海外ドラマ「ザ・パシフィック」第8話の感想(ネタバレ)

2010.12.31 Friday 海外ドラマ ザ・パシフィック レビュー

■海外ドラマ「ザ・パシフィック」第8話の感想(ネタバレ)



■製作総指揮:スティーヴン・スピルバーグ トム・ハンクス ゲーリー・ゴーツマン
■出演者:ジェームズ・バッジ・デール ジョー・マゼロ ジョン・セダ

WOWOWで放送していた海外ドラマ「ザ・パシフィック」第8話を久々に鑑賞。現在ちょうど再放送してますね。

【海外ドラマ「ザ・パシフィック」第8話のあらすじ】

ペリリューからパヴヴに帰ったスレッジたちだったが、彼らが尊敬する上官の死は隊員たちの心に暗い影を落としていた。一方、バジロンの人気ぶりは相変わらずだったが、操り人形のような生活に嫌気がさしていた。バジロンは戦時国債購入キャンペーンの使命は充分に果たしたと司令官に直訴し、訓練教官を志願する。その後、バジロンはキャンプ・ペンドルトンに赴任し、隊員たちの訓練を開始しようとするが……。

※WOWOWから引用

-------

【海外ドラマ「ザ・パシフィック」第8話の感想】

戦時国債購入キャンペーンのため戦地から離れ本国で仕事していたバジロンだが、自分の居場所ではないと上官に直訴し訓練教官に志願する。早速、新兵を訓練しようと兵を探すが、まだ集まっておらず、命令が下されず寝台でだらだらと過ごしていた2名の兵士を見つけ訓練を始める。

はじめは兵士としての心意気も、銃器の扱いもままならなかったが、バジロンが毎日直接指導していくと、次第に良くなる。そんな訓練をしながらバジロンは、看護士の軍曹の女性に一目ぼれをして交際を始める。退役が数ヵ月後に迫っていたが、バジロンは戦争がまだ終わっていないこと、戦地から途中離脱しており未練も残っていたため、退役を延ばし再び自ら戦地に赴くことを決める。

彼女とは順調に交際が続いていたが、当分彼女とは会えないため、バジロンは彼女のためにも別れることを決めていたが、彼女は「待ってる」と言い、バジロンはそれならと別れずに二人の未来のために先に進むことを決め結婚式を挙げる。

硫黄島に到着したバジロンら新兵達は、日本軍の激しい猛攻に仲間はどんどん倒れていく、バジロンも激しい銃撃を受け、そのまま地面に倒れてしまう…。

評価 ★★★★☆ (星4つ)

(韓国ドラマ「ロードナンバーワン」に浮気していたが、やっぱり「パシフィック」の戦場は凄まじい。砲弾銃撃などは、あられのように降り注いでおり、爆撃音など戦場のリアルさがすごい。今回は、クリントイーストウッドが映画化したことでも有名な「硫黄島」がその舞台になっている。(8話はタイトルが”硫黄島”)アメリカ軍にとって日本軍との硫黄島の戦いは、数的には優位であったにもかかわらず苦戦を強いられただけあって、ここの戦場シーンもやばい。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ


JUGEMテーマ:海外ドラマ「ザ・パシフィック」について
 

スポンサーサイト

2018.10.22 Monday -

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • -
  • -
  • 0
    • -
    • -

    コメント

    コメントする








    この記事のトラックバックURL

    WOWOWのおすすめ番組!    

    Search

    管理人の記憶に残るおすすめ作品

    Links