映画「チャイルドプレイ」の感想(ネタバレ)

2011.01.13 Thursday ホラー映画レビュー

■映画「チャイルドプレイ」の感想(ネタバレ)



■監督:トム・ホランド
■出演者:アレックス・ヴィンセント、ブラッド・ダーリフ、クリス・サランドン

WOWOWで放送していたホラー映画「チャイルドプレイ」を鑑賞。

【映画「チャイルドプレイ」のあらすじ】

シカゴを震撼させていた連続殺人鬼チャールズ・リー・レイは警察に追い詰められ、近くの玩具店へ逃げ込む。そこでついに彼は刑事に撃たれ、そばにあった人形に呪いの言葉を唱えながら絶命する。数日後。6歳の誕生日を迎えたアンディは、母カレンからおしゃべりするチャッキー人形をプレゼントされる。その人形こそ、チャールズの魂が乗り移った呪いの人形だった。やがてアンディとカレンの周囲では奇怪な事件が起こりだして……!?

※WOWOWから引用

-------

【映画「チャイルドプレイ」の感想】

子供の人形を使ったホラー映画で有名な「チャイルドプレイ」ですが、個人的にはじめてみたのですが、大人が見てもそれなりに怖い作品ですね。

ちなみにDVDのジャケット表紙に映っているチャッキー人形は、もともと子供の対話おもちゃとして”グッドガイ”という名前が付けられた商品(変な名前^^)に、殺人鬼が死ぬ間際にまじないでチャッキー人形に乗り移るのですが、普通に売られているスタンダードなグッドガイ人形がすでに怖い。

映画のなかではテレビで話題の子供に人気のおもちゃという設定ですが、子供のおもちゃとしてはグッドガイ人形は不気味過ぎて誰も買わないような気がします。

ちなみにチャッキー人形が自由に動くという設定ですが、遠いシーンでは、同じ服を着た小さい子供の吹き替えを利用しているとは思いますが、アップのシーンでは、火がついたまま動いたりしていて、機械の割にはなかなか人間に近い動きを見せます。

84年の映画「ターミネーター」では、T800を動かす技術がなく、コマ撮りで撮影していたため、むき出しのサイボーグが動くシーンの映像にかなり違和感がありましたが、(これが逆に怖かった)この88年の「チャイルドプレイ」は、技術の進歩なのか機械の力だけでなんとかまとめています。

体中が焼けただれているのに動くのはかなり気持ち悪いですね。


評価 ★★★☆☆(星3つ)

(この映画は88年製作と20年以上前の作品ですが、80年代の良きアメリカの都会の街並みがあり、ストーリー以前になんとなくノスタルジーさを感じてしまう。この時代は良かった。それはそうと、子供が母親のために朝食を作るシーンがあるのだが、パンはコゲコゲ、シリアルはぐちゃぐちゃで牛乳こぼしまくりと、この雑な感じに見ていてイライラが沸いてくる。チャッキー以前にこの子供(子役)が結構腹立つですよね。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ



JUGEMテーマ:Horror
 

スポンサーサイト

2019.10.12 Saturday -

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • -
  • -
  • 0
    • -
    • -

    コメント

    コメントする








    この記事のトラックバックURL

    WOWOWのおすすめ番組!    

    Search

    管理人の記憶に残るおすすめ作品

    Links