映画「ブライダルウォーズ」の感想(ネタバレ)

2010.11.22 Monday 洋画 恋愛/ラブストーリー

■映画「ブライダルウォーズ」の感想(ネタバレ)



■監督:ゲイリー・ウィニック 
■出演者:ケイト・ハドソン アン・ハサウェイ クリス・プラット スティーヴ・ハウイー クリステン・ジョンストン 

WOWOWで放送していた映画「ブライダルウォーズ」を鑑賞。

【映画「ブライダルウォーズ」のあらすじ】

幼い頃からずっと固い友情で結ばれている親友同士のリヴとエマ。そんな2人は、偶然にもほとんど同時にプロポーズを受けることになった。幸せいっぱいの彼女たちは、それぞれ花嫁の憧れであるNYプラザホテルで式を挙げることに。ところが、日時をずらして予約したはずの2人の式が、手違いでダブルブッキングされてしまった。他の日に空きはなく、どちらかが譲るしかない。リヴとエマは、長年の友情も忘れて対立するのだが……。

※WOWOWから引用
-------

ケイトハドソン、アンハサウェイの2大スター共演のラブコメディ?映画。よく考えたらこの映画にラブはあまりなく、幼い頃から仲の良い友人同士が、結婚式を同じ日に挙げることになり、競合するというコメディ色の強い映画といえる。といってもアメリカンジョークでの笑わしに掛かるというものではなく、結果的に笑いに繋がるという感じです。

個人的に好きなのが、日焼けサロンの噴射スプレーをいたずらでブラックオレンジに交換すると、アンハサウェイの肌が気味悪いオレンジ色になってしまったり、ケイトハドソンのトレードマークでもある金髪が、ゴールドに塗りなおすはずが、ブルーに交換され、金髪にブルーが混ざってしまう辺りは、二人の女優が自分のイメージを壊す勢いで体を張っていて面白い。

さすがにケイトハドソンの髪の毛が金髪ブルーでは、いつもの魅力は半減してしまう。ラストは、アンハサウェイの方がお互いのフィアンセが相応しくないことに気づき、結婚をやめてしまう。ここはちょっと悲しいが、ラストは新しい相手を見つけてハッピ−エンド。ちなみにこの映画は、始めと終わりは、結婚コンサルタント目線のナレーションで語られている。

評価 ★★★☆☆ (星3つ)

(ケイトハドソンとアンハサウェイどちらも好きだが、どちらか選べと言われれば、個人的にケイトハドソンになる映画。ケイトハドソンの笑顔はやっぱり良い。アンハサウェイは少し前に見たアカデミー女優賞にノミネートした「レイチェルの結婚」の役柄の記憶がまだ抜けきれていないのもあるが、この映画も性格が少しヒステリック気味で損な役回りにも思える。)


ブライダル・ウォーズ

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ

JUGEMテーマ:恋愛映画 一般
 

スポンサーサイト

2019.09.03 Tuesday -

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • -
  • -
  • 0
    • -
    • -

    コメント

    コメントする








    この記事のトラックバックURL

    WOWOWのおすすめ番組!    

    Search

    管理人の記憶に残るおすすめ作品

    Links