海外ドラマ「救命医ハンク セレブ診療ファイル」第10話の感想(ネタバレ)

2010.12.01 Wednesday 救命医ハンク 救命医ハンク セレブ診療ファイル(ロイヤルペインズ)

■海外ドラマ「救命医ハンク セレブ診療ファイル」第10話の感想(ネタバレ)




WOWOWで再放送中の海外ドラマ「救命医ハンク セレブ診療ファイル」第10話を鑑賞。

【海外ドラマ「救命医ハンク セレブ診療ファイル」第10話のあらすじ】

ハンクはタッカーの17歳の誕生日にブライアント家を訪れ、タッカーの父親のマーシャルと再会する。彼は新しい秘書のブリジットを同伴し、やけに明るく振る舞う。ところが急にブリジットの様子がおかしくなり、その場で失神してしまう。バッグからは大量の薬物が見つかり、すべてマーシャルに処方されたものだった。マーシャルの薬物とアルコール依存症だということが明らかになり、タッカーはハンクに父親を治療するよう頼む。

※WOWOWから引用
-------

ハンプトンズに住むセレブの一人で謎が多い住人ボリスの紹介でハンプトンズに住み始めたハンクだが、ある日弟のエヴァンが、ボリス宅に巨大なタンクが搬入され、後をつけると地下の水槽の中でサメが飼われているのを目撃する。

ボリスの秘密を知ってしまったエヴァンだが、あくる日、自宅に帰るとボリスが勝手に部屋に入り待ち構えていた。エヴァンが秘密を知ったことに対し、ボリスは脅すようにそのことを口止めする。

ある日、ボリスから緊急で呼ばれハンクが家を訪れると、女性が大ケガをしていた。よく調べると、それはサメに咬まれた後だった。女性は大事には至らず治療を終えたが、サメを飼っていることを知ったハンクはサメがいるのは問題だと、専門機関に連絡しようとするが、ボリスはそれを止めさせる。

のちにサメに咬まれた女性がジルの親友でサメの研究者だとわかると、ボリスが行っているサメの研究に興味を持ち始める。サメの縁もあり急にボリスのメディカルドクターに指名されたハンクは、ボリスの血液サンプルを採取すると、検査のため病院に送る。

検査の結果、ある数値だけ気になったが、特に問題はなかったとボリスに告げる。

だが、時間が経ち、何かの病気の疑いがあったのかもとハンクは誤診に気づくと、ボリスに病気のことを伝えようとするが、それ以降、ボリスはハンプトンズから居なくなってしまう。ハンクは、病院に届けていたボリスの血液サンプルを詳しく調べようするが、なぜかサンプルがどこかに消えてなくなっていた。

ボリスのことが気になっていた矢先、彼からニューヨークに呼ばれ駆けつけたハンクだが、彼に会った第一声が「私を助けに来たつもりか、でも私の方が君を助けるかも」と言われ困惑する。

評価 ★★★☆☆ (星3つ)

(今回はハンク治療編とともに、これまで少しずつ話があった謎の男ボリス編が急展開を迎えている。急にサスペンスチックになり、こちらも目が離せない。ハンクの危機なのか次回が楽しみ。ちなみに治療編では、エヴァンが女友達として、付き合い始めた女性が、太陽に当たった部分が青くなってしまう症状が現れる病気を持っていた。全身アバターみたいな青さにビックリ。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ


JUGEMテーマ:その他
 

スポンサーサイト

2018.01.23 Tuesday -

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • -
  • -
  • 0
    • -
    • -

    コメント

    コメントする








    この記事のトラックバックURL

    Search

    管理人の記憶に残るおすすめ作品

    Links