映画「ゴッドファーザー PART掘淵僉璽3)」の感想(ネタバレ)

2011.05.11 Wednesday 洋画 ギャング/マフィア

■映画「ゴッドファーザー PART掘淵僉璽3)」の感想(ネタバレ)



■監督:フランシス・フォード・コッポラ
■出演者:アル・パチーノ ダイアン・キートン アンディ・ガルシア ソフィア・コッポラ タリア・シャイア ブリジット・フォンダ ジョー・マンテーニャ ヘルムート・バーガー ジョン・サヴェージ フランク・ダンブロシオ

WOWOWで放送していた映画「ゴッドファーザー PART掘淵僉璽3)」を鑑賞。

【映画「ゴッドファーザー PART掘淵僉璽3)」のあらすじ】

1979年。マイケルをドンとするマフィアのコルレオーネ・ファミリーに、マイケルの亡くなった兄ソニーの遺児である甥ビンセントが新たに加わることになり、マイケルの娘メアリーは彼といい雰囲気に。やがてマイケルはバチカンの事業を取り仕切り、犯罪稼業から一切手を引くと宣言。だが同意できないファミリーの一部はマイケルに対して謀反を企てだす。一方、糖尿病に苦しむマイケルはドンの座をビンセントに譲ろうと考えるが……。

※WOWOWから引用

【映画「ゴッドファーザー PART掘淵僉璽3)」の感想(ネタバレ)】


「ゴッドファーザー」シリーズ3部作のラストを飾る完結編。

ドンになったマイケルのその後と父親ビトの青年期を描いた2作目の「ゴッドファーザー PARTII(パート2)」も良かったが、この3作目も完成度は非常に高い。

3作目では、マフィアから引退し、次第にビジネスマンとして合法的なビジネスに乗り換えていく年老いたマイケル(アルパチーノ)の姿と、新たにパート1で亡くなったソニーの息子に当たるビンセント(アンディガルシア)がコルレオーネファミリーの跡継ぎとして、頭角を現していく姿が描かれる。

この「ゴッドファーザー」3部作はどれも捨てがたく良い。パート1(マーロンブランド、アルパチーノ)、パート2(アルパチーノ、ロバートデニーロ)に比べると、パート3(アルパチーノ、アンディガルシア)のインパクトは薄くなってしまうが(さすがにアンディガルシアでは荷が重い)、ラストのオペラ上映中の裏で繰り広げられるマイケル暗殺等の暗躍シーンは、重厚な音楽と編集で素晴らしい仕上がりになっている。

ここの完成度は上質でなかなかお目にかかれない。

どのシリーズも完成度は高いため、あとは好みになるような気がするが、個人的には、パート2>パート1>パート3 またはパート1>パート2>パート3という順位の評価を下したい。

パート3は、マイケルが死にファミリーのドンが甥のビンセントに引き継がれるわけだが、娘メアリーが抗争に巻き込まれ亡くなると、それを追うようにしばらくしてマイケルも亡くなってしまう。

父ビトの亡き後コルレオーネファミリーを引き継いだマイケルの一生とともに「ゴッドファーザー」も終わるわけだが、パート3の終わりがなんだか上手く収まりすぎて、拍子抜けするほど最後は言うことがない。

気になる点をひとつ挙げるとすれば、なぜ最後に愛娘メアリーが巻き添えで死ぬのか?ここはマイケルが死んだ方が良かった気がする。

娘メアリーが死んだ方がマフィアに身を置き悪事を働いた男(マイケル)の一生の意味合い(罪と罰)としては深さいものがあるが、この娘役がなぜかコッポラの実の娘ソフィアコッポラを使っている点が、ストーリーなのかコッポラの親バカなのか判断が難しい。

そういう疑惑を生んでしまうという部分で完成度を下げていてとても残念だ。


評価 ★★★★☆ (星4.5)

(「ゴッドファーザー パート3」では、ドンとしてのマイケルの名言が数多く見られる。この点は、パート3の見どころといえる。さすがマフィアの頂点に立つ人間(ドン)。言葉数は少ないが、本質をついた名言を残している。最後は、マイケルの名言をいくつか紹介して締めます。)


友情と金は

水と油だ


考えを言葉に出すな


敵を憎むな

判断が鈍る


目は開けて

口は閉ざせ


政治と犯罪

コインの裏表

-マイケルコルレオーネ

ゴッドファーザー PART III デジタル・リマスター版 【DVD】

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ


JUGEMテーマ:おすすめの一本!!(洋画)
 

スポンサーサイト

2019.12.09 Monday -

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • -
  • -
  • 0
    • -
    • -

    コメント

    コメントする








    この記事のトラックバックURL

    WOWOWのおすすめ番組!    

    Search

    管理人の記憶に残るおすすめ作品