韓国映画「目撃者(2018)」の感想(ネタバレ)

  • 2019.12.22 Sunday
  • 08:45

■韓国映画「目撃者(2018)」の感想(ネタバレ)


■監督:チョ・ギュジャン
■出演:イ・ソンミンキム・サンホチン・ギョンクァク・シヤン


【韓国映画「目撃者(2018)」のあらすじ】

深夜に泥酔状態で帰宅した会社員のサンフンは、女のかすかな悲鳴を耳にする。恐る恐るベランダに出ると、女がある男に殴り殺されているところを目撃。次の瞬間、殺人鬼は、サンフンの部屋の明かりに気づき、部屋の階数を確認するのであった。翌朝、チャン刑事を中心に目撃情報の聞き取りが始まるが、何百室もあるマンションの真下で起きた事件にもかかわらず、証人は1人も現れない。身の危険を感じ、知らない素振りを決め込むサンフンだったが、殺人鬼だけは確信していた--彼が目撃者であると…。

※楽天サイトから引用

【韓国映画「目撃者(2018)」の感想(ネタバレ)】 

 

 

韓国で興行収入ナンバー1(たぶん週間?)を記録したという「華麗なるリベンジ」のイ・ソンミン主演のサスペンススリラー。

 

久々に番組情報を見て韓国映画を見てみた。

 

内容は、タイトルからもわかるが、殺害事件の犯行現場を見てしまった目撃者が犯人から執拗に付け狙われるという話。

 

わかりやすいほどの王道な設定で、大きく失敗しようがないジャンルではあるのだが、見てみると中身が、今世紀の中でも駄作として名を残してしまうほどに大分ひどい。

 

なぜこの作品が韓国で1位になっていたのか、かなり疑問だ。商業的には人を集められる内容だと思うが、作品としてのクオリティは、???の連続で、途中からもうええわ!と見るのを投げ出したくなる内容だ。一応最後まで見たけど。

 

とりあえず、見ながらなんで?という疑問(問い)が尽きない。

 

まず、一番の疑問は、殺害現場を目撃したのにも関わらず、なぜか警察にそのことを一切言わない。110番(112)すらも掛けない。

 

なんで?

 

この目撃者という設定での大事なところだと思うが、いきなりそこをスルーしてくる。

 

この主人公の行動理由(動機)にまるで共感できず、入り込めない。

 

とりあえず、警察に言おう。話は、そこからなんだが。

 

ちなみに警察の中に犯人がいてとかそういう縛りがあって連絡したくてもできない(意味がない)という訳ではない、ただ警察が信用できないからという理由のみで勝手に言わないのだ。その裏には、家族(妻子)を守るためらしいのだが。

 

前提として、犯罪が起きてるのに警察が信用できないってどこの発展途上国の話をしてるのかと思う。一応、まがりなりにも法治国家になってる韓国の話ではないのか。そんな危ない国と日本は普通に国交があって大丈夫かと逆に心配になる。

 

では、まあ、最悪、事件化(死体が発見されてない)されてない内なら黙っておくというのは、目立たない行動として、犯人に対する防御策なのかと、考えられなくもない(まるで意味が分からないけど)ということにしても、事件が表面化してからも、なぜか頑なに言わないのだ。

 

なんで??

 

事件化したら、もう黙ってる意味って無いじゃんって思うんだけど。警察が犯人捕まえようと、もう動き始めてるんだから。警察が動かないうちなら、言ってもその話を信用してもらえないとか、死体が出なかったら、そんな話ウソなんじゃないかとか、そういうこともあるかもだけど。

 

マンションの駐車場で人死んでて、翌朝、死体も回収もされてて、ニュースにもなってるのに。

 

それでも、なぜか頑なに言わないのだ。

 

なんで???

 

また、さらに言うと、犯人がその目撃者を執拗に狙うというのも意味がわからない。

 

事件化されてない内なら、事件が表に出ないように目撃者を事前に押さえておくのは証拠隠滅になるかもしれないが、事件が表面化した後に、目撃者襲ってたら余計、警察の網に掛かりやすくなるだけだと思うのだが、それでも一向に止めない。アホなのか?

 

そもそも現場はマンションってわかってる訳で、そこの住人が時間も置かず襲われて、急に行方不明になるようなことが起きたら、確実に犯人に襲われたんだ考えるのが普通だろう。

 

さらに言うと、警察と話をしてる時に、遠くに犯人がうろうろしてるのに、…でも言わないのだ。

 

なんで????

 

あいつが犯人だ!じゃないの。捕まえたらそこでもう解決じゃないのか。

 

めちゃくちゃ刑事の方が、聞き込みですり寄ってきてるのに、でも言わない。

 

刑事が普段あんなにすり寄ってくることなんてめったに無いでしょう。

 

さらに犯人に追いかけられて、マンションの管理人部屋から警察に連絡しようとするが、妻子がちょうど帰宅してきてしまい、後ろに犯人がいるとわかったら、警察に連絡するのをギリギリでやめてしまう。

 

しかもその場所にすぐに刑事が車で到着したのに、でも何も言わない。

 

なんで?????

 

もう完全に目撃者と犯人のコント(笑)

 

警察に連絡しなければ命が保証されるという目撃者の勝手な妄想がひどい。

 

犯人側の、お前もし警察に言ってみろ殺すぞ。という目撃者に対する無言の圧力があるが(そんなことは犯人は約束もしてないのだが)、知らないうちに、目撃者にとっては、警察に言ってないから俺たちは殺されない(大丈夫)、という思い込みに変わっている。じゃあ、なぜ執拗に殺しに来てるのか考えた方がいい?

 

犯人とそこのやりとりしてるなら、証言しないということに多少意味はあるが、目撃者が勝手に忖度してるだけで全然意味が無い。

 

最初の方は、このおじさん主人公の境遇に一緒に入り込めていたが(電気をつける家族に対してイライラしたりしてたが)、途中から、このおっさんただのアホやな?と思うようになったら、もう見てられない。

 

妻を殺害されてしまった夫が目撃者を急に襲うのもアホだし。襲う人が違うから。原因は犯人だから。

 

この映画、唯一、ちゃんとしてるのが、妻と中年刑事。

 

主人公と犯人が一番アホですね(笑)

 

最初から二人で山に行ってれば良かった。

 

 

評価 ★☆☆☆☆ (星1つ)

 

(まとめ:ツッコミ出すとキリがない脚本や設定が意味不明なアホ映画。ちなみに、最後に雨降って別に高い山でもなく、ダムがある訳でもないのに、急にどこからともなく、濁流が押し寄せてくるとかも???だし、それによって、被害者の遺体がボロボロ出てくるのも都合よすぎ。そして、相変わらず韓国映画は俳優が泥に埋まるの好きね。もうこの映画は、異常です。犯人がサイコじゃなくて、映画自体がサイコです。それが理由かはわかりませんが、WOWOWのこの作品の番組ページがどっかに行ってしまったようで、検索しても発見できませんでした。)

 

 

>>目撃者 【DVD】

 

 

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ

 

JUGEMテーマ:韓国映画全般

スポンサーサイト

  • 2020.08.07 Friday
  • 08:45
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>

    参加中

    にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
    にほんブログ村
    ブログランキング

    • seo
    レイシック病院比較



    管理人の最近のおすすめ作品

    齋藤飛鳥の良さ出てる!
    浜辺美波の良さ出てる!
    織田裕二の良さ出てる!

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 映画「妹の誘惑」の感想(ネタバレ)
      pinewood (11/24)
    • 映画「バイオハザード:ペイシェント・ゼロ」の感想(ネタバレ)
      管理人 (05/01)
    • 映画「バイオハザード:ペイシェント・ゼロ」の感想(ネタバレ)
      まさお (04/30)
    • 映画「超強台風」の感想(ネタバレ)
      管理人 (03/15)
    • 映画「超強台風」の感想(ネタバレ)
      まさお (03/14)
    • 映画「超強台風」の感想(ネタバレ)
      管理人 (03/14)
    • 映画「超強台風」の感想(ネタバレ)
      まさお (03/13)
    • 映画「ナンバー10」の感想(ネタバレ)
      管理人 (01/03)
    • 映画「アイアンクラッド ブラッド・ウォー」の感想(ネタバレ)
      管理人 (01/03)
    • 映画「アイアンクラッド ブラッド・ウォー」の感想(ネタバレ)
      葵 (01/03)

    recent trackback

    recommend

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM