海外ドラマ「救命医ハンク セレブ診療ファイル」第3話の感想(ネタバレ)

2010.11.18 Thursday 救命医ハンク 救命医ハンク セレブ診療ファイル(ロイヤルペインズ)

■海外ドラマ「救命医ハンク セレブ診療ファイル」第3話の感想(ネタバレ)



■出演者 マーク・フォイアスタイン パウロ・コスタンツォ ジル・フリント レシュマ・シェティ キャンベル・スコット

WOWOWで再放送中の海外ドラマ「救命医ハンク セレブ診療ファイル」第3話を鑑賞。

ハンクは、上院議員の妻から連絡があり、急遽アメフトの試合を控える息子のためのメディカルドクターを依頼される。自分の分野でないし、専用の医療器具がないと断るハンクだが、道具はあると案内された部屋には手術室さながらの医療道具が揃っていた。

無事に検査を終えた上院議員の息子は、練習に戻るが、急に視界がぼやける症状が出ると、体中がマヒして動かなくなってしまう。いろんな病気を疑う原因がわからないためすぐに病院で調べるべきだというハンクに母親は、スキャンダルにしたくないから、病院にはいけないという。以前、夫が倒れたときに「心臓が弱い」とマスコミに書かれそれで選挙に落ちたことがあったという。

道具が必要ならなんでも用意するだけの金は出すという母親に、ハンクは、MRI検査が出来る機材を積んだトラックを病院長をしているジルに頼み込み、借りてくる。

しかし、MRIで調べてみても、原因がわからない。その間に症状は悪化し、呼吸停止になってしまう。ハンクは、妹が庭で兄にタックルしたときに地面に頭を打ったせいで兄がこうなったんだとひどく落ち込んでいたことを思い出すと、上院議員の息子の耳に香油をたらすと、耳の中からある生物を取り出した。

その生物は”鹿ダニ”という生物で、人の耳に入ると変な液体を出し、それが体中をマヒさせる原因になっていたという。鹿ダニを取り出すと息子は無事に意識を取り戻した。鹿が庭の近くの森を飛び跳ねていたのをハンクは目撃していた。

評価 ★★★☆☆ (星3つ)

(鹿がいるところには、鹿ダニがいる恐れがあるらしいので、地面に横になったときに耳に入らないように気をつけたいですね。かなり危険な生物。気楽に見れて勉強になる救命医ハンク。3話でハンクとジルの仲も急接近。かと思えば弟のエヴァンは、知り合った女性と管理されていなかったプールに入り体中にボツボツが出てしまう。これは、薄めたお酢をつけて処置していた。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ

JUGEMテーマ:その他
 

スポンサーサイト

2018.10.22 Monday -

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • -
  • -
  • 0
    • -
    • -

    コメント

    コメントする








    この記事のトラックバックURL

    WOWOWのおすすめ番組!    

    Search

    管理人の記憶に残るおすすめ作品

    Links