映画「藁の楯 わらのたて」の感想(ネタバレ)

  • 2020.04.02 Thursday
  • 05:07

■映画「藁の楯 わらのたて」の感想(ネタバレ)


■監督:三池崇史
■出演:大沢たかお 松嶋菜々子 藤原竜也 山崎努 岸谷五朗 伊武雅刀 永山絢斗 余貴美子 本田博太郎


【映画「藁の楯 わらのたて」のあらすじ】

8年前に少女暴行殺人事件を起こして服役していた犯人・清丸が出所するが、直後にまた少女を殺す。少女の祖父である財界の大物・蜷川は、大手全国紙すべてに“犯人を殺した者に10億円を支払う”という全面広告を出す。身の危険を感じた清丸は、福岡県警に自首。警視庁のSP、銘苅、白岩ら5人の警官は清丸を東京まで護送する任務を命じられるが、一行は行く先々で懸賞金目当ての連中に襲われる。彼らは東京にたどり着けるのか。

WOWOWから引用

【映画「藁の楯 わらのたて」の感想(ネタバレ)】

 

 

不良マンガ「BE-BOP-HIGHSCHOOL」の作者でもある”きうちかずひろ”が木内一裕名義で発表した小説を三池崇史監督が大沢たかお、松嶋菜々子共演で映画化したサスペンス。

 

大沢たかおが出演してたので見てみた。

 

内容は知らずに見始めたが、意外と惹きつけられ、普通に面白く拾い物だった。最近の映画かと思っていたが、2013年制作らしく、7年前の作品になるが、特に映像から古さは感じない。

 

物語は、福岡から東京まで容疑者を護衛するというシンプルでわかりやすい話。

 

護送設定は、映画「SWAT」や最近では「マイル22」などがあるが、アクションサスペンスとしては、設定だけで、惹きつけられるし、作品としても大きく外れにくいと思う。「マイル22」は、奇をてらいすぎて失敗だったけど。

 

ちなみに「SWAT」が容疑者を逃がせば賞金だったが、こちらは、容疑者を殺せば賞金。

 

設定は、ほぼほぼ似ているが、ターゲットが死んで良いという部分では、見境なく殺しにやってくるので、この作品の方がタチが悪いと思う。

 

前者は、ターゲットの安全が必要なので、奪還作業に気を遣う必要があるが、こっちは、最悪、容疑者含め、周りの護衛ごとまとめて、いっちゃっても全然かまわない(笑) ※賞金に目がくらみ、罪の大きさを顧みないのであれば、

 

ちなみに外部からの攻撃と内部(仲間)の裏切りが見せ場だと思うが、外部からの攻撃による派手なアクションと仲間の裏切りを疑うサスペンスは、上手く配分されていて、最後まで一応緊張感を保っている。

 

邦画作品としてもアクションのスケール感は大きく、結構頑張っていると思う。

 

高速道路のシーンでのパトカーの台数しかり。

 

ところどころCGも使っているが、実写部分をちゃんと頑張る作品は個人的に好感がもてる。

 

なんか規模がでかくて、ワイドに撮影されてるだけで、映画を見てる気がしてくるので。

 

 

評価 ★★★☆☆ (星3.5)

 

(まとめ:珍しく大きく外さなかった三池崇史監督の良作の娯楽アクションサスペンス。作品としては、主人公目線で見れない映画が多いなか、普通に主人公目線(当事者)で見れたので、平均点越えです。ただ、危険任務と分かっているのに、防弾ショッキすら着てなくて死んだりするなど(大沢たかおは着てるのに)、大事なところでツッコミどころも多い。個人的には、容疑者が本件では(過去の殺人事件は一旦置いといて)、まだ捕まってもいなければ、裁判で有罪が確定してないのに、ほぼほぼ犯人として扱っているのが、かなり気になる。みんな気が早い。裁判を経て有罪が確定するまでは被告。(事件の捜査状況でどれ位、彼が犯人でありえるのかという基本情報も一般情報のみで少なく、彼でない可能性もなんとなく否定できない。のちに本人が自白してその方向が濃くなるが、それすらも主観情報なので客観的に判断する材料としては、情報が少ない。)なので、容疑者に賞金懸けをするなら、裁判で有罪が確定した後にやるべきだと思う。じゃないと、”犯罪者をなぜ守らなければいけない”というテーマがぶれてくる。容疑者の冤罪の可能性は大丈夫か?と。あきらかに裁判を経て刑が確定した凶悪犯罪者を護衛するのと、容疑者?の段階の人を護衛するのとでは、全く違う。過去に殺人を犯してるという部分では、彼は凶悪犯であるが、一応、その件に関しては、刑務所で罪を償った体にはなっている。ここも設定がややこしい。個人的には、初犯の少女暴行殺人事件で有罪確定後に賞金懸けのストーリーで良いと思う。なんで二回目にしたのか。1回目の親が金持ちだったで良いと思う。それか連続殺人犯という設定で、二回に分けなくても良い。テーマは、”犯罪者をなぜ守らなければいけない”ということがわかれば良いのだから。)

 

 

>>藁の楯 わらのたて [ 大沢たかお ]

 

 

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ

 

JUGEMテーマ:邦画

スポンサーサイト

  • 2020.08.07 Friday
  • 05:07
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>

    参加中

    にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
    にほんブログ村
    ブログランキング

    • seo
    レイシック病院比較



    管理人の最近のおすすめ作品

    齋藤飛鳥の良さ出てる!
    浜辺美波の良さ出てる!
    織田裕二の良さ出てる!

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 映画「妹の誘惑」の感想(ネタバレ)
      pinewood (11/24)
    • 映画「バイオハザード:ペイシェント・ゼロ」の感想(ネタバレ)
      管理人 (05/01)
    • 映画「バイオハザード:ペイシェント・ゼロ」の感想(ネタバレ)
      まさお (04/30)
    • 映画「超強台風」の感想(ネタバレ)
      管理人 (03/15)
    • 映画「超強台風」の感想(ネタバレ)
      まさお (03/14)
    • 映画「超強台風」の感想(ネタバレ)
      管理人 (03/14)
    • 映画「超強台風」の感想(ネタバレ)
      まさお (03/13)
    • 映画「ナンバー10」の感想(ネタバレ)
      管理人 (01/03)
    • 映画「アイアンクラッド ブラッド・ウォー」の感想(ネタバレ)
      管理人 (01/03)
    • 映画「アイアンクラッド ブラッド・ウォー」の感想(ネタバレ)
      葵 (01/03)

    recent trackback

    recommend

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM