映画「マイティ・ソー/ダーク・ワールド」の感想(ネタバレ)

2019.07.11 Thursday 洋画 アクション/SF

■映画「マイティ・ソー/ダーク・ワールド」の感想(ネタバレ)


■監督:アラン・テイラー
■出演者:クリス・ヘムズワース ナタリー・ポートマン トム・ヒドルストン アンソニー・ホプキンス  クリストファー・エクルストン ステラン・スカルスゲールド イドリス・エルバ 浅野忠信


【映画「マイティ・ソー/ダーク・ワールド」のあらすじ】

アスガルドの王オーディンは地球を滅亡させようとした次男ロキを牢獄に幽閉する一方、長男ソーに自分の王位を譲ろうと考えるが、ソーは愛する地球人女性ジェーンが気掛かりだ。そのころ、怪しい重力異常の調査をロンドンでしていたジェーンは異次元空間に飛ばされてしまうが、生還した彼女には恐るべきエネルギー体“エーテル”が宿っていた。太古の昔に“エーテル”を使った闇の王マレキスは覚醒すると、アスガルドに襲いかかる。

WOWOWから引用

【映画「マイティ・ソー/ダーク・ワールド」の感想(ネタバレ)】 

 

アベンジャーズの仲間、ソーを演じるクリス・ヘムズワース主演の「マイティ・ソー」本編シリーズの第2弾。

 

パート3の新作放送に当たり見忘れていた過去作のパート2も一緒に再放送してたので見てみた。

 

各ヒーローが集結して活躍するアベンジャーズだが、この作品自体もシリーズ化し、さらにその仲間が主役として活躍する本編映画も各自続々と続編や新作が作られている。

 

一度どれかを見逃すと、もうどこから手をつけていいかわからなくなってくるほど、関連作品が多くて手に余るマーベル映画だが、もうストーリーの順番とか気にせず(それほど重要じゃないだろうと勝手に思い)、とりあえず見ていない映画をただ見ていくということにした。

 

そんな訳で、ソーの第二弾を見てみたが、ほとんど前作パート1の記憶が無くなっていたのだが、ソーを演じるクリス・ヘムズワースとヒロインのナタリポートマンの長距離恋愛ヒーローアクションというテーマで見れば、ソーが住むアスガルドや地球を滅ぼそうとする勢力との大規模バトルがあるだけで、話が始まれば、案外すんなりストーリーに入っていける。

 

基本、危機を乗り越えるという部分でパート1とやってることは同じだし。

 

 

 

評価 ★★★☆☆ (星3.4)

 

(まとめ:長距離恋愛という部分に共感できれば、それなりに見れてしまうマイティーソー第二弾。ちなみにマイティーソーの世界観は、北欧神話(ゲルマン神話?)をベースにしてるらしいが、日本で言えば、古事記の神話部分(アマテラスとスサノオらへん)をベースにした話みたいなものだと思うが、そのため多少北欧神話について知ってると(最近たまたま読んだ)、このマイティーソー映画を見ると少し発見がある。オーディンしかり、ロキ(キャラクターの名前)、九つの世界など、もろ北欧神話から取ってる部分がもろわかりだからだ。ただ、実際の北欧神話とは内容や設定が違うので、ネタ元はこれかという感じでしかないけど。ベース(歴史)を知らないと勝手に全創作の話だと思ってしまうけど、ベースを知ると、例えば、ドラクエ(ドラクエ3)なんかは当時は全く引っかからなかったけど、古事記や各国の神話や聖書の影響がたくさん入ってることに後になって気づかされる。くさなぎのつるぎ(剣)、ヤマタノオロチ、とか、ラーの鏡(エジプトの太陽神ラ−)、ロト(聖書)など。ちなみにすぎやまこういちの音楽は、ワーグナーを参考にしてるとか。自分がただ知らなかっただけで、一からすべて作ってすげえと勝手に思ってたものが、意外と先人の影響(元ネタ)の方が大きくて、オリジナルと思ってたものが影響されたパロディだったのかと思うと、結構ショックではある。B’Zも洋楽の影響すごいし。)

 

 

 

祝杯は戦いより

 

荷が重い

 

-?

 

 

 

>>マイティ・ソー/ダーク・ワールド MovieNEX(期間限定盤) [Blu-ray]

 

 

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ

 

 

JUGEMテーマ:アクション映画全般

スポンサーサイト

2019.08.16 Friday -

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • -
  • -
  • 0
    • -
    • -

    コメント

    コメントする








    この記事のトラックバックURL

    WOWOWのおすすめ番組!    

    Search

    管理人の記憶に残るおすすめ作品

    Links