映画「ザ・エッグ〜ロマノフの秘宝を狙え〜」の感想(ネタバレ)

2011.04.28 Thursday 洋画 サスペンス/ミステリー

■映画「ザ・エッグ〜ロマノフの秘宝を狙え〜」の感想(ネタバレ)



■監督:ミミ・レダー
■出演者:モーガン・フリーマン アントニオ・バンデラス ラダ・ミッチェル ロバート・フォスター ラデ・シェルベッジア マーセル・ユーレス ジョシュア・ルービン

WOWOWで放送していた映画「ザ・エッグ〜ロマノフの秘宝を狙え〜」を鑑賞。

【映画「ザ・エッグ〜ロマノフの秘宝を狙え〜」のあらすじ】

伝説の大泥棒キースは、生涯最後の大仕事としてロマノフ王朝の秘宝《ファベルジェのイースターエッグ》に標的を定めた。贅を尽くして作られた一連のエッグのうち、ほとんど見たものがいないとされる幻の2個、それがある有名宝石店の金庫室に眠っていると突き止めたのだ。キースは、地下鉄の中でダイアモンドを盗み取る鮮やかな手口を見せた同業者・ガブリエルを相棒にスカウトし、難攻不落の金庫を破るために入念な準備を重ねる。

※WOWOWから引用

【映画「ザ・エッグ〜ロマノフの秘宝を狙え〜」の感想(ネタバレ)】

モーガンフリーマンアントニオバンデラスという意外な面子が共演したサスペンス映画。

難攻不落の宝石店の金庫室に眠る秘宝を強奪するべく、伝説の泥棒と若手の凄腕泥棒が協力して挑むという話。

いわゆるプロの宝石泥棒らの話だが、後半に掛けて騙し合いのような二転三転するストーリーは意外と見ごたえがある。

映画「ミッションインポッシブル」ではないが、久々に厳重な金庫室に仕掛けられたレーザービームの監視を潜り抜けて…というような泥棒映画のお決まりの設定を見せられ、ハラハラドキドキ感を味わった。

この映画には、なぜかR-15指定相当の視聴制限が付けられていたが、見てみると内容とは特に関係なく、アントニオバンデラスとラダミッチェルのラブシーン(サービスショット)の描写が原因と思える。WOWOWでは、この部分にボカシの処理が加えられていた。

いつもながらセクシー俳優アントニオバンデラスのラブシーンは、結構きわどいところを攻めているなと思う。


評価 ★★★☆☆ (星3.5個)

(二転三転するストーリー展開があるが、アントニオバンデラス目線では騙され負けみたいな終わり方。それとは逆に最初からしてやったりのモーガンフリーマンだった。結局、極悪人はいないという結果で、悪い終わり方ではないが、そんなもんかなという感じのやや不満が残るラスト。監督は「ディープインパクト」「ペイフォワード」(2000年)以来作品を出していなかったミミレダー。)


ザ・エッグ〜ロマノフの秘宝を狙え〜


にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ


JUGEMテーマ:サスペンス映画全般
 

スポンサーサイト

2019.09.19 Thursday -

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • -
  • -
  • 0
    • -
    • -

    コメント

    コメントする








    この記事のトラックバックURL

    WOWOWのおすすめ番組!    

    Search

    管理人の記憶に残るおすすめ作品

    Links