海外ドラマ「救命医ハンク セレブ診療ファイル」第4話の感想(ネタバレ)

2010.11.20 Saturday 救命医ハンク 救命医ハンク セレブ診療ファイル(ロイヤルペインズ)

■海外ドラマ「救命医ハンク セレブ診療ファイル」第4話の感想(ネタバレ)



■出演者 マーク・フォイアスタイン パウロ・コスタンツォ ジル・フリント レシュマ・シェティ キャンベル・スコット

WOWOWで再放送中の海外ドラマ「救命医ハンク セレブ診療ファイル」第4話を鑑賞。

【海外ドラマ「救命医ハンク セレブ診療ファイル」第4話のあらすじ】

ハンクは結核検査に訪れたレストランでオーナーのアリソンと従業員のヴァレンティーナに出会う。アリソンは急なめまいを起こすという経験をしたばかりで不安になっていた。一方、イタリア出身のヴァレンティーナは検査が何か分からず注射を嫌がる。困ったディヴィヤは何とか注射の理由を説明しようとするが伝わらない。すると、エヴァンが意外な才能を発揮する。一方、ボリスの屋敷には怪しげなタンクが運び込まれる。

※WOWOWから引用
-------

レストランに保健所が入るということで、従業員の結核検査をすることになったハンクだが、急にめまいがするというレストランオーナー:アリソンの相談を受けて、仕事も大事だが一日だけ休んで人間ドッグを受けるんだとアドバイスする。オーナーもハンクの指示に素直に従い了承する。

あくる日、ハンクはジルとのデートでそのレストランに行くと、混雑しており入り口で待たされる。テーブルに出てきたアリソンに「予約してるハンクだが」と尋ねるが、「どちらさまで?」と言われハンクは困惑する。

アリソンは、脳卒中が進行し、自分のことすらわからないほど記憶障害に陥っていた。すぐさま病院に搬送し処置を行うが、目を離した隙にアリソンはどこかに消えてしまう。発症後3時間以内に注射を打たないと危険な状態のため捜索を始めるハンクだが、自宅にもおらず、アリソンと交際していたというレストラン従業員の男に話を思い出す。

「アリソンとよく冷蔵庫でやっていた」という情報から、レストランの冷蔵庫に向かうジルとハンクは、床床に倒れているアリソンを見つける。注射しようとするハンクに「3時間過ぎてしまったからもう間に合わない」というジルに、冷蔵庫で低体温の状態だから、まだ間に合うと告げ、キッチンのテーブルにアリソンを寝かせ処置を始める。アリソンは一命を取り留める。

評価 ★★★☆☆ (星3つ)

(急な目まいや記憶障害は、脳卒中の可能性があるらしい。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ

JUGEMテーマ:その他
 

スポンサーサイト

2018.04.19 Thursday -

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • -
  • -
  • 0
    • -
    • -

    コメント

    コメントする








    この記事のトラックバックURL

    WOWOWのおすすめ番組!    

    Search

    管理人の記憶に残るおすすめ作品

    Links