中国歴史大河ドラマ「孫子兵法大伝」の第1話の感想(ネタバレ)

2011.01.27 Thursday 中国歴史大河ドラマ 孫子兵法大伝

■中国歴史大河ドラマ「孫子兵法大伝」の第1話の感想(ネタバレ)



■出演者:チャン・フォンイー ユウ・ヨン
■監督:リュウ・シンガン

2011年1月からWOWOWで新しく放送開始した海外ドラマ。「孫子兵法大伝」(全35話)の第1話を見てみました。

【中国歴史大河ドラマ「孫子兵法大伝」の第1話のあらすじ】

紀元前515年、斉国。斉の氏族の鮑氏と高氏は、謀反の容疑で司馬穰苴の官位をはく奪し、彼を平民へと降格させる。弁明の機会もなしに行われたこの行動に対して司馬穰苴は怒りを見せるが、その影響で背中の古傷が開いてしまい、その場に倒れてしまう。彼は甥の孫武に“斉国を捨てて妻とともに他国へ逃げよ”と遺言を残し、孫武もそれに従って逃避行を始める。だがその背後には、鮑氏と高氏の兵たちが迫ってきていて……。

※WOWOWから引用

【中国歴史大河ドラマ「孫子兵法大伝」の第1話の感想】

孫子の兵法というと軍法書?で有名なその著者の孫子(孫武)が生きていた戦国時代を描いた中国ドラマ作品。映画「レッドクリフ」で曹操を演じたチャンフォンイーが主役の孫子(孫武)役を演じています。

この孫子の物語については全く無知ですが、第1話を見るからにそれほど歴史を知らなくても、意外とすんなり入っていきます。基本三国志みたいな感じで勢力争いや権力争いがあり、それにより国が揺れていくといった感じですね。

第1話では、孫子(孫武)が、斉国を追われて、追っ手に捕まると家族を守るために、自分が書いた書物すべて燃やすという印象的な場面がある。その後、呉の季札(きさつ)という人物に助けられる。呉では、権力争いにより、公子光が暗殺を企てると、孫子は季札に連れられ一緒に呉に入る。

今のところ導入部分で、孫子の兵法のようなものは出ていないが、ところどころ孫子(孫部)の頭の良さが覗える決断や発言もある。

評価 ★★★☆☆ (星3つ)

(「ロードナンバーワン」が終了してしまったので、代わりのシリーズドラマとして急浮上したのが、この中国歴史大河ドラマ「孫子兵法大伝」ですが、始めは全くついていけない話かと思いきや、意外と物語はシンプルで人物関係と勢力図さえ頭に入れば、普通に見れてそれなりに面白い。今後も注目です。全35話なので、すべて観終わるにはかなりのロングランになりそうです。最後まで持つか…。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ


JUGEMテーマ:海外ドラマ
 

スポンサーサイト

2017.12.10 Sunday -

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • -
  • -
  • 0
    • -
    • -

    コメント

    コメントする








    この記事のトラックバックURL

    Search

    管理人の記憶に残るおすすめ作品

    Links