映画「12ラウンド 復讐のデスマッチ 」の感想(ネタバレ)

2011.02.27 Sunday 洋画 アクション/SF

■映画「12ラウンド 復讐のデスマッチ 」の感想(ネタバレ)



■監督:レニー・ハーリン 
■出演者:ジョン・シナ  エイダン・ギレン アシュレイ・スコット スティーヴ・ハリス ブライアン・J・ホワイト

WOWOWで放送していた映画「12ラウンド 復讐のデスマッチ 」を鑑賞。

【映画「12ラウンド 復讐のデスマッチ 」のあらすじ】

ニューオーリンズ市警の刑事ダニーは、極悪非道なテロリストのマイルズを必死の追跡の末に逮捕するが、その捕物劇のさなかにマイルズの恋人が過って命を落とし、彼の逆恨みを買うはめに。復讐心に燃えるマイルズは、やがて脱獄するとダニーの恋人モリーを人質として拉致し、街のいたるところに仕掛けた12の罠を無事制限時間以内にクリアしないと、彼女の命はないぞと、ダニーに対して恐るべき挑戦状を突きつけるのだった…。
※WOWOWから引用

【映画「12ラウンド 復讐のデスマッチ 」の感想(ネタバレ)】

最近ヒット作がない「クリフハンガー」「ダイハード2」のレニーハーリン監督がWWE所属のプロレスラーで俳優のジョンシナを迎えたアクション大作。

内容は、ジョンシナ演じる警官ダニーに逮捕されたテロリストが、逮捕時に一緒にいた恋人を失った逆恨みから、1年後に刑務所を脱獄すると、警官ダニーに復讐を始める。

犯人からタイムリミット付きの無理難題ゲームを押し付けら、それに主人公が翻弄されるという流れは、「ダイハード3」や「スピード」といった映画を彷彿する。

カーアクションをはじめエレベーターアクション、ヘリコプターアクションなど都会で出来る緊張感のあるアクションが盛りだくさんで、なんとなく、この主役の適役は”ブルースウイルス”(マクレーン刑事)なんじゃないかと思うほど、「ダイハード3」のあるシーンが何度も頭を過ぎった。


評価 ★★★☆☆ (星3つ)

(派手なアクション満載なので映画館(ホームシアター)向きの映画。テレビで見てしまうと迫力の部分でかなり劣ってしまうので、大画面とサラウンドは必須ですね。頭をからっぽにしてアクションに身をゆだねたい人におすすめ。

「クリフハンガー」のレニーハーリン監督ということなのか、ビルの屋上からヘリに飛び移るシーンを見て「クリフハンガー」のスタローンを思い出した。この映画は、映画を観ながら他の映画を思い出すという変な作品でもある。そして、ヒロインに起用しているアシュレイスコットもヒロインという役にしては、微妙な可愛さ。タイトルに12ラウンドと言われているので、途中であと○ラウンドとストーリーの量を予想できてしまうのは痛い。)


12ラウンド 特別編

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ



JUGEMテーマ:アクション映画全般
 

スポンサーサイト

2019.12.09 Monday -

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • -
  • -
  • 0
    • -
    • -

    コメント

    コメントする








    この記事のトラックバックURL

    WOWOWのおすすめ番組!    

    Search

    管理人の記憶に残るおすすめ作品