映画「変身」の感想(ネタバレ)

2011.02.02 Wednesday 邦画レビュー

■映画「変身」の感想(ネタバレ)



■監督:佐野智樹
■出演者:玉木宏 蒼井優 佐田真由美 山下徹大 松田悟志 釈由美子 北村和夫
  
WOWOWで放送していた玉木宏、蒼井優共演の映画「変身」を鑑賞。

【映画「変身」のあらすじ】

病院のベッドで長い昏睡状態の末にふと目を覚ました1人の青年。過去の記憶を失っていた彼に、恵という名の少女が“ジュン!”と優しく呼びかける。ジュンこと成瀬純一は、もともと絵が好きで、画材店に毎週通ううち、そこで働く恵と親しい間柄になったことなど、かつての自分の記憶を次第に取り戻していく。やがて無事退院した純一だが、実はある事故が原因で脳の移植手術を受けた彼は次第に別人のような性格を見せ始める。

※WOWOWから引用

【映画「変身」の感想】

脳移植によって死地から助かった男が、移植された他人の脳によって以前の人格を失い、新たな人格に変わってしまうという”変身”がテーマの東野圭吾原作のサスペンスラブストーリー。

頭に銃弾を受け脳移植したことで助かった青年が、以前にずっと一緒にいようと約束し愛していた女性への気持ちも、移植後に日を追うごとに薄れてしまうという愛の切ない物語もあるのだが、描き方が不十分なのか、この不幸な主人公にあまり感情移入できない。

この映画は、移植された脳は一体誰の脳?(自分を撃った犯人の者)という謎解きサスペンスと、それによって一つの愛が失われていくラブストーリーの二つが混在しているのだが、どちらに偏ることなく両方とも中途半端な感じで終わっている。

ストーリーは、原作にかなり沿って作られているらしいが、映画としての完成度はイマイチ感は拭えない。※っというか原作自体が東野圭吾のなかでも、失敗作という噂もある。

ただ、ヒロインを演じている蒼井優は役柄とマッチしているのか魅力は全開で、蒼井優が良いという指示している人の気持ちがこの映画を観ると理解できる。

初々しさと健気さ、純粋さが画面がから溢れていて、彼氏の人格が変わり、急に邪魔者扱いされてしまう姿が見ていられないほど可哀想だ。

評価 ★★★☆☆ (星3つ)

(蒼井優を目当てで見たい人におすすめの映画。人格が悪に支配された成瀬(玉木宏)が、佐田真由美演じる病院で働く女性:橘直子を襲ってしまうシーンがあるが、久々に服を強引に引きちぎったらボタンが飛ぶといういやらしい演出を見た。この不自然なシーンは佐田真由美側に濡れ場NGがあったようなそう感じるシーンだった。)


 変身 (2005)/玉木宏DVD/邦画


にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ


JUGEMテーマ:邦画
 

スポンサーサイト

2018.07.15 Sunday -

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • -
  • -
  • 0
    • -
    • -

    コメント

    コメントする








    この記事のトラックバックURL

    WOWOWのおすすめ番組!    

    Search

    管理人の記憶に残るおすすめ作品

    Links