連続ドラマW「ダイイング・アイ」全6話の感想(ネタバレ)

  • 2019.08.24 Saturday
  • 07:47

■連続ドラマW「ダイイング・アイ」全6話の感想(ネタバレ)



■監督:熊切和嘉
■出演者:三浦春馬 高橋メアリージュン 松本まりか 柿澤勇人 小野塚勇人 淵上泰史 木村祐一 堀内敬子 生瀬勝久


【連続ドラマW「ダイイング・アイ」全6話のあらすじ】

西麻布のバー・茗荷のバーテンダー、雨村慎介(三浦春馬)は、ある夜、男に襲われ一部の記憶を失ったが、やがて、自分が1年半前に交通事故を起こし、岸中美菜絵という女性を死なせてしまっていたこと、自分を襲った後、自殺した男は、美菜絵の夫・玲二だったことを知る。そして、店に復帰した雨の夜。どこか人間離れした美しさと強い視線を持つ喪服の女性・瑠璃子(高橋メアリージュン)が店に現われた。

WOWOWから引用

【連続ドラマW「ダイイング・アイ」全6話の感想(ネタバレ)】 


東野圭吾原作の同名小説を三浦春馬主演でWOWOWドラマ化したサスペンス。

 

舘ひろしの「60 誤判対策室」に続けて、WOWOWドラマ作品を選んでみた。

 

「ダイイング・アイ」は、東野圭吾原作からのドラマ化だが、小説は読んでいないので、そっちとの比較はわかりません。

 

ただ、このドラマの内容だけで言うと、かなり微妙な作品。

 

同じWOWOWドラマでも前回の「60 誤判対策室」や「空飛ぶタイヤ」、「石つぶて」「監査役 野崎修平」などから比べると、あきらかに一段下の作品で、かなり内容の薄さが目立ちます。ジャンルが違うというのもあるが、ストーリー自体がオチ含めて、基本ただもったいつけてるだけで、それほど深い内容があるものではありません。

 

大雑把に概要を説明すると、ダイイング・アイというタイトルからもわかるが、人の死に間際の最後の目力とでも言いますが、その瞳を見てしまったことで、精神を侵食、乗っ取られてしまった?女性がテーマになってる話です。

 

そこに三浦春馬演じる主人公が、頭を殴られたことによる記憶喪失と、過去の自動車死亡事故が絡んで、強引に話が複雑になってるだけで、紐解いてしまうと、特になんてことない話です。※多少話にホラーがある位で。

 

このドラマが評価としてなぜ面白くないか?という感想になったかと言うと、主人公が一時的に記憶喪失で過去の事故を知らないだけで、周囲の人間は、その真相をほぼすべて知ってるからです。

 

単純に言うと、忘れた話を教えてくれない、ただ意図的に隠されてるストレスがあるだけのドラマ。全部とは言わないが。

 

ちなみに頭を殴られる前までは、本人(主人公)も過去のそのことを普通に知っていた訳で、その部分を最初にあえて描いてないために、こちら側も知りえなかったというだけです。主人公目線で合わせて描いてると言えばそうですが。

 

結局、この話ってのは、話の構成(時間軸)をいじることで、視聴者(読み手)を適当に騙してるだけのテクニカルなサスペンスです。登場人物の全員が、何かを真剣に追うことで新しい異なる真実(ストーリー)に進んでいくというものではありません。

 

例えると、タイムカプセルを埋めて、しばらくしてそのこと忘れてしまって、あれ?何入れたっけ?、それで一緒に埋めた人に聞いても、誰も教えてくれない〜「なんでだよ!」って大騒ぎしてる話です。

 

当時、自分でしっかり一緒に埋めてたのに(笑)

 

結局のところ、俯瞰でこの話を見てしまうと、記憶喪失とは言え、お前(三浦春馬:雨村)忘れんなよ。って話です。

 

この忘れんなよっていう部分を、ドラマを見終わった後に、その感想を塗り替えるだけの話ではなかった。

 

なぜかと言うと、この記憶喪失部分が、結局、ただ過去のある記憶を忘れただけでしかなく、それ以上の効果が無い。結局、軸は忘れんなよを思い出しただけだし。女の設定は、そこに追加されたおまけだし。

 

個人的には、最初に過去の交通事故の取引を普通に描いておいて、記憶喪失になった後から、周囲の行動がおかしくなっていく、記憶喪失前とその後の両方の変化がわかるように描いてくれた方が状況が理解しやすいし、気持ちが乗りやすい。

 

このドラマの話は、事情はどうであれ、ただ、意図的に記憶喪失前を教えてくれないだけですから。

 

 

評価 ★★☆☆☆ (星2つ)

 

(まとめ:東野圭吾原作作品、ドラマ化の駄作サスペンス。結局ドラマとしては、早送りで見たということで星2つです。三浦春馬ファンや東野圭吾ファンでもない限り、この作品は、スルーで良いんじゃないでしょうか。WOWOWドラマならもっと良い作品があります。全2話なら良いですが、この内容で、全6話はさすがに引っ張りすぎで、しんどいですね。)

 

 

 

>>連続ドラマW 東野圭吾「ダイイング・アイ」 [Blu-ray]

 

 

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ

 

JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

スポンサーサイト

  • 2020.08.14 Friday
  • 07:47
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>

    参加中

    にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
    にほんブログ村
    ブログランキング

    • seo
    レイシック病院比較



    管理人の最近のおすすめ作品

    齋藤飛鳥の良さ出てる!
    浜辺美波の良さ出てる!
    織田裕二の良さ出てる!

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 映画「妹の誘惑」の感想(ネタバレ)
      pinewood (11/24)
    • 映画「バイオハザード:ペイシェント・ゼロ」の感想(ネタバレ)
      管理人 (05/01)
    • 映画「バイオハザード:ペイシェント・ゼロ」の感想(ネタバレ)
      まさお (04/30)
    • 映画「超強台風」の感想(ネタバレ)
      管理人 (03/15)
    • 映画「超強台風」の感想(ネタバレ)
      まさお (03/14)
    • 映画「超強台風」の感想(ネタバレ)
      管理人 (03/14)
    • 映画「超強台風」の感想(ネタバレ)
      まさお (03/13)
    • 映画「ナンバー10」の感想(ネタバレ)
      管理人 (01/03)
    • 映画「アイアンクラッド ブラッド・ウォー」の感想(ネタバレ)
      管理人 (01/03)
    • 映画「アイアンクラッド ブラッド・ウォー」の感想(ネタバレ)
      葵 (01/03)

    recent trackback

    recommend

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM