海外ドラマ「The Sinner−記憶を埋める女−」(全8話)の感想(ネタバレ)

  • 2019.12.19 Thursday
  • 18:28

■海外ドラマ「The Sinner−記憶を埋める女−」(全8話)の感想(ネタバレ)

 


■監督:-
■出演者:ジェシカ・ビール ビル・プルマン クリストファー・アボット


【海外ドラマ「The Sinner−記憶を埋める女−」のあらすじ】

夫と幼い息子と一緒に湖畔を訪れていたコーラは、突然何かに取りつかれたかのように、浜辺に居たある男性をめった刺しにして殺害する。地元警察が捜査に乗り出し、小さな町は突然の混乱に襲われる。警部補のハリー・アンブローズが捜査を進めるが、コーラは人を殺すようなタイプではなく、薬物検査でも異常がないと分かる。さらに、コーラ自身もなぜ男性を殺したのか分からないと言い……。

WOWOWから引用

【海外ドラマ「The Sinner−記憶を埋める女−」(全8話)の感想(ネタバレ)】 

 

「テキサス・チェーンソー」のジェシカ・ビールが主演・製作総指揮を務めたサスペンス。

 

海外ドラマのドラマ作品が一挙放送してたので録画して見てみた。

 

内容は、子持ちの主婦がある日突然、浜辺である男性をめった刺しにしてしまうという話。

 

導入からかなり衝撃的展開で始まるこの作品、主婦が急に狂ったように暴力行為に至る事から、霊や悪魔が出てくるようなフィクション丸出しのホラー作品かと思いきや、意外と真面目な犯罪ドラマで、副題にあるように過去のトラウマから生じたという彼女の記憶(心理)をたどるサスペンスになっている。

 

このドラマの肝は、彼女が善人かどうかで大きく評価が変わってくると思うが、っというのも、最初の事件に対する定義が、犯罪歴の無い平凡な主婦が突如、衝動的に殺人行為に至ったという謎(こんな人がいきなりそんなことする訳ない)というところからスタートしているのだが、この前提が、話が明らかになるにつれて、結構、ぐらぐらと揺らいでしまっている。

 

個人的に気になるのが、事件に対して、正直に向かい合っているがやはり記憶が無いというスタンスは良いのだが、調べてみるとあきらかに意図的に嘘をついていたりして、善人という要素が大きく揺らいでいる。

 

また一時的にだが、裁判で無罪を主張するサイコの(精神障害を装う)要素があるような演出もあったりで、ドラマとしては、方向性が見えない分、緊張感は保たれるが、本当の結論はそっちではないので、その一時的なミスリードは、トータルで見ると作品自体を台無しにしている。※あれなんだったんだよ?ってなる

 

そもそも”平凡な主婦が…”という部分の掴みがこの作品のオリジナリティ(独自性)である訳で、前提が変わってしまうと、通り魔的な事件は、普通に存在するので、他の多くの作品と同じ扱いになってしまう。

 

結局のところ、環境のストレスやその場の流れ(魔が差した)とは言え、不良と付き合い、最終的に自らドラッグを決めたりしてる(ハメを外しすぎ)過去があったりして、平凡な子持ち主婦がという、善人設定は、完全に揺らいでいる。

 

なぜ、この善人という設定が大事かというと、一応主役ではあるが殺人犯という事実は変わらないので、話の流れ上、懲役刑は免れられない。最終的に懲役刑を食らっていたら、それ普通じゃんということで、実話でもない限り、話にする意味がない。

 

また見てるほうも、単なる犯罪者に感情移入はできないので、どうにかして善人だったが、仕方なく殺してしまったという、話の落ちどころというか、同情が欲しいし、必要だ。

 

その同情できる部分が、どれだけ、このヒロインにあるかというのが、ラストで共感できるかどうかになってると思うが、個人的には、そこの評価は、どうも微妙といわざるおえない。

 

そもそも、突発的に殺害してしまった男は、殺害しても良いと思えるほどの人間(不良ではあったが、悪人)ではないし(その親に監禁されてただけで)、その男(息子)に対して殺害やむなしと、肯定できるほどの要素は無い。

 

その被害者の父親がトラウマに関与してたので、その父親(加害者)の息子だから死んでしまっても良いとは、あまりにも大根切り過ぎて、そうは思えない。父親が殺されるならまだわかるんだけど。

 

そもそも、実際、彼は妹を助けていたのに(肋骨?を折ってしまったが)、ヒロインの勘違いから殺してしまったという、なんで?という結末だし。

 

被害者の父親は殺人に至るトラウマの発端ではあるが、妹が死んだこととは直接関係ないし。

 

 

 

評価 ★★★☆☆ (星3.4)

 

(まとめ:エンタメとしては、普通に興味深く面白いが、作品の完成度はかなり微妙なサスペンスドラマ。結局、このヒロインに対する評価が作品自体の評価になるが、客観的には、母親の抑圧から快楽におぼれて自己を見失い(コントロール出来ず)、それによって妹を巻き込んでしまった不幸な女という評価で、それ以上でもそれ以下でもない。薬漬けにされたのは、不幸でしかないが、そこに至る過程で、自らの意思でダークサイドに向かって進んでいたのは、否定できない。彼氏(JD)がスーツ着るような仕事の男なら、裏で売人だったなんて予想できないが、日常的にパーティに参加したりと、あきらかに環境が不良のそれだし。そもそも、彼女以外に女が近くいる男は、とりあえず怪しい(信用できない)と疑って良いだろう。またバーで薬を持ち歩いてる時点でやばい。妹を連れ出したところから、悲劇の始まりでいろいろ同情できる面もあるが、根本的にJDを選んだところで、個人的に共感出来ず、ダメ女なのは否めない。ちなみにこの作品ビデオ化されてないので普通に見れない。WOWOWでも現在予定がない。とりあえずレンタルにはしても良いんじゃないかと思う。)

 

 

 

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ

 

 

 

JUGEMテーマ:海外ドラマ

スポンサーサイト

  • 2020.08.07 Friday
  • 18:28
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>

    参加中

    にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
    にほんブログ村
    ブログランキング

    • seo
    レイシック病院比較



    管理人の最近のおすすめ作品

    齋藤飛鳥の良さ出てる!
    浜辺美波の良さ出てる!
    織田裕二の良さ出てる!

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 映画「妹の誘惑」の感想(ネタバレ)
      pinewood (11/24)
    • 映画「バイオハザード:ペイシェント・ゼロ」の感想(ネタバレ)
      管理人 (05/01)
    • 映画「バイオハザード:ペイシェント・ゼロ」の感想(ネタバレ)
      まさお (04/30)
    • 映画「超強台風」の感想(ネタバレ)
      管理人 (03/15)
    • 映画「超強台風」の感想(ネタバレ)
      まさお (03/14)
    • 映画「超強台風」の感想(ネタバレ)
      管理人 (03/14)
    • 映画「超強台風」の感想(ネタバレ)
      まさお (03/13)
    • 映画「ナンバー10」の感想(ネタバレ)
      管理人 (01/03)
    • 映画「アイアンクラッド ブラッド・ウォー」の感想(ネタバレ)
      管理人 (01/03)
    • 映画「アイアンクラッド ブラッド・ウォー」の感想(ネタバレ)
      葵 (01/03)

    recent trackback

    recommend

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM