映画「彼岸島」の感想(ネタバレ)

2011.03.21 Monday 邦画レビュー

■映画「彼岸島」の感想(ネタバレ)



■監督:キム・テギュン
■出演者:石黒英雄 渡辺大 水川あさみ 山本耕史 弓削智久 森脇史登 足立理 半田晶也 瀧本美織

WOWOWで放送していた映画「彼岸島」を鑑賞。

【映画「彼岸島」のあらすじ】

高校生の明は、謎の美女・冷と知り合った矢先、人間とは思えない生命力を持つ何者かに襲われてしまう。かろうじて逃げ延びた明は、冷から婚約者と旅行に出かけたまま行方不明となった兄・篤が生きていると教えられ、彼女の導きで仲間たちと共に絶海の孤島・彼岸島へと向かう。だがそこは、吸血鬼となった住人たちが支配する恐怖の島だった。囚われた明たちは、吸血鬼たちのリーダー・雅と対面し、冷にだまされたことを知るが……。

※WOWOWから引用

【映画「彼岸島」の感想(ネタバレ)】

松本光司の同名人気コミックを韓国映画『火山高』『オオカミの誘惑』『百万長者の初恋』で有名な韓国のキムテギュン監督がメガホンを取った日韓合作のサバイバル・アクションホラー。

冒頭、中盤、ラストと時間が経つごとに内容がどんどん変わっていく異色作。

単純に原作コミックが30巻以上あり(※現在も継続中)、その辺のストーリーをきゅっとまとめるとこんなことになってしまうようだ。

【送料無料】彼岸...

【送料無料】彼岸...
価格:560円(税込、送料別)



冒頭は、映画「サイレン」のような始まりで、孤島で一人の男がゾンビ?から逃げ、襲われるところから始まる。

このフリでホラー重視の映画かと思いきや、そこから離れた普通の街では、急に映画「ブレイド」に出るような人間離れしたヴァンパイヤが一人現れると、主人公達を襲い始める。ここでちょっとホラーよりもアクションテイストが多めになってくる。

そして、ある女(水川あさみ)からずっと行方不明になっている主人公の兄貴が”彼岸島”にいると聞くと、主人公は仲間とともに”彼岸島”に助けに向かうが、そこには、バンパイヤがたくさんいて、すぐに捕まってしまう。

なんとか隙を見てヴァンパイヤのもとから脱出すると、”彼岸島”で一人生き延びていた兄貴とばったり再会する。

それ以降、兄貴と行動を共にするが、急にバンパイヤの大ボス(山本耕史)が現れると、バンパイヤたちが主人公らを襲い、死闘が始まる。なぜか兄貴はブレイドの主人公(ウェズリースナイプス)ばりに刀と特殊な火薬を操り、ヴァンパイヤと戦い始める。

兄貴の力で命からがら逃げ切った一向は、ヴァンパイヤに家族を襲われた生き残りの人達が集う、忍者の里みたいな場所で英気を養う。そこには、兄貴に武術を教えた師匠がいて、ヴァンパイヤに対抗する武術を仲間に教えていた。

さきほど逃げるときにヴァンパイヤに囚われてしまった友人を助けるため、主人公は、師匠から武術を教わり修行を始める。

主人公は、実の兄貴よりも才能があったため、少し修行するだけで、急に人間離れした強さ(力)を見せ始める。そして、強くなった主人公はヴァンパイヤの根城に捕らえられた友人の救出に向かう。

しかし、ヴァンパイヤの根城には、でかい魔物がおり、ここから急にロードオブザリング1の洞窟内でのトロールとの死闘ばりのスペクタクルな魔物との派手なアクションシーンに突入する。

そしてラストは、主人公は兄貴と力を合わせ、ヴァンパイヤのボスと対峙し倒すのだが…。

最終的には、サバイバルアクションホラーというジャンルで語れるが、2時間の中にこの進行の速さでは全くついていけず。

特に、主人公への共感(感情移入)という部分では、主人公に共感できないため0点です。

この主人公は、感情的に物事を考えるタイプでいわゆる熱い人間なのだが、物事に感情的に反応しているだけで、見ていてイライラしてしまう。(※たぶんこの主人公のバックボーンの描写が足りないため、こちらの気持ちが全くついていけてないのが原因と思われる)

とりあえず一旦落ち着こう。と言いたい。

そして、この映画の中で一番イライラする人間は、主人公の友人。

自分から仲間と離れた友人が、なぜ僕を助けに来ないんだと、後になって主人公らに詰め寄るシーンがあるのだが、友情をテストするのは良いけど、なぜ今なんだと状況を考えなさいと言いたい。

その言葉に主人公らは何も言えず、たじたじしてしまう。ここもイライラですね。


評価 ★★★☆☆ (星3つ)

(共感と言う部分では0点だが、CGオンパレードのラストのスペクタクルシーンは、かなりの迫力がある。ヴァンパイヤ役で白塗りの山本耕史の演技も始めは誰かわからない位変わっていて板についている。そして、水川あさみとの若干の濡れ場シーンがある。しかし、始めの方で流れる、スリガラス越しの水川あさみのシャワーシーンは、吹き替えか、何か胸に盛っているような気がしてならない。水川あさみはスレンダーなのでそんなに胸はないはずだが。)


彼岸島

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ


JUGEMテーマ:邦画

スポンサーサイト

2018.04.19 Thursday -

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • -
  • -
  • 0
    • -
    • -

    コメント

    コメントする








    この記事のトラックバックURL

    WOWOWのおすすめ番組!    

    Search

    管理人の記憶に残るおすすめ作品

    Links