映画「シャッターアイランド」の感想(ネタバレ)

2011.05.05 Thursday 洋画 サスペンス/ミステリー

■映画「シャッターアイランド」の感想(ネタバレ)



■監督:マーティン・スコセッシ
■出演者:レオナルド・ディカプリオ マーク・ラファロ ベン・キングスレー ミシェル・ウィリアムズ エミリー・モーティマー マックス・フォン・シドー

WOWOWで放送していた映画「シャッターアイランド」を鑑賞。

【映画「シャッターアイランド」のあらすじ】

ボストンの沖合に浮かぶ孤島、シャッター・アイランド。そこには心を病んだ犯罪者を収容する病院があったが、本来なら厳重な監視下にあるそこから、レイチェルという名の女性患者が失踪する事件が発生。彼女のゆくえを追うべく、連邦捜査官のテディは相棒のチャックと共に島を訪れるが、実はテディにはもう1つ重大な目的があった。というのも、彼は愛妻ドロレスを火災で失ったが、その原因を作った放火犯レディスが島にいて……!?

※WOWOWから引用

【映画「シャッターアイランド」の感想(ネタバレ)】

マーティンスコセッシ監督とレオナルドディカプリオが四度目のタッグを組んだサスペンスミステリー作品。

■映画『シャッター・アイランド』 予告



劇場公開当初の予告編CMでは、犯人は誰?的な謎説き要素の強い作品として売り出していたが、実際見てみると、触れ込みCMとのズレを感じて若干違和感を覚えてしまう。映画を観ながらCMの知識がちょっと邪魔になる。

この映画を一言で説明するなら、”精神異常患者(犯罪者)の想像世界を追体験出来る作品”といえる。

そしてタイトルにある「シャッターアイランド」という閉ざされた島の””は、精神異常患者(犯罪者)の創造世界を現実に作り上げて治療を施すという最先端?の隔離病院だ。

ただ、前フリ部分に当たる前半こそ盛り上がりに欠けるが、真相に近づく後半は編集の上手さ、ディカプリオの演技などが素晴らしく、第一級サスペンス映画に仕上がっている。

ラストは、一番信用していた主人公(レオナルドディカプリオ)が追い込まれるという、急に目線が犯人側に180度切り替わるという若干シックスセンスのようなオチだが、精神異常という病気を患者目線で体験できるという意味では素晴らしい作品。

こんな世界観で生きていたら、現実なのか妄想なのか本人では全く判断がつかない。


評価 ★★★★☆ (星4つ)

(「人間のすべての感覚(感情を含め)は、脳が判断している。」を始めこの映画ではセリフの隅々までかなり練られていて、興味深い内容が語られている。特に感情的になった精神異常患者に対して”トラウマ”の話から思考停止させようとする言葉巧みな会話術は、続きが気になり聞き入ってしまった。目の前の感情を無視して、直接脳に問いかける話し方(内容)は、精神病院で働くには必須なのかもしれない。)

シャッター アイランド 【DVD】


にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ



JUGEMテーマ:サスペンス映画全般
 

スポンサーサイト

2019.09.03 Tuesday -

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • -
  • -
  • 0
    • -
    • -

    コメント

    コメントする








    この記事のトラックバックURL

    WOWOWのおすすめ番組!    

    Search

    管理人の記憶に残るおすすめ作品

    Links