映画「斬、」の感想(ネタバレ)

  • 2020.07.03 Friday
  • 07:42

■映画「斬、」の感想(ネタバレ)


■監督:塚本晋也
■出演:池松壮亮 蒼井優 中村達也 前田隆成 塚本晋也


【映画「斬、」のあらすじ】

黒船が到来し、開国か、なおも鎖国かで、世の中の意見もすっかり二分するようになった幕末の動乱期。藩を離れて浪人となった都築杢之進は、江戸近郊のとある農村に身を寄せて近隣の仕事を手伝う傍ら、農家の息子・市助に剣術を教え、その美しい姉・ゆうとお互いに心通じ合っていた。そんなある日、澤村という剣の達人が村にやって来る。自分と一緒に京都へ上って一旗揚げようと彼に誘われ、杢之進の心は大きく揺れ動くのだが…。

WOWOWから引用


【映画「斬、」の感想(ネタバレ)】

 

 

「鉄男」の塚本晋也監督が、池松壮亮、蒼井優を迎えた時代劇。

 

斬というタイトルに惹かれて見てみた。

 

内容は、タイトルそのまま、一人の浪人が人を斬ることを決断するまでを描いた話。

 

ちなみに、上記内容はほぼネタバレの内容であり、オチ(この作品の意図)を知らないで見てると、終始、主役の池松壮亮のダラダラした弱気な態度にコイツなんなんだよ!という文句しかない(笑)

 

別に元からヘタれなキャラならそれでもいいのだが、人に教えられるくらい剣術の才能があり、なんとなく、やりそうな雰囲気だけは醸し出しているが、大事なところで、具合が悪くなったり、ヘタレな態度を連発していて、一向に格好良いところが無い。

 

期待をさせといて、すべての期待をしっかり裏切ってくる。

 

こんなキャラもなかなかいないだろう。

 

このキャラクターを漫画で言えば、ヒーロー的主人公が物語の中盤位になって、圧倒的なボスの前で、挫折して敗れ、あるきっかけで人が変わったように強く生まれ変わっていく、そんな過程のシーンに該当する。

 

しかし、この作品では、そんなマンガで言えば中盤的な内容を、キャラクター紹介的な序盤(説明)を一切描かない状態で描いている。

 

なので、上記のように人物像が急に変に見えてしまうのだ。

 

そもそもちゃんとこの主人公を描くなら、精神的に未熟な部分というのは、生い立ちから彼が武士になろうとした時には、すでに自身の中ではあきらかになっていたことである。なので、その情報は、この主人公を描くなら、最初にあきらかにしてくれていた方が、断然話がわかりやすい。

 

それを農民の目線で、一人の浪人が手伝いにやって来たという形で描いたことで、実際はヘタレな浪人なのに、それが意図的かどうかはわからないが、ずっと隠された形になってしまった。

 

それが悪党一味の出現により、急に表に出てきてしまう。

 

視聴者は、この事実を一番結果が求められる大事なところで、変な形で向き合わせられることになる。

 

その結果、なんなんだコイツは?と、中盤になり、今頃になって、主人公の未熟さを知らされることになる。言ってしまうと彼への共感が離れてしまう。

 

この作品は、最後まで見てみればわかるが、人が人を殺せる(斬れる)ようになる動機はなんなのか?という究極的な部分を描いている話である。

 

なので、途中で、主人公に対して、なんなんだコイツ?という人物像に対する共感が離れてしまう感想は、いらないというか、不必要である。

 

彼を最初から描いていれば、そういう要素は普通にあった訳で、今更描くことではない。その情報をお互い共有していれば、ヘタレな行動にも多少理解ができて、共感が続きやすいのだ。

 

このことによって、中盤の話が大分混雑してしまっていて、物語の目的が何なのかが、わかりにくくなっている。愛なのかなんなのか。

 

最初に番組情報である程度、作品解説的な話を読んでいたからいいが、それを知らずにこの物語だけを追っていくと、ホントによくわからないだろう。自慰行為があったり、ただのエログロ映画かなとも思うこともしばしば。

 

ちなみに脚本や構成は悪いが、オチはなかなかだと思う。

 

他人が殴られ死のうが、好きな女が目の前で犯されようが、それでもまだ人を斬ることを決断できない、ただ自分が殺されるとわかった瞬間、その時、初めて相手を殺す(斬る)動機が人として無意識に発動する。

 

それが人を斬れるきっかけなのだろう。

 

 

 

評価 ★★★☆☆ (星3つ)

 

(まとめ:製作費が少ないのか、ところどころ感じるマイナー感のある塚本晋也監督の時代劇。塚本晋也自身も出演してるが、多数のメジャー作品に出る池松壮亮や蒼井優らと横に並んだ時に、俳優としての華が全く無い感じが逆にすごい。こんなにも映像に華が無いものかと。俳優にとって、華って大事だなと思う。っというか監督だけやって無理に前に出る必要はなかったのではと思う。)

 

 

てんとう虫は

 

上へ上へ向かおうとする

 

登る所がなくなると

 

天へ飛び立つんです

 

-?

 

 

>>斬、 【BLU-RAY DISC】

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:邦画

スポンサーサイト

  • 2020.08.07 Friday
  • 07:42
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>

    参加中

    にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
    にほんブログ村
    ブログランキング

    • seo
    レイシック病院比較



    管理人の最近のおすすめ作品

    齋藤飛鳥の良さ出てる!
    浜辺美波の良さ出てる!
    織田裕二の良さ出てる!

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 映画「妹の誘惑」の感想(ネタバレ)
      pinewood (11/24)
    • 映画「バイオハザード:ペイシェント・ゼロ」の感想(ネタバレ)
      管理人 (05/01)
    • 映画「バイオハザード:ペイシェント・ゼロ」の感想(ネタバレ)
      まさお (04/30)
    • 映画「超強台風」の感想(ネタバレ)
      管理人 (03/15)
    • 映画「超強台風」の感想(ネタバレ)
      まさお (03/14)
    • 映画「超強台風」の感想(ネタバレ)
      管理人 (03/14)
    • 映画「超強台風」の感想(ネタバレ)
      まさお (03/13)
    • 映画「ナンバー10」の感想(ネタバレ)
      管理人 (01/03)
    • 映画「アイアンクラッド ブラッド・ウォー」の感想(ネタバレ)
      管理人 (01/03)
    • 映画「アイアンクラッド ブラッド・ウォー」の感想(ネタバレ)
      葵 (01/03)

    recent trackback

    recommend

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM