映画「センセイ君主」の感想(ネタバレ)

2019.07.18 Thursday 邦画 ラブストーリー/恋愛モノ/青春

■映画「センセイ君主」の感想(ネタバレ)


■監督:月川翔
■出演者:竹内涼真 浜辺美波 佐藤大樹 川栄李奈 矢本悠馬 新川優愛


【映画「センセイ君主」のあらすじ】

恋に恋する女子高校生の“さまるん”こと佐丸あゆはは、告白7連敗中。そんなある日、やけ食いした牛丼の代金が払えずに困っていたところをイケメン青年に救われる。その青年・由貴は、あゆはのクラスの新たな担任教師だった。これは運命の出会いだと思ったあゆはは由貴に猛烈なアタックをかけるが、由貴はそんなあゆはを相手にしようとしない。そして由貴はあゆはに、“自分を落とせるものなら落としてみろ”と挑発するが……。

WOWOWから引用

【映画「センセイ君主」の感想(ネタバレ)】 

 

 

幸田もも子の同名コミックを「黒崎くんの言いなりになんてならない」の月川翔監督が竹内涼真×浜辺美波出演で映画化した恋愛映画。

 

邦画の恋愛映画を見つけたので見てみた。

 

この作品も最近よくある少女マンガ原作作品でよく見られる、男を王子的に実体以上に過度に持ち上げようとするキラキラ?演出がされている。

 

いわゆる少女マンガを日々嗜好する女子中高生向け(竹内涼真ファン向けと言った方が良い)の恋愛映画。

 

内容の方だが、ヒロインの性格が、心の声が全開でかなりコメディ寄りの世界観とキャラクターで作られている。

 

元気いっぱい、ハツラツ(天真爛漫とはちょっと違う)と言ってしまえば、聞こえはいいが、人物像が非常にマンガ的で、マンガとしては、そういうキャラクターなのは想像はつくし理解できるとしても、映画として一人の人物として見てしまうと人間味が感じにくい。

 

女子の友達同士の間でこういう性格(ノリ)はあっても良いと思うが、男の前でも、ずっとこんな感じのヤツはいないだろうと思う。

 

言ってしまうと、ヒロインのキャラクター(演出)が終始ふざけすぎのため、現実で生きているような実在感を感じにくく、彼女の恋愛(悩み)に対して、感情移入が出来ない。

 

自然とやりとりを見ていて、しんみりと気持が共感していくという落ち着いた感じで映画が作られていない。

 

映画全体として採用したコメディ寄りのコントチックな演出が、過度でシリアスな恋愛ドラマを邪魔している。

 

こういう演出は、浜辺美波の魅力を出す恋愛コントとして10分位見るならそれはそれでいいが、これで一時間半はさすがに辛い。そもそもこのコメディ演出で、映画(作品)として何を見せたいかも全体として俯瞰するとよくわからない。あきらかに必要過多で邪魔だ。

 

結局、早々に映画としての吸引力が無くなったので、途中から早送りで視聴した。

 

中盤以降にセンセイの幼馴染の女子ピアニストが出てきてからの、お決まりの三角関係になって多少傷つくという展開は、共感はしやすくなるが、だからといって、そこの展開(感情)だけを持って作品全体を評価するのはどうかと思う。

 

 

 

評価 ★☆☆☆☆ (星1つ)

 

(まとめ:ヒロインのキャラクター演出がシリアスさを邪魔する騒がしいラブコメディ。北川景子がカメオ出演してたり、川栄がまたヒロインの友達役で出てたり、個人的な見どころはあるが、終始一貫して思うのは、全体的に登場人物の役柄(キャラクター)に魅力が無いこと。この作品を見終わっても満足感が何一つ得られない。エンディングが来て、やっと終わってくれたという位で。結局、途中から早送りで見たというのが、この作品の質を表してると思う。特に竹内涼真や浜辺美波のファンでもなければ、スルーで良いでしょう。)

 

 

>>センセイ君主 豪華版 【Blu-ray】

 

 

 

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ

 

 

JUGEMテーマ:恋愛映画 一般

スポンサーサイト

2019.09.19 Thursday -

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • -
  • -
  • 0
    • -
    • -

    コメント

    コメントする








    この記事のトラックバックURL

    WOWOWのおすすめ番組!    

    Search

    管理人の記憶に残るおすすめ作品

    Links