映画「キルショット」の感想(ネタバレ)

2010.11.11 Thursday サスペンス映画レビュー

■映画「キルショット」の感想(ネタバレ)



■監督:ジョン・マッデン 
■出演者:ミッキー・ローク ダイアン・レイン トーマス・ジェーン ジョセフ・ゴードン=レヴィット ロザリオ・ドーソン

WOWOWで放送していた映画「キルショット」を鑑賞。

【映画「キルショット」のあらすじ】

殺し屋のアーマンドは、ひょんなことから無軌道な青年リッチーとコンビを組んで、ひと儲けすることに。ところが金を脅し取るつもりで押し入った不動産屋で、2人は、たまたま店内に居合わせた男性ウェインをその経営者と間違えたうえ、ウェインの別居中の妻カーメンにもその恐喝の現場を目撃されてしまう。かくして命をつけ狙われるはめとなったウェイン夫妻は、やむなく新天地に移り、別人になりすまして第2の人生を送るが……!?

※WOWOWからの引用
-----

「どこから入りどこから出るか

弾は何発必要か

周囲に目を光らせ

姿を見られないようにする

綿密に練った計画を

正確に実行する

それが鉄則(ルール)だ

長居はせずに、情は捨てること

でなければ しくじる」

ダイアンレイン、ミッキーローク出演のサスペンス映画ですが、殺し屋を演じるミッキーロークの上記の言葉が印象的であり、この言葉通りの出来事が起きるという映画。

ダイアローグとラストにこの言葉が語られるのだが、はじめは一級のヒットマンに思えたミッキーローク演じるアーマンドだが、感情に左右されやすい無謀な男リッチーと組んだ時点で、ラストはなんとなく予想できてしまう。

”綿密に練った計画を正確に実行する”とあるが、はじめからまるで出来ていない。次から次へとボロが出まくりで(リッチーのせいで)、完璧からは程遠い計画。またウェイン夫妻を襲う動機も”顔を見られた”という理由なのだが、覆面を被らず恐喝を実行に移しており、突発的な行動にも程がある。

始めから歯車が狂っており、直そうともがくのだが、どんどん狂っていくという感じのストーリー。とりあえず言いたいことは上記の言葉意外には見つからない。

それなりに楽しく見れるが、なんとなく中途半端な感じは否めない。

ただ、ラストのダイアンレインの下着姿は、とにかくエロかったのだけは印象に残る。

評価 ★★★☆☆ (星3つ)

(「恋に落ちたシェイクスピア」でアカデミー作品賞を受賞したこともある監督ジョンマッデンの本作だが、過去の彼の作品と並べても異色な内容でなぜこんな映画を撮っているのか疑問に思える作品。狂ったリッチー役のジョセフゴードンの演技はかなり奮闘していて、終始このキャラクタ−にはイライラする。)

キルショット

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ

JUGEMテーマ:サスペンス映画全般
 

スポンサーサイト

2018.10.22 Monday -

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • -
  • -
  • 0
    • -
    • -

    コメント

    コメントする








    この記事のトラックバックURL

    WOWOWのおすすめ番組!    

    Search

    管理人の記憶に残るおすすめ作品

    Links