映画「マックスペイン」の感想(ネタバレ)

2010.06.15 Tuesday 洋画 アクション/SF

■映画「マックスペイン」の感想(ネタバレ)



■監督:ジョン・ムーア 
■出演者:マーク・ウォールバーグ ミラ・クニス ボー・ブリッジス オルガ・キュリレンコ アマウリー・ノラスコ

同名人気ゲームをマークウォールバーグを主演に迎えて映画化した「MAX PAYNE/マックスペイン」。この話題の映画がWOWOWで初放送していたので、早速録画してみました。

ゲームから映画化というミラ・ジョヴォヴィッチ主演で今では大ヒットシリーズになっている「バイオハザード」と同じ流れですが、こちらの「マックスペイン」もたしか全米興行収入の週間ランキングで初登場でトップ10(トップ3?)入りした、それなりのヒット作だったと記憶しています。

自分はこの「マックスペイン」のゲーム版はやったことがなく、ストーリーも全く知りませんが、公開時に予告編で流れていた、マークウォールバーグの頭上で天が燃え上がるCGの映像がすごくてなんとなく印象に残っていました。

そんな状態でこの映画を見てみましたが、一言でこの映画の感想を言うと、よくわからない映画。

バイオハザードのようにゲーム版同様、アクション主体で物語が進んでいくのかと思いきや、こちらはサスペンス?が主体で、物語はじわじわと進む。

物語は、意外と単純でマークウォールバーグ演じるマックスペイン(※これが名前)が過去に殺された妻子の犯人を捜すという内容ですが、編集が悪いのかわかりませんが、ストーリーも掴みづらく、マックスペイン(主役)にあまり感情移入できないため、次はどうなるという主人公目線でのハラハラ感があまり感じられない。

個人的に、前半の1時間位は、だらだらと見させられるという感じで、後半、特殊部隊との室内での銃撃戦辺りから若干面白くなってくる。

また、途中に翼を生やした黒いサタンみたいなのが出てきて、ラストではこの魔物との死闘が見られるのかと、期待していたが、特にそういうわけでもない。ちなみに、予告編で流れていた、頭上が赤く燃え上がるCGの映像もドラッグの副作用による主人公らの精神的な部分を描写したもので、ストーリーとの直接な関係は、薄い。

この映画には、「007 慰めの報酬」 でボンドガールを演じたオルガキュリレンコも出演していますが、序盤で意外なほどあっさりと死んでしまい、なんだかなと思う。もう少し出番があっても良いが…。

一応エンドロールでは、2を予感する終わり方になっているが、「マックスペイン2」はどうだろうか…。



★☆☆☆☆ (評価 5点満点中1.5点)

(アクションやCGのクオリティはハっとするほど良いが、物語としてのハラハラ感が薄いのが難点。作りこまれたCG?の悪魔が精神的な描写だけで、終わってしまうのはなんとももったいない。エンドロールで流れる銃器の紹介ムービーみたいなのがあるが、これが意外とカッコイイ。)


マックス・ペイン 完全版


JUGEMテーマ:アクション映画全般

スポンサーサイト

2019.07.18 Thursday -

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • -
  • -
  • 0
    • -
    • -

    コメント

    コメントする








    この記事のトラックバックURL

    WOWOWのおすすめ番組!    

    Search

    管理人の記憶に残るおすすめ作品

    Links