映画「あの頃、君を追いかけた(2018)」の感想(ネタバレ)

  • 2020.01.25 Saturday
  • 18:59

■映画「あの頃、君を追いかけた(2018)」の感想(ネタバレ)


■監督:長谷川康夫
■出演:山田裕貴 齋藤飛鳥 松本穂香 佐久本宝 國島直希 中田圭祐 遊佐亮介


【映画「あの頃、君を追いかけた(2018)」のあらすじ】

1990年代のとある地方都市。高校生の浩介はクラスメートの悪友たちと騒ぎを起こしては学校側から怒られていた。ある時、問題ばかり起こす浩介に業を煮やした担任が、彼をクラス一の優等生である真愛の前の席に移動させる。彼女を浩介のお目付け役にしようというのだ。浩介は常に目を光らせる真愛に反発する一方で、中学校時代から男子たちの憧れのマドンナだった彼女との距離が縮まったことにときめきを覚えるのだが……。

WOWOWから引用

【映画「あの頃、君を追いかけた(2018)」の感想(ネタバレ)】 

 

2011年の同名台湾映画を「空母いぶき」などの脚本を手掛ける長谷川康夫監督が山田裕貴、乃木坂46の齋藤飛鳥共演でリメイクした青春映画。

 

邦画の恋愛作品を見つけたので見てみた。

 

台湾映画のリメイクということだが、原作は未見なので、原作との比較はできないが、日本を舞台にした邦画作品であり、出演者やスタッフも日本人のはずだが、どことなくキャラクター設定や世界観などで、どこかで見た台湾映画の雰囲気を感じる。

 

時代設定もリメイクによって、日本の1990年代(たぶん後半)に置き換えてられているが(当時の話題が出てくるが)、露骨に平成という時代を強く感じることなく、ある日本のどこかの話という位で設定は、ふわっとしている。これがいい意味で邦画でありながら邦画っぽくなく、ノスタルジックさをより強調してくる。

 

ただ、登場人物はちゃんとそこに生きていて、乃木坂46のメンバーが出ているある種、アイドル映画ではあるが、最近の少女マンガ原作映画によくあるバカみたいなキラキラ演出で誤魔化すことなく、ちゃんと中身(人間ドラマ)で勝負しているあたりは、好感度が高い。

 

元々の原作が良いと思うが、キスシーンすら無い(妄想ではあるが)にも関わらず、全然雰囲気(世界観)だけで見れてしまうのは、落ち着いた演出と、登場人物のやりとり、セリフの質が高いのが影響しているだろう。

 

基本的に、恋愛作品でもなんでも人間ドラマの中心は、会話(セリフ)にあると思ってるが、なんでその登場人物がそういうセリフを日々言うかという部分の背景がしっかりしてるものは、登場人物や世界観に対して自然と共感しやすい。

 

この作品では、優等生のヒロインと粗暴な?彼氏のやりとりの中に、お互いの哲学(生き方)が見えて興味深い。

 

まーよくある優等生と勉強ができない男の定番設定といえば設定なのだが、ただ、勉強ができる、できないだけという設定で終わらず、その土台となる思想(なんでそういう生き方をしてるのか)、勉強する意味や、勉強しない理由もそれぞれ描かれてるあたりは、良くできている。

 

なんと言っても、ヒロインが結婚する連絡を受けた時のショックが登場人物と同じく、マジか!?と落胆を共有できるのも、この作品ならでは質の高さだろう。最近は、こういう衝撃シーンで登場人物と気持ちを全く共有できてなく、特に何も思わないで流れてしまう映画が結構ありますから、それだけでもこの作品を評価できます。

 

 

評価 ★★★★☆ (星4.2)

 

(まとめ:最近では珍しく人間がちゃんと描けれていて余韻が心地よい恋愛映画(リメイク作品)。手もつながないような淡い純愛を繰り広げつつ、家の中では、全裸で生活しているなどシュールな笑いもところどころ散りばめられている(ヒロインの結婚相手のキャラ(人選)が一番面白い。)。その設定がいるかどうかは、微妙だが。また友人同士の人間関係も、各々個性的であるが、そこにいじめや階層を感じることも無く、自然で気持ちが良い。この友人関係は日本というより、台湾(映画)っぽい。久々に恋愛映画で満腹感、リピートしたいと思う作品に出会った。この作品はおすすめです。)

 

 

 

ジャンヌダルク 清少納言 土井たか子

 

女は負けず嫌いに限る

 

-?

 

 

成長は残酷なものだ

 

女は先に大人になり

 

男はそれに気づくことはない

 

-?

 

 

>>あの頃、君を追いかけた(Blu-ray豪華版)(完全生産限定盤)(特典なし)

 

 

 

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ

 

JUGEMテーマ:恋愛映画 一般

スポンサーサイト

  • 2020.08.07 Friday
  • 18:59
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>

    参加中

    にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
    にほんブログ村
    ブログランキング

    • seo
    レイシック病院比較



    管理人の最近のおすすめ作品

    齋藤飛鳥の良さ出てる!
    浜辺美波の良さ出てる!
    織田裕二の良さ出てる!

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 映画「妹の誘惑」の感想(ネタバレ)
      pinewood (11/24)
    • 映画「バイオハザード:ペイシェント・ゼロ」の感想(ネタバレ)
      管理人 (05/01)
    • 映画「バイオハザード:ペイシェント・ゼロ」の感想(ネタバレ)
      まさお (04/30)
    • 映画「超強台風」の感想(ネタバレ)
      管理人 (03/15)
    • 映画「超強台風」の感想(ネタバレ)
      まさお (03/14)
    • 映画「超強台風」の感想(ネタバレ)
      管理人 (03/14)
    • 映画「超強台風」の感想(ネタバレ)
      まさお (03/13)
    • 映画「ナンバー10」の感想(ネタバレ)
      管理人 (01/03)
    • 映画「アイアンクラッド ブラッド・ウォー」の感想(ネタバレ)
      管理人 (01/03)
    • 映画「アイアンクラッド ブラッド・ウォー」の感想(ネタバレ)
      葵 (01/03)

    recent trackback

    recommend

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM