映画「きみに読む物語」の感想(ネタバレ)

  • 2020.05.09 Saturday
  • 23:51

■映画「きみに読む物語」の感想(ネタバレ)


■監督:ニック・カサヴェテス
■出演:ライアン・ゴズリング レイチェル・マクアダムス ジーナ・ローランズ ジェームズ・ガーナー ジョアン・アレン サム・シェパード


【映画「きみに読む物語」のあらすじ】

アルツハイマー病で昔の記憶を失い、療養施設で暮らす初老の女性。彼女のもとにデュークと名乗る年配の男性が定期的に通っては、ある物語を彼女に読み聞かせる。それは1940年のこと。家族とひと夏を過ごすため、アメリカ南部の小さな町を訪れた、良家の17歳の子女アリーは、材木工場で働く好青年ノアと出会い、たちまち運命の恋に燃え上がる。けれども彼女の両親は2人の仲を認めず、彼らの運命は引き裂かれるはめになる。

WOWOWから引用

【映画「きみに読む物語」の感想(ネタバレ)】

 

「メッセージ・イン・ア・ボトル」のニコラス・スパークスの同名小説をライアン・ゴズリングとレイチェル・マクアダムス共演で映画化したラブストーリー。

 

結構前に話題になっていたラブストーリーを見つけたので見てみた。

 

「マディソン郡の橋」を超えるほどの大ヒットしたということだが、見た感想としては、全体の話としては悪くはないが、いろいろ気になる部分がある。

 

まず、「きみに読む物語」という邦題タイトルから、冒頭の初老の男女の読み聞かせシーンのやりとりを見て、これって、もしかして自分たちの物語を話してるんじゃないか?と気づいてしまい、冒頭の時点ですぐに作品のオチがわかってしまう。

 

ちなみに、原題は”The Notebook”なので、そこまでネタバレタイトルというわけではないようだが、最初の設定や展開を見れば、誰でもすぐわかりそうな感じではあるので、原題、邦題どっちにしても、タイトル時点でネタバレしてるともいえる。

 

とは言いつつ、ネタバレ前提で進む物語かと思いきや、一応、作品の中では、初老男女の名前をなかなか言わない側面もあり、ネタバレ前提というわけではなさそうだが、ほぼほぼ隠しが機能していないといえる。

 

ちなみに、そっちに誘導しつつ、別の展開を用意してるパターンかと思いきや、結局、そのまま最後まで突き進んでおり、予想通りの結末で終わってしまう。

 

この全然隠しきれてないのに隠そうとしてる無意味な流れは、一体なんなんだろう。

 

犯人がすでにほぼバレてるのに(濃厚)、犯人じゃなさそうな演出をしてるサスペンスみたいな回りくどさがある。

 

この作品というのは、認知症を克服するためのきっかけとして”自分たちの過去の恋愛話=The Notebook”があり、それを読み聞かせることで、一時的に正気を取り戻すという感動話である。

 

しかし、その過程にもいろいろとツッコミどころがある。

 

まず、本の読み聞かせは、今回が初めてという訳でもなく、過去にもチャレンジして、成果があったことをもう一度チャレンジしているということ。

 

こういうのは、普通、初めてのチャレンジからの奇跡を物語として採用しないだろうか。

 

なぜ二回目の方を使う(笑)

 

しかも、そこからわかるのが、認知症から一時回復するも、正気に戻っても、数分程度でまた認知症状態(記憶喪失)に逆戻りしてしまうという事。

 

なんだそのややこしい設定は。

 

認知症から回復した時点で、ハッピーエンドでもう良いだろう。

 

散々、長々と過去の恋愛話でフリを作って、ようやくオチとなる奇跡が叶ったと思ったら、またすぐに認知症状態に逆戻りって、そこの病気の細かい繊細さはいらないと思う(笑)

 

一応、エンディングは、再びヒロインが正気に戻った状態で、夫婦ともに手を繋ぎながら、ベッドで一緒に眠り死ぬということで、ハッピーエンドに持ってきたが、最後の最後での、この慌てたごちゃごちゃした感じは、あまり頂けない。

 

ちなみに最初から振り返ってみても、開始40分位までは、情報量が少なすぎて、ほぼほぼ二人の恋愛(キャラクター)に共感ができない。

 

二人が恋愛に至るまでの過程で、彼、彼女は、こういう人物像という生い立ちなどの特徴の説明など、わかりやすいエピソードは必要だろう。

 

こちらがわかる情報としては、金持ちの女と労働者階級の貧乏な男の話ということ位だ。

 

それ以外になんら共感できるエピソードが用意されて無い。

 

そんななか、どこの馬の骨かもわからない男の強引なアプローチによって、特に苦労することなく付き合い始め、恋愛も普通に盛り上がっていくが、順調すぎてそこに感情が入っていく隙間がない。

 

ほぼほぼ好きにしたらいいじゃんというレベルだ。

 

そもそも男目線で見てて、この金持ち女を好きになる理由もよくわからない。

 

見た目だけで、わかりやすくめちゃくちゃ美人という感じの魅力が伝わってこれば、それだけで共感が出来そうだが、演じ手のレイチェル・マクアダムスが、それほど綺麗と言うわけではない。※個人の感想です

 

ブスではないが、かなり個性的な女優だ。

 

また、ヒロインのキャラクターにしても、金持ちで性格も上品なら、まだ多少理解できるが、どちらかというと”おてんば”な姫タイプで、下手するとわがままで下品な感じすらみえるときがある。

 

これもレイチェル・マクアダムスだからそう感じるのかもしれない。

 

また初恋に拘るあまり、純愛が一瞬でも二股に見えてしまっては、ダメだろうし。結婚してるなら絶対寝たらダメだろうし。婚約者に失礼だ。

 

そんな訳で、ほぼほぼ二人のキャラクターには共感できないのだが、二人が家柄の理由で別れることになってから、ようやく歴史動向として、物語が気になってくる感じだ。

 

 

 

 

評価 ★★★☆☆ (星3.2)

 

(まとめ:ストーリーも予想通りで、登場人物への共感は少ないが、音楽が結構良い恋愛作品。この作品を見て、キャスティングって大事だなと思う。女優の好みは、人それぞれだと思うが、レイチェル・マクアダムスの良さが、一向に自分には伝わってこない。それに尽きる。恋愛においては、三角関係など恋愛作品としては、ベタベタな展開になってるが、それによって話が盛り上がってくるので、恋愛ストーリーとしては良く出来てるのかもしれない。オチは、冒頭でわかるけど。)

 

 

貧乏だし

 

洗練されてないし

 

教養もない

 

-?

 

神の力は科学の限界を超える

 

-?

 

ママが私の家さ

 

-?

 

 

>>きみに読む物語(Blu−ray Disc)

 

 

 

JUGEMテーマ:恋愛映画 一般

スポンサーサイト

  • 2020.08.07 Friday
  • 23:51
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>

    参加中

    にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
    にほんブログ村
    ブログランキング

    • seo
    レイシック病院比較



    管理人の最近のおすすめ作品

    齋藤飛鳥の良さ出てる!
    浜辺美波の良さ出てる!
    織田裕二の良さ出てる!

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 映画「妹の誘惑」の感想(ネタバレ)
      pinewood (11/24)
    • 映画「バイオハザード:ペイシェント・ゼロ」の感想(ネタバレ)
      管理人 (05/01)
    • 映画「バイオハザード:ペイシェント・ゼロ」の感想(ネタバレ)
      まさお (04/30)
    • 映画「超強台風」の感想(ネタバレ)
      管理人 (03/15)
    • 映画「超強台風」の感想(ネタバレ)
      まさお (03/14)
    • 映画「超強台風」の感想(ネタバレ)
      管理人 (03/14)
    • 映画「超強台風」の感想(ネタバレ)
      まさお (03/13)
    • 映画「ナンバー10」の感想(ネタバレ)
      管理人 (01/03)
    • 映画「アイアンクラッド ブラッド・ウォー」の感想(ネタバレ)
      管理人 (01/03)
    • 映画「アイアンクラッド ブラッド・ウォー」の感想(ネタバレ)
      葵 (01/03)

    recent trackback

    recommend

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM