韓国ドラマ「カインとアベル」第4話の感想(ネタバレ)

2011.04.17 Sunday 韓国ドラマ カインとアベル

■韓国ドラマ「カインとアベル」第4話の感想(ネタバレ)



■監督:
■出演者: ソ・ジソブ シン・ヒョンジュン チェ・ジョアン ハン・ジミン キム・ヘスク ハ・ユミ クォン・
ヘヒョ

WOWOWで放送していた韓国ドラマ「カインとアベル」第4話を鑑賞。

【韓国ドラマ「カインとアベル」第4話のあらすじ】

チョインが行方不明となり2カ月が経った。ソヌによる院長の手術成功や、チョインの消息がつかめない事から、役員達は脳医学センター設立を支持するようになる。一方、チョインは北朝鮮の元軍人、オ・ガンチョルに命を助けられたものの、過去の記憶を失っていた。そんな中、警察に追われるガンチョルの仲間が銃弾に倒れてしまう。その頃、上海に渡ったソヨンとソヌは、共にチョインの捜索を続けていた。

※WOWOWから引用
------

【韓国ドラマ「カインとアベル」第4話の感想+あらすじ(ネタバレ)】

チョインが中国で消息を絶ってから数日後、ソヨンの携帯に外交事務所から連絡が入る。チョインのものと思われる所持品が届けられたという連絡にソヨンとソヌは中国に向かう。

所持品のカメラからチョインのものと分ると、二人はチョインが滞在していたホテルを訪れ、残された持ち物からチョインの足取りを追うが、途中で行き詰ってしまう。

2ヵ月後、チョイン不在のポソン病院では、脳医学センター設立決定の記念パーティが行われていた。ソヌが院長に施したオペの成功により、脳医学への評価が上がり、副院長派の脳医学センターがどうにか作られることになる。

中国公安部から目を付けられたヨンジは、寝床を変え別の場所で屋台売りの仕事を始めるが、今度は北朝鮮の警察から追われ始める。

ヨンジの兄ガンチョルは、もともと北朝鮮での軍の幹部をしており、アメリカやヨーロッパへの武器売買の取引ルートを開拓していた。

しかし、そんな幹部のガンチョルが脱北したことで、北朝鮮の警察は、海外への取引ルートを失うリスクと、亡命により他国への機密情報漏れを恐れ、血眼になって追っていた。そして、その追っ手が妹ヨンジのところまで迫っていた。

一方、砂漠で死に掛けていたチョインは、北朝鮮からの脱北者で構成されたある集団に出会い、助けられていた。その集団は麻薬の売買で稼いだ金で、北朝鮮に残してきた家族を助けようとする脱北者の集まりだった。しかし、麻薬絡みのため常に命の危険にさらされていた。

頭を撃たれ記憶喪失に陥っていたチョインは記憶を求め、その集団と共に生活していたが、ある銃撃戦の中、血を流し負傷した者を見つけたチョインは、無意識に人工呼吸を施していた。

自分が医者だったと感じ始めたチョインは、銃弾を受け負傷していた仲間を救うため、仲間と共に病院に押し入り、薬や血液、器具など必要なものを盗み、心配停止状態だった仲間を見事に助ける。

婚約者のソヨンは、チョインを失った日からずっと中国で彼の捜索を行っていた。チョインを失ったショックからソヨンは自分の体調に気にかけることなく、雨の中でもチョインの行方不明の張り紙が剥がれないよう作業していた。

ソヌは、雨の中体に無理をしているソヨンを見つけると、すぐに辞めさせようとするが、ソヨンはチョインを諦められないと言い、全くいうことを聞かない。しばらくして、ソヨンは無理がたたり心臓発作で倒れてしまう。

ソヌはすぐに救急車を呼び病院にソヨンを連れて行くと、外で待ってくださいと言う中国人の医者を押しのけ、自ら執刀する。何度も電気ショックや心臓マッサージを行い、死に傾くソヨンの命をギリギリのところでなんとか呼び戻す。

ポソン病院の副院長派は、脳医学センターの設立が正式に決まると、さらに院長派の人間を排除しようと新たに薬品横領という策を練っていた。副院長派にとって設立が順調に進んでいた時、院長から雇われたという弁護士が病院に現れる。

弁護士が来た理由は、新たに作られる設立センターについての全権はチョインに委任するという、院長が意識を失う前に書いたという誓約書を渡すためだった。新たに出た院長の誓約書により脳医学センターの設立に障害が生じ始める。

仲間を救ったチョインは、脱北者のリーダーからも信頼され、家族の写真を見せられる。そこにはリーダーとともに映る、ただ一人の肉親だという妹が映っていた。それは、ガイドをしてくれたヨンジだったが、チョインは何も思い出せなかった。チョインは、知らずにヨンジがずっと会いたがっていた兄のガンチョルと行動をともにしていた。

ガンチョルは、中国人との麻薬取引の日程を取り決め、その取引が成功すれば、それを最後に脱北者の仲間達とは別れることになっていた。

最後の取引に力が入るメンバーだったが、ガンチョルが麻薬の取引を交わした相手の中国人にはすでに北朝鮮の警察が、裏から手を回していた。

取引当日、ガンチョルと他メンバーは、二手に別れ取引現場に向かうが、ガンチョルとチョインは、待ち伏せに合い、銃を向けられてしまう…。

評価 ★★★☆☆ (星3つ)

(とりあえず22日から始まるアイリスのスピンオフ「アテナ」開始までの時間つぶしに録画しておいた「カインとアベル」だが、これがなかなか盛り上がってきて面白い。ヨンジやガンチョルなど”脱北者”のテーマがあるが、常に追われる身の逃亡者の生活は、厳しく泣けてくる。家族を脱北させるために麻薬密売の犯罪に手を染めていくというリスクも高い。脱北問題(北朝鮮問題)にはため息しか出ない。)

SBSドラマ ソ・ジソブのカインとアベルO.S.T. Part.2:Brotherhood.

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ



JUGEMテーマ:韓国ドラマ
 

スポンサーサイト

2019.09.03 Tuesday -

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • -
  • -
  • 0
    • -
    • -

    コメント

    コメントする








    この記事のトラックバックURL

    WOWOWのおすすめ番組!    

    Search

    管理人の記憶に残るおすすめ作品

    Links