映画「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」の感想(ネタバレ)

  • 2020.06.12 Friday
  • 05:28

■映画「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」の感想(ネタバレ)


■監督:山崎貴 花房真
■出演(声優):佐藤健 有村架純 波瑠 坂口健太郎 山田孝之 ケンドーコバヤシ 安田顕 古田新太 松尾スズキ 山寺宏一 井浦新 賀来千香子 吉田鋼太郎


【映画「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」のあらすじ】

ゲマ率いる魔物たちにさらわれた母を取り戻すため、少年リュカは父パパスと旅を続けていた。だが戦いの中でリュカが人質に取られ、手出しのできないパパスは無念の死を遂げてしまう。それから10年。故郷に戻ったリュカはパパスの残した日記を発見、父の遺志を継いで母を救う旅の再開を決意する。やがてサラボナの町を訪れたリュカは、そこで大富豪の娘フローラ、幼なじみのビアンカという2人の女性と運命的に再会し……。

WOWOWから引用

【映画「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」の感想(ネタバレ)】

 

スーパーファミコンソフト「ドラゴンクエストV 天空の花嫁」のストーリーを原案に、「アルキメデスの大戦」の山崎貴が総監督となり佐藤健や有村架純らが声優出演して映画化したCGアニメ。

 

ドラクエの話題のCGアニメがWOWOWで初放送してたので見てみた。

 

絵のタッチが原作の鳥山明から変更したことで劇場公開時に話題になっていたが、実際に見てみると、「ヒックとドラゴン」などのハリウッドタッチのCGアニメ路線という感じはするものの、これはこれでまあ許容できるし、CGクオリティについても、いわゆるディズニーやピクサーなどと比べても特に劣ってる感じはない。

 

このCGレベルで作品を作れるなら普通に世界に出せるレベルではあると思う。

 

ただ、問題はやはり内容だろう。

 

ドラクエをCGアニメとはいえ3DCGで映画化したという部分では、非常に好感が持てるし、ドラクエファンとしては、うれしい限りだが、その反面、好きだからこそ気になるところが多い。

 

まず、ストーリー。ドラクエVの物語を原案にしてるので、基本のストーリーは、文句なしだが、それをコントラストを付けてどう味付け(演出)するかという部分で、全体的にイマイチ感がある。

 

なかでも一番気になるのが、長い物語を短くまとめたために、特に重要なエピソードだけを切り取っては、それらをただ繋ぎ合わせてるだけで、一つの物語というよりは、ダイジェスト版を見てるような気がして、エピソードとしての面白さが半減している。半減どころではないが。

 

個人的には、ロードオブザリングのようにパート3位に分けてじっくり描いてくれたら、ストーリーとしては、言うことなしだったのかなと思う。

 

例えば、ドラクエVでは記憶に残る感動的なシーンが多いが、そのなかでも、印象に残るのが、親父パパスの犠牲になる死だろう。

 

個人的には、パパスの死をラストに持ってくるだけで、ひとつの映画にしてくれても良かったと思う。※パート1

 

あそこはそれ位感動できる場面だ。この作品はあんな良いシーンが、流れるようにあっさりし過ぎだ。

 

ゲームの記憶があるから感動出来ているが、目の前のシーンとしては、そこまでの感情の蓄積(エピソード)が少なすぎて感動に至らない。そこに行く過程で、ビアンカやヘンリーとの人間関係ももっと描くべきだし必要だ。もうバカじゃないのかと思う位の端折り方だ。

 

仮にパート2があるなら、リュカとヘンリーの奴隷生活からスタートで、脱走、ビアンカと結婚、そして、最後にリュカ(主人公)の石像化まで。

 

主人公が石になる部分、ここも衝撃がありドラクエVの見せ場だ。そして、のちのち大きくなった自分の息子が助けに来るという、この長い時の流れからの解放。ここに大河ドラマのようなすごい感動があるのだが、この作品での石像化から体が元に戻るシーンの描写が、アクションシーンの一コマ的な雑さ。

 

ドラクエVのことをまるでわかってないような解釈だ。

 

息子が天空の剣が装備できる衝撃よりも、主人公を息子が冒険の末にようやく石像から戻す方に、時間を使ってくれと思う。

 

なのでパート3は、息子目線で(勇者)冒険がスタートし、親父の石像化解放を経て、ラスボス退治までになる。

 

この位の長いスパンは、ドラクエVをちゃんと描くには必要だと思う。

 

この辺はピータージャクソンのロードオブザリングを参考にしてもらいたい。ラストにショーンビーン(役名忘れた)が死ぬ衝撃から、それぞれが別々の道を進むなど、ラストの展開がドラマチックで上手過ぎだ。

 

それに比べて、この「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」の長くシーンはたくさん詰め込まれてるのに、それに反比例する内容の薄さはなんなのか。

 

ロードオブザリングパート1の一本にすらドラマチックさで勝っていない。

 

ゲーム本編は、指輪物語に引けを取らずにドラマチックなのに、それらの背景を含めて全然描写出来ていない。

 

唯一、ビアンカとの結婚位だ。あそこにはドラマが一応あった。

 

そして、この作品でダメさを決定づけたのが、最後のオリジナルストーリー(オチ)。

 

ドラクエをほぼほぼ台無しにしている。

 

プログラミングがどうとか、ウイルスがどうとか、ドラクエVのゲームをプレイしてる人間がいたとかは、そんなことはホントどうでも良い。

 

そんな説教じみた目線はこのドラクエには必要ない。

 

この作品、誰が誰に対して、何を見せてるのか、もう少し考えた方が良いんじゃないだろうか。

 

声優が俳優だらけだったり、ドラクエファンが求めてることと、大分ズレがあると思う。

 

ドラクエを見てるというか、俳優の顔がただひたすらに浮かんでくる。

 

この声聞いたことあるな、誰だっけ?とか、もうその目線が必要ない。

 

個人的には、英語音声で日本語字幕で十分だ。そっちの方が集中できる。無いけど。

 

海外版を買って見た方が良いのかな。

 

俳優に金使うなら、そのお金で3部作か、二部作にしてくれと思う。

 

CGのクオリティが良いだけにホントに中身が残念だ。

 

 

 

評価 ★★☆☆☆ (星2つ)

 

(まとめ:感想を書き始めたら急に低評価にしたくなったドラクエ劇場版。ドラクエを映画化した部分は大いに評価できるが、忠実に描くなら忠実に徹して欲しい。変な独自の解釈はいらない。ただそれだけだ。また変にゲーム画面も入れず、ドラクエの生きた世界観をちゃんとじっくり映像として構築してくれよと思う。音楽にしても、ただ挿入するだけでなく、アニメ用に作り直した方が良かったでしょう。シーンと音楽が全然合ってないし。これは、ピータージャクソンに監督してもらいたい。知らなくても彼なら上手く作ってくれるはず。)

 

 

>>ドラゴンクエスト ユア・ストーリー《通常版》 【Blu-ray】

 

 

JUGEMテーマ:アニメ映画全般

スポンサーサイト

  • 2020.08.07 Friday
  • 05:28
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>

    参加中

    にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
    にほんブログ村
    ブログランキング

    • seo
    レイシック病院比較



    管理人の最近のおすすめ作品

    齋藤飛鳥の良さ出てる!
    浜辺美波の良さ出てる!
    織田裕二の良さ出てる!

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 映画「妹の誘惑」の感想(ネタバレ)
      pinewood (11/24)
    • 映画「バイオハザード:ペイシェント・ゼロ」の感想(ネタバレ)
      管理人 (05/01)
    • 映画「バイオハザード:ペイシェント・ゼロ」の感想(ネタバレ)
      まさお (04/30)
    • 映画「超強台風」の感想(ネタバレ)
      管理人 (03/15)
    • 映画「超強台風」の感想(ネタバレ)
      まさお (03/14)
    • 映画「超強台風」の感想(ネタバレ)
      管理人 (03/14)
    • 映画「超強台風」の感想(ネタバレ)
      まさお (03/13)
    • 映画「ナンバー10」の感想(ネタバレ)
      管理人 (01/03)
    • 映画「アイアンクラッド ブラッド・ウォー」の感想(ネタバレ)
      管理人 (01/03)
    • 映画「アイアンクラッド ブラッド・ウォー」の感想(ネタバレ)
      葵 (01/03)

    recent trackback

    recommend

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM