映画「土竜の唄 香港狂騒曲」の感想(ネタバレ)

2019.08.20 Tuesday 邦画 コメディ/お笑い

■映画「土竜の唄 香港狂騒曲」の感想(ネタバレ)


■監督:三池崇史
■出演:生田斗真 瑛太 本田翼 古田新太 菜々緒 堤真一 岩城滉一


【映画「土竜の唄 香港狂騒曲」のあらすじ】

潜入捜査官“モグラ”として広域指定暴力団・数寄屋会に潜り込み、極道の世界にさらに潜っていく玲二。ある日、警視庁組織犯罪対策部のエースとして、正義感あふれるエリート警官・兜が就任し、数寄屋会とつながる玲二を目の敵にする。そして玲二に会長の轟から、極悪非道のチャイニーズマフィア、仙骨竜をたたきのめすという大きなミッションが与えられ、玲二は轟の娘・迦蓮のボディーガードとして会長の家に住むことになるが…。

WOWOWから引用

【映画「土竜の唄 香港狂騒曲」の感想(ネタバレ)】 

 

 

高橋のぼる原作マンガを宮藤官九郎脚本、三池崇史監督、主演生田斗真で映画化した「土竜の唄」の続編。

 

本田翼が出演してたので見てみた。

 

この第一作を見た際に、コメディが面白くない映画と評価したのもあり、続編が作られても特に見る予定はなかったのだが、キャストに本田翼の名前があったので、とりあえず見てみた。

 

結果、129分という二時間後越えの作品で、映画も大して面白くもなければ(ほぼバカ騒ぎで)、本田翼の良さも特に出てなく、ただ時間を無駄に浪費しただけだった(笑)

 

とりあえず、開始早々、1作目と同じ世界観だったので早送り(セリフ1.5倍速)で見たので、多少は時間短縮できたが、それにしてもこの映画で二時間越えは長い。この内容なら90分いや、60分で良い。

 

なんでこの作品が個人的に面白くないと感じるのかという部分は、基本的に出演者がコメディをしてるというよりかは、ただふざけているようにしか見えない演出にある。監督の笑いを見せる技量が無い。

 

俳優が何かの役を演じているというよりかは、俳優そのものが、奇をてらった役をやってるというだけで、どう見ても、俳優個人のキャラクターから出ない。古田新太なんかは、ずっと古田新太で、いつもの古田新太だしね。

 

全体的に出演者の演技というか役が終始、どこかで見たような役。大根役者になってる。

 

また、狙ってるコメディがセンスがあるようには到底思えない。しつこいし。最後のトラに頭を噛まれながら落下するシーンは、シュールで見た目の面白さはあるが、結局、二時間やって、これ位しか印象に無かったのは、どうなんだろうか。

 

そもそもストーリーがあってないようなもので、菜々緒のパンツが見えたり、本田翼がエロい汚れ役をやってたりという話題性以外で他に作品として見るべきところはあるのだろうか。

 

 

 

評価 ★☆☆☆☆ (星1つ)

 

(まとめ:2017年上半期邦画興行収入第7位のヒット作だが、作品としては悪ふざけた駄作の要注意映画。こんな映画を誰が好き好んで劇場まで見にいってるか非常に謎です(笑)。ウィキペディアによると、初日満足度ランキングが4位で、累計動員が150万人以上という、もっと他にすることあるだろう(笑)。結局、下ネタでバカ騒ぎしてるだけの映画です。個人的に宮藤官九郎脚本のコメディは、ほとんど嵌ったことが無く、笑いにセンスねえな(笑)と思ってしまいます。支持者は結構いるみたいで仕事は一向に尽きないみたいですが。それと、三池崇史監督は、前回のテラフォーマーズに続いて二作連続、駄作を作っていますね。三池崇史監督は、基本、リアルから離れ、宙に浮いたような作品を作ると、途端に駄作を作ってる気がします。興行収入的には、これは成功なのかもしれませんが。)

 

 

 

 

>>土竜の唄 香港狂騒曲 Blu-ray スタンダード・エディション [Blu-ray]

 

 

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ

 

 

JUGEMテーマ:邦画

スポンサーサイト

2019.11.20 Wednesday -

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • -
  • -
  • 0
    • -
    • -

    コメント

    コメントする








    この記事のトラックバックURL

    WOWOWのおすすめ番組!    

    Search

    管理人の記憶に残るおすすめ作品