バレバレだと思うが。こういう根本的なシーンの緊張感の管理が出来ていないのもやはり、人狼ゲームがB級作品から出ないところなんだろう。「監督、ここの彼女の演技が激しすぎて、他の参加者に人狼だってことバレないですか?」「…みんな夜はぐっすり寝てるんだよ」「…人狼が夜中に殺しにやってくるの事前に分かってるのにぐっすり寝てられますかね」「お前はどう思う?」「…俺、絶対寝てられないです」「そうだよな、普通はそうだよ、でもな、ここに集まった人間ってのは、どんな時でもみんな夜ぐっすり寝れるタイプの人間なんだよ」「知らなかったです、こんなとこにも深い人物設定の意味があったんですね、監督」「そうだよ、お前、映画ってのはな…」…アホだな(笑))

 

 

>>人狼ゲーム クレイジーフォックス [DVD]

 

 

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ

 

 

JUGEMテーマ:邦画

スポンサーサイト

2019.12.09 Monday -

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • -
  • -
  • 0
    • -
    • -

    コメント

    コメントする








    この記事のトラックバックURL

    WOWOWのおすすめ番組!    

    Search

    管理人の記憶に残るおすすめ作品