映画「ソラニン」の感想(ネタバレ)

2011.05.25 Wednesday 音楽もの 映画レビュー

■映画「ソラニン」の感想(ネタバレ)



■監督:三木孝浩
■出演者:宮崎あおい 高良健吾 桐谷健太 近藤洋一(サンボマスター) 伊藤歩 ARATA 財津和夫

WOWOWで放送していた映画「ソラニン」を鑑賞。

【映画「ソラニン」のあらすじ】

大学時代の音楽サークルで知り合って以来、6年となる種田と芽衣子は、現在、小さなアパートで同棲中。音楽への夢を今なお諦めきれない種田は、フリーターをしながらバンド活動を続け、OLとなった芽衣子が2人の生活を何とか支えていた。やがて種田はバイトを辞めて音楽活動に打ち込み、デモCDを作り上げて売り込みに奔走するが、厳しい現実の壁にぶちあたることに。そんなある日、思いがけず種田が交通事故に巻き込まれ……!?

※WOWOWから引用

【映画「ソラニン」の感想(ネタバレ)】

宮崎あおい主演で描く浅野いにお原作の同名マンガの映画化作品。

音楽と夢と現実がテーマだが、この映画は目の前の現実にかなり焦点が当てられており、等身大でもがく人間模様がリアルに描かれている。

宮崎あおいが彼氏の遺志を引き継ぎバンドを始めるという役柄を演じており、普通にギターと歌を披露している。さすが本格派?女優の”宮崎あおい”なのか、ギターも吹き替えではなくしっかり習得し弾きこなしている。これはエライ。※しかもロックなリフを…(笑)

そして、気になる歌の方もアフラックで御馴染みだが、そつなくこなし音を外さない。最近サントリーのCMで芸能人が「上を向いて歩こう」を歌わされていて、そのなかでも人気若手女優、吉高由里子の隠された歌唱力がモロばれになっているが、宮崎あおいは演技だけでなく歌にも隙がない。

ちなみに俳優桐谷健太もこの映画でドラマー役を演じているが、生ドラマを叩き普通に上手い。そして、ベースは、近藤洋一というサンボマスターのメンバーが映画初出演ながらベースを担当し、このバンドを支えている。

ラストに行われる3人のライブ演奏も、しっかりとライブバンドになっているのはこの映画の一つの見どころでしょう。スタジオ風景なども吹き替えなくリアルです。

ただ、音楽モノ映画の割りに、音楽に対する憧れ要素は薄く、厳しい現実の壁に阻まれて苛立ち苦悩する姿の方が多くなんとも見ていて胸が痛い。個人的にこういう人生の悩みと向き合い模索するテーマの映画は、あまり好きではない。

現実で疲れているのに、映画でもリアルに疲れたくないのが本音で、精神世界は見栄を張ってでも常に現実の縛りを超えて圧倒していなければならないと思う。

あとせっかく宮崎あおいが出演しているのに、すでに付き合っているところからスタートしていることもあり、恋愛的憧れや甘さがないので、物足りなさが残る。宮崎あおいとの同棲生活は良いが。

個人的には、この映画はベーシストの近藤洋一演じるイケてない加藤が主役だったら、かなり嵌っていたかもしれない。心の傷を赤裸々に路上で歌う上から目線のケイ(鮎川)との恋模様は、共感できかなり良い。鮎川を演じている岩田さゆりの舌足らずな話し方が沢尻エリカ(S)っぽくて良い。

評価 ★★★☆☆ (星3つ)

(個人的にどうしても主役の種田に理解はできても心から共感できないのが痛い。結局途中で死んでしまい宮崎あおいにバンドをバトンタッチするための、役どころという気もしてしまう。それとは別にベースの加藤は、存在自体が共感に値していてもったいない…。ちなみにタイトルにある”ソラニン”とは、じゃがいもの芽ののことらしい。)


俺にとって人生ってのは

ただ生きてくってことだけで

いいのかもな

-ビリー


ソラニン スタンダード・エディション


にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ


■宮崎あおい 映画「ソラニン」 ギターモデル

劇中で宮崎あおいが弾いていた亡き彼氏のギターは、フェンダーのムスタング。ムスタング使いと言えばチャー(char)でもあるが、このギターは、なかなかカッコイイ。
 


JUGEMテーマ:邦画
 

スポンサーサイト

2018.04.22 Sunday -

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • -
  • -
  • 0
    • -
    • -

    コメント

    コメントする








    この記事のトラックバックURL

    WOWOWのおすすめ番組!    

    Search

    管理人の記憶に残るおすすめ作品

    Links