映画「ノーボーイズ、ノークライ」の感想(ネタバレ)

  • 2011.02.10 Thursday
  • 06:23
■映画「ノーボーイズ、ノークライ」の感想(ネタバレ)



■監督:キム・ヨンナム
■出演者:妻夫木聡  ハ・ジョンウ 貫地谷しほり チャ・スヨン イ・デヨン 徳永えり 柄本佑 あがた森魚
  
WOWOWで放送していた映画「ノーボーイズ、ノークライ」を鑑賞。

【映画「ノーボーイズ、ノークライ」のあらすじ】

韓国からおんぼろボートで密輸品を運ぶ青年ヒョングと海岸で荷物を受け取る日本人の青年・亨。仕事上の知り合いに過ぎなかった2人は、あるときヒョングが何者かに襲われ、荷物が消えたことから協力することになる。ようやく見つけたその荷物とは、なんと1人の少女チスだった。彼女は、父親が組織の金を持ち逃げしたために人質とされたのだという。ヒョングと亨は、チスからの報酬目当てに彼女の父親探しを引き受けるのだが……。

※WOWOWから引用

【映画「ノーボーイズ、ノークライ」の感想+あらすじ】

日本の妻夫木聡と韓国のハジョンウが共演した韓国のキムヨンナム監督作品。原題は「THE BOAT 〜NO BOYS NO CRY」

幼いときに母親と別離し、育ての親で組長をしている小父(おじ)のために、韓国から船で日本の山口に密輸を手伝う青年ヒョングとヒョングのおじ(組長)の下で働く日本人青年:亨との交流を描く。

日本人青年の亨の策略により、ある人質の女を預かったヒョングは、それが原因でおじの組から追われることになる。人質の女は、組の金を持ち逃げしたまま現在も逃亡中の男の娘だった。人質の娘を逃がしたことで、組は血眼で捜していた。

すべての事情を知ったヒョングは、娘の提案で奪った金の一部を受け取る約束で亨とともに行方不明になった父親探しを協力することになる。

組を裏切り危険を冒してまで大金が欲しいという亨には、理由があった。

亨の妹は、組長の子供と結婚していた。その妹には子供が3人、そのうち一人は重度の病気に掛かっており、さらに認知症の祖母もいる。20代の若さでそれら家族のすべての責任を負っていた亨は、大金と引き換えに自分の人生を取り戻そうとしていた。

幼いときに母親と別離し、それ以後は自分のためだけに何も責任を負うことなく生きてきた男ヒョングと、家族という重み(責任)をすべて背負ってきた亨という価値観の全く違う二人の男。

金を持ち逃げした男が見つかった時、おじから「人質を連れてこなければ、母親を殺す」と脅されたヒョングは、母親を思い出し、初めて家族の重み(責任)を体感する。

ヒョングの母親が殺されるという話を聞いた亨は、自分が一人で話をつければ問題ないといい自分の家族のめんどうを頼むとヒョングに言い、車で向かい始める。

その道中、ラジオから韓国語のヒアリングが流れてくると、ヒョングは途中で亨を車から降ろすと、一人でおじのいる組に向かう。

おじや組員にボコボコにされたヒョングは、「母親とお前どっちが先に死ぬ」と聞かれると、「自分が先に…」と答える。手足を縛られ足には錘をつけられると、ヒョングは海に投げ込まれる。

海に落とされたヒョングを海底から亨が救い出すと、人工呼吸をするが、ヒョングは目を開けず…。


評価 ★★★★☆ (星4つ)

(この映画は、”価値観”というテーマがあり、それぞれの登場人物の抱える現実があり、その価値観の違いが上手く描かれている。2人の子供と病気の子供、認知症の祖母、貞操が軽く誰の子供か解らずすぐ妊娠してしまうアホな妹。そんな家族の全責任を背負ってしまった亨は頭を抱え常に悩んでいたが、亨の元彼女も久々に会うと「死にたい」と口にするほど、落ち込んでいた。よくよく話を聞くと、スーパーのレジでおばあちゃんのおつりを間違えてしまったといい、ひどく自分を責めていた。その話を聞いていた亨は軽く笑みを浮かべる。見ているほうにツッコマせるようなこの辺の変な空気感がこの映画の魅力でもある。

また、商店街で開催されていたカラオケ大会に、家族と自分への苛立ちから飛び入りで参加し歌っていた亨をたまたま見たヒョングは自分も参加し、二人でパフィの歌を熱唱したりする。※ちなみにヒョングは、別シーンでは浜崎あゆみのMARIAを一人で熱唱している。

なぜかヒョングと初めて会った時に使っていた亨の韓国語が”ヨボセヨ”(もしもし)を使っているなど。弱コメディの要素も含まれている。ぜひ韓国に行ったらこの”ヨボセヨ”を挨拶に取り入れてみたい。※妻夫木聡が韓国語を使っていたが、韓国ドラマに親しんでいる自分でも特に違和感が感じられず、かなり自分のモノにしていた。さすが。なんとなく日本俳優と韓国俳優が映画やドラマで共演すると、韓国俳優>日本俳優となる場合が多く見られるが、今回の妻夫木君はかなり健闘していた。)


ノーボーイズ、ノークライ


にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ


JUGEMテーマ:韓国映画全般
 

スポンサーサイト

  • 2020.08.07 Friday
  • 06:23
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    CATVにて視聴しました
    良い作品でしたよ
    特にヒョングが亨の祖母や子供達と
    団らんしている所が和みました
    • 雑貨Huton
    • 2015/01/12 2:07 PM
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>

    参加中

    にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
    にほんブログ村
    ブログランキング

    • seo
    レイシック病院比較



    管理人の最近のおすすめ作品

    齋藤飛鳥の良さ出てる!
    浜辺美波の良さ出てる!
    織田裕二の良さ出てる!

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 映画「妹の誘惑」の感想(ネタバレ)
      pinewood (11/24)
    • 映画「バイオハザード:ペイシェント・ゼロ」の感想(ネタバレ)
      管理人 (05/01)
    • 映画「バイオハザード:ペイシェント・ゼロ」の感想(ネタバレ)
      まさお (04/30)
    • 映画「超強台風」の感想(ネタバレ)
      管理人 (03/15)
    • 映画「超強台風」の感想(ネタバレ)
      まさお (03/14)
    • 映画「超強台風」の感想(ネタバレ)
      管理人 (03/14)
    • 映画「超強台風」の感想(ネタバレ)
      まさお (03/13)
    • 映画「ナンバー10」の感想(ネタバレ)
      管理人 (01/03)
    • 映画「アイアンクラッド ブラッド・ウォー」の感想(ネタバレ)
      管理人 (01/03)
    • 映画「アイアンクラッド ブラッド・ウォー」の感想(ネタバレ)
      葵 (01/03)

    recent trackback

    recommend

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM