映画「キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー」の感想(ネタバレ)

  • 2019.10.19 Saturday
  • 06:20

■映画「キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー」の感想(ネタバレ)


■監督:アンソニー・ルッソ ジョー・ルッソ
■出演:クリス・エヴァンス スカーレット・ヨハンソン ロバート・レッドフォード サミュエル・L・ジャクソン ヘイリー・アトウェル セバスチャン・スタン コビー・スマルダーズ


【映画「キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー」のあらすじ】

1941年に米軍の“スーパーソルジャー計画”によって超人的な肉体や運動能力を得た“キャプテン・アメリカ”ことスティーブ。北極で冬眠状態になり、約70年後によみがえったが、現在は“シールド”で女性の“ブラック・ウィドウ”らと働いていた。彼らを指揮するフューリーは、“シールド”に危機が迫っていることを知り、スティーブにも警告。そのころ、スティーブは謎の暗殺者“ウィンター・ソルジャー”に命を狙われ……。

WOWOWから引用

【映画「キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー」の感想(ネタバレ)】 

 

 

アメリカン・コミックヒーロー『キャプテン・アメリカ』を主演にした実写映画のシリーズ第二弾。

 

録り貯めしてたアベンジャーズ出演メンバーの映画を久々に消化してみた。

 

キャプテンアメリカの映画は、前作パート1が結構良かったと記憶してるが、この第二弾も普通に面白い。

 

個人的にやはりアベンジャーズメンバーの中では、キャプテンアメリカが一番好きだなと思う。

 

理由は、ヒーローとなるまでの背景が昔はひ弱だった(以前は体が小さかった)ところからスタートしていて、一番自分の弱さを知っていて、人として身近感があるところ。

 

また、肉体的にも他のメンバーに比べて(アイアンマンは、ほぼロボットだし、ハルクは、超人で、ソーは、宇宙人(ほぼ神))、一番人間(生身)に近く、銃で撃たれるだけで普通に死にそうになるほど弱い(死ぬ緊張感がある)し、武器(防具?)も盾という、そこをカバーしてるのかどうかも微妙なところも個性的で良い。

 

そして、何よりヒーロー作品で主役映画にも関わらず、ヒーローキャラとしての押し付けがましさがほとんどないところだろう。

 

アイアンマンやソーなどは、どちらかというと、主役がリーダー的ポジション(軍事会社の社長であり、星の王でもあるので)なのでワンマン的傾向(自信家)が強い作風だが、このキャプテンアメリカは、一兵卒上がりで性格も控えめなところもあるからか、ブラックウィドウのスカーレット・ヨハンソンはじめ、フューリー役のサミュエル・L・ジャクソン、アイアンマン的なテクノロジーで空も飛べるニューキャラ:ファルコン(アンソニー・マッキー)を始め敵役のウィンターソルジャー(セバスチャン・スタン)、ロバート・レッドフォードなどの脇役たちがかなり存在感を持って活き活きしていて、時々、誰の映画なのかわからなくなるほど、存在感が希薄になっているときがあるほど。※男でも女でもリーダーシップがあるキャラクターに主導権を握られやすいし、押されやすい。

 

よく言えば、仲間に助けられている。チーム感が非常に良く出ている。

 

しかし、それにも関わらず、キャプテンアメリカという映画であるということは、しっかりと印象として残っている。

 

戦友の話や一途な妻との恋愛などの過去の話には、やはり人間性が溢れているからだろう。

 

キャラをごり押ししてないのに、キャラの良さが自然と出ている。

 

ヒーローとしては、非常に控えめな日本人的なキャラ。

 

監督や脚本家の力と言っても良いけど、アクションしかりストーリーしかり娯楽作品として、よく出来ている。

 

 

 

評価 ★★★★☆ (星4つ)

 

(まとめ:続編になっても外さないキャプテンアメリカシリーズ第二弾。娯楽作なので細かいことを気にせず娯楽作として楽しみましょう。一応、スペクタクル系映画なので、大画面や大音量で見ることをおすすめします。大画面が無理でも大音量にするだけでもアクションシーンの迫力が違います。こういうの見ると、プロジェクターが欲しくなる。)

 

 

 

誰も信用するな

 

-?

 

 

真実なんて状況で変わる

 

相手次第でもね

 

-?

 

平和は功績ではない

 

それは責任である

 

-?

 

秩序は痛みに勝る

 

-?

 

 

 

>><BLU-R> キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー MovieNEX ブルーレイ+DVDセット

 

 

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ

 

 

JUGEMテーマ:アクション映画全般

スポンサーサイト

  • 2020.08.07 Friday
  • 06:20
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>

    参加中

    にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
    にほんブログ村
    ブログランキング

    • seo
    レイシック病院比較



    管理人の最近のおすすめ作品

    齋藤飛鳥の良さ出てる!
    浜辺美波の良さ出てる!
    織田裕二の良さ出てる!

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 映画「妹の誘惑」の感想(ネタバレ)
      pinewood (11/24)
    • 映画「バイオハザード:ペイシェント・ゼロ」の感想(ネタバレ)
      管理人 (05/01)
    • 映画「バイオハザード:ペイシェント・ゼロ」の感想(ネタバレ)
      まさお (04/30)
    • 映画「超強台風」の感想(ネタバレ)
      管理人 (03/15)
    • 映画「超強台風」の感想(ネタバレ)
      まさお (03/14)
    • 映画「超強台風」の感想(ネタバレ)
      管理人 (03/14)
    • 映画「超強台風」の感想(ネタバレ)
      まさお (03/13)
    • 映画「ナンバー10」の感想(ネタバレ)
      管理人 (01/03)
    • 映画「アイアンクラッド ブラッド・ウォー」の感想(ネタバレ)
      管理人 (01/03)
    • 映画「アイアンクラッド ブラッド・ウォー」の感想(ネタバレ)
      葵 (01/03)

    recent trackback

    recommend

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM