韓国ドラマ「ロードナンバーワン」第13話の感想(ネタバレ)

2011.01.15 Saturday 韓国ドラマ ロードナンバーワン あらすじ

■韓国ドラマ「ロードナンバーワン」第13話の感想(ネタバレ)



■監督:イ・ジャンス キム・ジンミン 
■出演者:ソ・ジソブ キム・ハヌル ユン・ゲサン チェ・ミンス ソン・チャンミン

WOWOWで放送中の韓国ドラマ「ロードナンバーワン」第13話を鑑賞。

【韓国ドラマ「ロードナンバーワン」第13話のあらすじ】

ジャンウとスヨンは救護所から出て、久しぶりにふたりだけの時間を過ごす。一方、テホはスヒにスヨンの居場所を問いただす。情報を聞き出したテホはふたりのもとに現れ、朝鮮労働党の一員だという疑いをかけられたスヨンを連行し、軍事裁判にかけようとするが……。一方、スヒョクはインスクを脅迫し、韓国軍と国連軍のパーティー会場に潜入しようと試みる。会場でテロを起こそうと計画するスヒョクだったが……。

※WOWOWから引用
------

【韓国ドラマ「ロードナンバーワン」第13話の感想】

スヨンと逃亡したジャンウだが、翌日にはテホがスヨンの妹のスヒから居場所を聞き出し、ジャンウがいない隙にスヨンを連れ戻し、国家の転覆を策略する者たちを裁く、反逆者委員会(もう少し良いネーミングはなかったのか(笑))に引き渡す。

テホがスヨンを連れて行くのを見たジャンウは仕方なく中隊に戻り、テホに抗議すると共に、スヨンの動向を大尉として見守ることにする。

一方、アメリカと韓国の幹部が集まる戦勝祈願パーティに出席することになったテホとジャンウは、第二中隊の警備のもと会場に赴く。しかし、そのパーティには爆破テロを計画していたスヨンの兄(スヒョク)とインスクもウエイターとして潜入していた。

テホに会いに来たスヒは、会場で兄のスヒョクがテロを起こそうとしてることを知り、止めに入るが、兄の意志は固く、スヒを部屋に閉じ込めると、実行に移そうとする。

閉じ込められた部屋からなんとか出たスヒは、窓ガラスを割り爆弾があることを伝えると、会場は大パニックになる。その騒ぎに紛れて爆弾に火をつけようとしたスヒョクにジャンウは拳銃を向けると、スヒョクに引き金を引く。

急所を外しジャンウに撃たれたスヒョクは、そのまま常駐していた警備の兵に肩を抱えられて車に連れて行かれる。

スヒョクが捉えられたことを知ったインスクは一人外に飛び出すが、テロの共犯者として周りから叫び声が上がると、2階から狙いをつけていた兵士に狙撃されてしまう。

2階から撃った兵士は、撃った女の顔を見ると、驚愕してしまう。ずっと探していた妹のインスクだった。インスクは血に塗れてすでに会話することも出来ず亡くなっていた。

撃たれたインスクを抱える兵士が泣き叫ぶのを横目で見たスヒョクは、車の後部座席に乗せられると、たまたま足元に見えた手りゅう弾を使い自爆を試みる。逮捕されたスヒョクの後を心配して追ったスヒは、車に近づいたところで、スヒョクの手りゅう弾が爆破し、スヒも車の爆発に巻き込まれてしまう。

駆けつけたテホの腕の中でスヒは、私のために初めて泣いてくれたと言葉を残すとそのまま息を引き取る。

スヨンの軍事裁判が開かれると、参考人聴取としてテホが出廷する。死刑という重い判決が下されているのを目にしながらも、ジャンウも傍聴席でスヨンの動向を見守ると、裁判官がスヨンとテロ事件との重要な関与について聞かれると、テホは「関係ある」と答えてしまう…。※続く


評価 ★★★☆☆ (星3つ)

(第13話は、「悲しい最期」とタイトルがつけられていますが、テホ、ジャンウを始め登場人物それぞれの別れがあり、別れがオンパレード。スヒョク、インスク、スヒと3人が同時に死んでしまう。これほどまでに1話の中に別れがあるドラマは見たことがない。気持ちの覚悟としては、スヒョクだけかと思ったが、インスクが死に、まさかのスヒの巻き添え。今後一体どうなってしまう?…)

ロードナンバーワン DVD-BOX1


にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ



JUGEMテーマ:韓国ドラマ
 

スポンサーサイト

2018.07.17 Tuesday -

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • -
  • -
  • 0
    • -
    • -

    コメント

    コメントする








    この記事のトラックバックURL

    WOWOWのおすすめ番組!    

    Search

    管理人の記憶に残るおすすめ作品

    Links