映画「海猿 ウミザル」の感想(ネタバレ)

2011.08.01 Monday 邦画 アクション/スペクタクル/SF

■映画「海猿 ウミザル」の感想(ネタバレ)



■監督:羽住英一郎
■出演者:伊藤英明 加藤あい 海東健 香里奈 伊藤淳史 藤竜也 國村隼 杏子

WOWOWで放送していた映画「海猿 ウミザル」を鑑賞。

【映画「海猿 ウミザル」のあらすじ】

仙崎大輔ら若き海上保安官14人は、全保安官中たった1%しかいない人命救助のエキスパート、潜水士を志願し、海上保安大学校で厳しい研修を受けることに。大輔自身は潜水士に適した才能を発揮していくが、研修では主任教官・源の指示で、潜水士にむいているとはいえなさそうな青年、工藤と相棒(バディ)を組まされることに。そんな大輔だが、ある日、ファッション誌の女性編集者である環菜と出会い、急速に彼女と惹かれ合っていく。

※WOWOWから引用

【映画「海猿 ウミザル」の感想(ネタバレ)】

潜水士を目指す若き海上保安官らの活躍を描いた人気漫画の映画化第一作。

海上保安庁の全面協力?など結構お金の掛かっている映画のひとつ(※詳細は不明)ですが、邦画の大作アクション映画によくありがちな、派手なアクションに力が入りすぎて中身が全くない作品とは、一線を画す良作品。

個人的にみんなが注目するような大作映画をベタボメするのは、気が引けますが、この映画は、そういうことすらも忘れさせてくれるほど、登場人物のそれぞれのバックボーン(挫折感、やり切れない思い等)が嫌味なく理解でき、知らずに感情移入でき素晴らしい。

伊藤英明(仙崎)と加藤あい(環菜)の恋愛も、いちいち言葉で語らず雰囲気(空気感)で理解させるドライな関係も好感が持てる。※なぜか海猿の加藤あいは、かなり昔なのに色あせず今でもすげえ良い。

そして、途中に訪れる衝撃的な伊藤淳史演じる工藤の突然の死などは、稀に見る悲しさと衝撃で素晴らしい展開。ここの病院シーンの俳優の演技はリアルで場の空気の緊張感がよく出ている。仲間の突然の死ってたぶんこんな感じでしょう。

ドラマや映画で人が死んでしまうシーンがいろいろあるが、個人的にこの工藤の突然の死の衝撃度は、漫画「タッチ」の和也の交通事故死や、サッカー漫画「シュート」での久保の病死、ドラゴンボールのピッコロの死などと並ぶ印象度だった。

その後の残された者たちに訪れる心の空虚さの空気感もすごく良く出ていた。


評価 ★★★★☆ (星4.5)

(原作は読んでいないがこの映画は、ほぼ文句なし。ストーリーも海上保安官が訓練中に事故が起きるが自分らで解決…とかなり内輪な話で幕を閉じたが、それ位でちょうど良いと思う。そして、テーマ曲に洋楽バンド「ジャーニー」の「open arms」を使っているがこれがすごく合っている。この音楽に助けられていた部分もあると思う。個人的に力の入った邦画の大作映画の中でも久々すんなり感情移入が出来る良い映画だった。)



海猿 Blu-ray


にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ


JUGEMテーマ:邦画
 

スポンサーサイト

2019.09.03 Tuesday -

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • -
  • -
  • 0
    • -
    • -

    コメント

    コメントする








    この記事のトラックバックURL

    WOWOWのおすすめ番組!    

    Search

    管理人の記憶に残るおすすめ作品

    Links