映画「わたしに××しなさい!」の感想(ネタバレ)

  • 2020.01.29 Wednesday
  • 04:02

■映画「わたしに××しなさい!」の感想(ネタバレ)


■監督:山本透
■出演:玉城ティナ 小関裕太 佐藤寛太 山田杏奈 金子大地 オラキオ 高田里穂


【映画「わたしに××しなさい!」のあらすじ】

同級生には秘密で人気ウェブ小説家として活躍する高校生の雪菜。ある時、ライバル作家ドルチェと同時に連載を開始し、最終回で人気の高かったほうを映画化するという対戦企画が持ち上がる。雪菜は新作に恋愛要素を入れようとするが、恋愛経験ゼロの彼女は恋する気持ちが分からない。そんな中、偶然から学校一のモテ男子である時雨が実は腹黒だと知った雪菜は、その秘密を盾にして彼に自分と疑似恋愛するよう脅迫するのだが……。

WOWOWから引用

【映画「わたしに××しなさい!」の感想(ネタバレ)】 

 

遠山えまの同名コミックを玉城ティナと小関裕太の共演で映画化したラブストーリー。

 

タイトルに惹かれて見てみた。

 

内容は、人気ウェブ作家の女子高生が恋愛小説を書くために学校の人気男子の弱みを握って疑似恋愛に励むという話。

 

こちらも少女マンガ原作ということで、いつもながら、イケメン男子に周りを囲まれた逆ハーレム状態の女子目線の夢物語が繰り広げられている。

 

壁ドンその他、女子が見て胸躍る?ようなキュンキュン演出が豊富に盛り込まれているが、過度にその部分をキラキラ持ち上げてる感じはなく、普通の緊張感があるドラマタッチの中でテンポ良く行われるので、男が見てても、それほどバカっぽくは無く、比較的中立の立場で見れる。

 

ただ物語としては、実体験を自身の恋愛小説の文章に逐一反映していくセリフ(言葉)は、映画よりも文章が主体の小説向きだと思う。映画ではヒロインが書いてる恋愛小説の世界には入り込みづらく(内容も少ないのもあるが)、小説家設定自体も、飾り程度でその機能性は薄い。

 

出来ればヒロインの恋愛小説の中身を前面に出し、リアル(学校生活)と小説世界をバランスさせることで、もっと彼女の人間としての内面の奥が描ければ、人として共感が増えたと思うが。

 

個人的には、この「わたしに××しなさい!」という設定は、シリアスで描くには、やや微妙な設定だと思う。

 

しくみ自体は、実体験(ミッション)がフリで、のちの小説化(感想)部分がオチのような関係になっていて、非常にお笑い(コメディ)にしやすい設定になっている。この設定ならいくらでも面白くできるスペースはあるのだが、そういったスカした面白さ(遊び)は、この映画にはほぼ無い。

 

基本的なことを言うと、めちゃくちゃブスな奴をヒロインにして、「わたしに××しなさい!」と命令するが、だれも男が××してくれなくて、恋愛小説の連載が一向に始まらないなど、序盤はここからスタートしてもいい位だと思う。恋愛経験ゼロという設定を使うなら特に。

 

ミッション自体が難航すればするほど、よりヒロインの努力に共感が呼ぶし。

 

モテないので、ただただモテる男の弱みを握ることにだけ精を出す、陰キャラ女の方がキャラ設定として好感がもてるし。

 

作品としては、学校で工作活動ばかりしていて、全然小説書いてねえじゃん位でちょうど良いでしょう。

 

ヒロイン役の玉城ティナは、オタク系っぽさはあるかもしれないが、どう見ても見た目は十分可愛く洗練されていて、「わたしに××しなさい!」という命令自体が、一般的な男にとっては特に嫌な感じがない。性格も悪いというわけでもないし、男側にデメリットが見つからない。

 

少しいじめられてたり、クラスではぶられてる位の設定は必要だったと思う。

 

っということで、この映画では、ヒロインが××しなさい!にあえて男が拒否する理由に最初から疑問が発生している。

 

お前格好つけんなと(笑)

 

ということで、最初の設定から本末転倒で、設定が十分生きていない。

 

これが男と女が逆の設定だったら、非常にわかるんだけどね(笑)

 

この外見のヒロインだったら、ミッションの難易度は、どれもVERY EASYだわな。

 

 

評価 ★★★☆☆ (星3.2)

 

(まとめ:少女マンガ原作映画の中で比較的真面目な恋愛映画。いろいろ書いたが、少女マンガ原作映画作品の割に、ふざけた演出が少ないので、好感が持てる。ただ、内容は、感情移入できるほどの深みはない。恋愛映画では、前回見た「あの頃、君を追いかけた(2018)」を全然超えれてないな。まだ、”あの頃〜”の余韻が残ってるしね。)

 

 

>>わたしに××しなさい! 【DVD】

 

 

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ

 

JUGEMテーマ:恋愛映画 一般

スポンサーサイト

  • 2020.08.07 Friday
  • 04:02
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>

    参加中

    にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
    にほんブログ村
    ブログランキング

    • seo
    レイシック病院比較



    管理人の最近のおすすめ作品

    齋藤飛鳥の良さ出てる!
    浜辺美波の良さ出てる!
    織田裕二の良さ出てる!

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 映画「妹の誘惑」の感想(ネタバレ)
      pinewood (11/24)
    • 映画「バイオハザード:ペイシェント・ゼロ」の感想(ネタバレ)
      管理人 (05/01)
    • 映画「バイオハザード:ペイシェント・ゼロ」の感想(ネタバレ)
      まさお (04/30)
    • 映画「超強台風」の感想(ネタバレ)
      管理人 (03/15)
    • 映画「超強台風」の感想(ネタバレ)
      まさお (03/14)
    • 映画「超強台風」の感想(ネタバレ)
      管理人 (03/14)
    • 映画「超強台風」の感想(ネタバレ)
      まさお (03/13)
    • 映画「ナンバー10」の感想(ネタバレ)
      管理人 (01/03)
    • 映画「アイアンクラッド ブラッド・ウォー」の感想(ネタバレ)
      管理人 (01/03)
    • 映画「アイアンクラッド ブラッド・ウォー」の感想(ネタバレ)
      葵 (01/03)

    recent trackback

    recommend

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM