映画「噂のモーガン夫妻」の感想(ネタバレ)

2011.04.16 Saturday 洋画 恋愛/ラブストーリー

■映画「噂のモーガン夫妻」の感想(ネタバレ)



■監督:マーク・ローレンス
■出演者:ヒュー・グラント サラ・ジェシカ・パーカー エリザベス・モス マイケル・ケリー サム・エリオット メアリー・スティーンバージェン キム・ショウ ウィルフォード・ブリムリー

WOWOWで放送していた映画「噂のモーガン夫妻」を鑑賞。

【映画「噂のモーガン夫妻」のあらすじ】

敏腕弁護士ポールとマンハッタンの不動産女王メリルというモーガン夫妻。超セレブ夫婦として知られる2人だったが、その裏ではポールの浮気が原因で夫婦仲が悪化、離婚の危機を迎えていた。ある時、ポールはメリルとの関係を修復しようと食事に出かけるが、その帰りに殺人事件を目撃、犯人に顔を見られてしまう。事情を知った警察は夫婦に証人保護プログラムを適用、夫婦は偽名を使って田舎に身を隠すことになるのだが……。

※WOWOWから引用

【映画「噂のモーガン夫妻」の感想(ネタバレ)】

「トゥー・ウィークス・ノーティス」のヒューグラントと海外ドラマ「SEX AND THE CITY」シリーズのキャリー役でお馴染みのサラジェシカパーカー共演のロマンチックラブコメディ。

夫の浮気が原因で別居中のあるセレブ夫婦が、ひょんなことから殺人事件を目撃してしまい、それが原因でヒットマンから追われる身に。危険回避のための証人保護プログラムが適用になり、セレブ夫婦は都会を離れ、田舎でしばし同居生活を送ることに…。

この映画の監督は前回見たサンドラブロック主演の「トゥー・ウィークス・ノーティス」と同じマークロレンス監督だが、内容はこちらの方が数段上といえる。※興行収入では、3億ドルと8500万ドルで完敗しているが。

「トゥー・ウィークス・ノーティス」で感じた中だるみ要素がほぼ解消され、途中のジョークやコメディの豊富さ、夫婦が愛情を取り戻すまでのロマンチックさもほどよくブレンドされていて面白い。コメディが強い作品なので涙を流して感動する作品ではないが、嫌味にならない笑いですっきりと見れる。

やっぱりラブコメディは、どちらか一方が始めから片思いをしている状態があると、感情移入しやすく入っていきやすい。ヒューグラントのダメ男役がいい。

この映画は、夫が惨めになっても妻とやり直そうと奮闘しているが、機会がもらえず上手いかない。そんなときに”証人保護プログラム”という強制的な同居生活により、再度夫婦に時間が与えられる。夫婦再生のテーマ(秘訣)も語られ、なかなか良い話。


評価 ★★★★☆ (星4つ)

(主演のサラジェシカパーカーは大分年を取ってしまったが、この人の声は個人的にツボで聴いていると毎回ゾクゾクしてくる。この人のスピードラーニングがあれば欲しい。個人的にこのサラジェシカパーカーの良さは、アメリカの女性には珍しく年を取っても純真な子供っぽい可愛さがずっと残っているところでしょう。ちなみにジェニファーアニストンも同じ。)

最後にこの映画の中の心に残る言葉を。※シェイクスピアの言葉は、ナルシスでロマンチックさがすごい。


二人の絆に邪魔を入れぬよう

事情や相手によって心を動かす

それは愛ではない

愛とは動じぬ目印のようなもの

嵐に遭っても決して揺るがない


-シェイクスピア-


噂のモーガン夫妻 コレクターズ・エディション

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ


JUGEMテーマ:恋愛映画 一般
 

スポンサーサイト

2019.12.09 Monday -

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • -
  • -
  • 0
    • -
    • -

    コメント

    コメントする








    この記事のトラックバックURL

    • -
    • 管理者の承認待ちトラックバックです。
    • - | 2011/04/16 5:14 PM
    WOWOWのおすすめ番組!    

    Search

    管理人の記憶に残るおすすめ作品