映画「赤い糸」の感想(ネタバレ)

2010.07.05 Monday 邦画レビュー

■映画「赤い糸」の感想(ネタバレ)



■監督:村上正典
■原作:メイ
■出演者:南沢奈央 溝端淳平 木村了 岡本玲 石橋杏奈 桜庭ななみ 柳下大 鈴木かすみ

南沢奈央、溝端淳平、木村了など若手俳優が出演した話題の映画「赤い糸」がWOWOWで再放送してたので録画してみました。

この映画のあらすじは、偶然同じ誕生日(2月29日)の二人(南沢奈央と溝端淳平)が出会い、付き合ったが、過去が原因で別れてしまい、また再会するという、運命的な話。

清純派の南沢奈央がヒロインを演じているが、「赤い糸」とやわらかいタイトルが付けられた割には、話は重くてかなりディープ。なんとなく新垣結衣の映画「恋空」を思い出します。

南沢奈央演じる芽衣は、溝端淳平演じるアツシと付き合うが、修学旅行中にアツシは家族から連絡があり途中で帰ってしまう。翌日アツシがいなくなっため一人で行動することになった芽衣のもとに、芽衣に好意を抱く同級生の男(木村了)が声を掛け、一緒に行動する。

しかし、男(木村了)は、仲の良い別の友人(女子)と行動する約束になっていたため、一緒に行動しているところをその友人に見られ、信頼を裏切る形になってしまう。全くの誤解だったが、その友人はショックのあまり屋上から飛び降り自殺をしてしまう。なんとか一命を取り留めたが、誤解を解き関係を修復する前に友人は、別の学校に引っ越してしまう。

ある日、芽衣の家にアツシが訪れると一方的に別れを告げられ、どうすることもできず、そのまま関係が終わってしまう。

学校では、自分のせいで自殺に追い込んでしまったことで、芽衣は他の同級生からいじめに合うようになる。ただ、自殺の原因になった同級生の男(木村了)が、芽衣を庇うと、卒業後から二人は付き合うことになる。

付き合い初めはやさしかったが、別の学校に通う男は、芽衣の帰宅時や休日など毎日会いたいと、彼氏として彼女(芽衣)を束縛するようになる。芽衣がそれに答えられなくなると急にキレて、暴力を振るいだす。

彼氏は、DV男になり、芽衣の仲の良かった友達は、学校に来なくなると、知らないうちにドラッグの道に進んでいた。その後、DV男は、改心するが、芽衣との待ち合わせ中に車に轢かれ、交通事故で芯でしまう。

最終的には、アツシと再会し、元サヤに戻る?という赤い糸を感じさせるハッピーエンド的な感じになったが、自殺、DV、ドラッグ、交通事故などこれでもかとテーマが目白押しで、それらがすべて南沢奈央演じる芽衣に訪れるため、苦痛で仕方ない。

特に初めの友人の自殺なんかは、芽衣にしたら、全く本意ではないので、いい迷惑でしょう。そして、その流れでいじめとか、全くわけわからない。そんなときに支えてくれるはずの男(アツシ)もさっさといなくなるし…。散々なヒロインですね。


評価 ★★☆☆☆ (星2つ)

(赤い糸というテーマは良いが、妙に他のテ−マを盛り込みすぎていて、芯がブれてしまっている。ラブストーリーの割に、ラストもそれほど感動できない。すでに初めの段階でネタバレ(赤い糸)してるからだと思いますが。感動よりイライラの方が多い映画。)


赤い糸 special edition



JUGEMテーマ:邦画

スポンサーサイト

2019.09.19 Thursday -

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • -
  • -
  • 0
    • -
    • -

    コメント

    コメントする








    この記事のトラックバックURL

    WOWOWのおすすめ番組!    

    Search

    管理人の記憶に残るおすすめ作品

    Links