映画「アバターオブマーズ」の感想(ネタバレ)

2010.12.23 Thursday B級洋画 映画レビュー

■映画「アバターオブマーズ」の感想(ネタバレ)



■監督:マーク・アトキンス 
■出演者:アントニオ・サバト・Jr. トレイシー・ローズ マット・ラスキー チャコ・ヴァダケス ノエル・ペリス

WOWOWで放送していた「アバター」の模倣映画「アバターオブマーズ」を鑑賞。


【映画「アバターオブマーズ」のあらすじ】

米軍特殊部隊員ジョン・カーターは、ある極秘任務中に重症を負ってしまった。だがベッドから起き上がることも出来ない彼に、軍は新たな任務を与える。それは体外離脱装置によって分身を別の銀河にある火星に送り込み、探査を行うというものだった。異星で超人的な肉体を得て目覚めたカーターだが、この星ではヘリウム王国とサルクス族との戦争が勃発していた。カーターはやがてサルクス族に仲間と認められ戦士となるのだが……。

※WOWOWから引用

【映画「アバターオブマーズ」の感想】

こちらの「アバターオブマーズ」というタイトルからもわかるとおり、ジェイムズキャメロン監督の大ヒット映画「アバター」を模倣している映画です。

重傷を負った兵士が、人体再生プログラムによって遠い火星で目を覚まし、超人的な肉体を持ち、そこで新たな任務に就くという、アバターの(車椅子の兵士→アバターになる)というコンセプトのみ引き継いでいます。

ただ、こちらの「アバターオブマーズ」はアバター?になっても、上半身裸の普通の人間なので、イマイチ「アバター」感はない。

しかし、アクションシーンやオーケストラの音響など、スペクタクルさは意外と感じる。

なぜかヒロインがポルノ映画に出てきそうな外見と服装で緊張感はなく、細かな部分でB級感はぬぐえない。

他にも、主人公と敵が混戦のすえ、巨大なハエに連れ去られ主人公はなんとかハエを振りほどき、地面に落ちるのだが、次のカットでは、地面での主人公の後ろでんぐり返しのみが挿入される。あれだけの勢いが、よくそれだけの衝撃に抑えられたものだと笑えてくる。斬新。

このように、カットカットで前場面との繋がりの悪さが目立つシーンが散見される。これはB級だからしょうがない。

評価 ★★☆☆☆ (星2つ)

(WOWOWの模倣映画特集で取り上げられていた、「ターミネーターズ」「パラノーマルエンティティ」「アバターオブマーズ」の三作品をすべて制覇してみましたが、この映画「アバターオブマーズ」が一番中途半端さが残る。映画としては、それなりにスペクタクルさは頑張っているが、アバターを模倣しているわりには、対して模倣し切れていない。全く別物という映画で見ればそれなりのB級作品だ。)

アバター・オブ・マーズ

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ



JUGEMテーマ:アクション映画全般
 

スポンサーサイト

2018.12.08 Saturday -

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • -
  • -
  • 0
    • -
    • -

    コメント

    コメントする








    この記事のトラックバックURL

    WOWOWのおすすめ番組!    

    Search

    管理人の記憶に残るおすすめ作品

    Links