韓国ドラマ「私は伝説だ」第4話の感想(ネタバレ)

2011.03.02 Wednesday 韓国ドラマ カムバックマドンナ〜私は伝説だ

■韓国ドラマ「私は伝説だ」第4話の感想(ネタバレ)



■監督:キム・ヒョンシク
■出演者: キム・ジョンウン イ・ジュンヒョク キム・スンス ホン・ジミン チャン・シニョン ジュニ チャン・ヨンナム

WOWOWで放送中の韓国ドラマ「私は伝説だ」第4話を鑑賞。

【韓国ドラマ「私は伝説だ」第4話のあらすじ】

 ソルヒたちのマドンナバンドのディレクターにテヒョンが就任。だが、ソルヒは彼が自分たちを演奏のできないアマチュアバンドとして見下しているように感じ、ことあるごとに反発する。そんなある日、ソルヒはバンドメンバーに、離婚訴訟を起こしていることを告白する。メンバーはソルヒの手助けをするため、裁判で彼女が有利になるような証拠を手に入れようと画策し、ジウクの尾行を試みるが……。

※WOWOWから引用
------

【韓国ドラマ「私は伝説だ」第4話の感想+あらすじ(ネタバレ)】

ジウクの目の前で離婚届を破り捨てたソルヒは、ジウクのせいで中止になってしまったラニのテレビ収録が再開できるよう、テレビ関係者に会いに行く。

テレビ局で撮影監督?を捕まえると、テレビ番組出演への想いを伝えるが、「上の命令だから社員の自分にはどうしようもできない」と言われてしまう。

しかし、ソルヒが帰った後、AD?からソルヒが有名な法曹界のジウクの妻だと聞かされた撮影監督は、特ダネだと思い上司に報告する。

ソルヒの想いが伝わったのか、テレビ撮影は再開されるが、監督はメインを務めるボーカルのラニではなく、ギターのソルヒをボーカルにしようと提案する。

仲間はずれにされたラニは、一人楽屋で苛立つが、ソルヒの持ち物から離婚についての資料を偶然発見すると、スタジオに戻り、離婚の噂が出ていると私生活についてソルヒに質問する。ソルヒは我慢できず、隠していた離婚のことをみんなの前で告白する。

ラニの口から出たソルヒの離婚の噂が事実だったことを知ったメンバーはショックを受ける。そのことが原因で撮影も中断してしまう。

ソルヒが離婚で悩んでいることを知ったメンバーは、一人で帰ってしまったソルヒの家を訪ねると、一緒に酒を飲んで慰める。

スインとファジャは、ソルヒのためにソルヒの夫ジウクの浮気現場を押さえようとアルムを引き連れジウクの車を尾行する。ホテルで浮気相手の女性と会っていることを確認したメンバーは、ソルヒに連絡し、一緒に泊まっているホテルの部屋に突撃する。

しかし、ジウクは浮気していたわけではなく、部屋には数名の男もいて、会議の真っ最中だった。ジウクの浮気の現場は押さえることができず、作戦は失敗に終わる。

離婚の裁判が開かれる前日、ソルヒは、以前ジウクの家で遣えていた使用人や運転手へ裁判への証言の協力を要請していたが、ようやく運転手がソルヒの証人として出廷してくれることになる。

当日、ソルヒは運転手からジウクとの夫婦生活が正常ではなかったという証言を取ることに成功するが、ジウクの不倫相手の女性でもあり、やり手の弁護士スンヘから反対尋問されると、ソルヒはジウクにお金目当てで結婚した結婚詐欺という事実無根の証言を取られいきなり窮地に追い込まれてしまう。続く…


評価 ★★★☆☆ (星3つ)

(第4話では、ソルヒがなぜ左利き用のギターを弾いている理由が語られた。ちなみにニルヴァーナのカートコバーンみたいでかっこいいからという理由だった。さすがに音楽ドラマだけあって、意外と音楽用語(海外バンド名)が出てきて、登場人物の奥行きがわかって面白い。)

私は伝説だ 韓国ドラマOST (SBS)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ


JUGEMテーマ:韓国ドラマ
 

スポンサーサイト

2017.10.14 Saturday -

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • -
  • -
  • 0
    • -
    • -

    コメント

    コメントする








    この記事のトラックバックURL

    Search

    管理人の記憶に残るおすすめ作品

    Links