映画「ニュームーン トワイライトサーガ」の感想(ネタバレ)

2010.07.26 Monday 映画レビュー

■映画「ニュームーン トワイライトサーガ」の感想(ネタバレ)



■監督:クリス・ワイツ 
■出演者:クリステン・スチュワート ロバート・パティンソン テイラー・ロートナー アシュリー・グリーン レイチェル・レフィブレ

ステファニーメイヤーの原作「トワイライト」を映画化し興行収入が2億ドル近い大ヒットになった「トワイライト 初恋」の続編に当たる「ニュームーン トワイライトサーガ」が早くもWOWOWで初放送していたので早速録画してみました。

トワイライト(上)

トワイライト(上)

価格:735円(税込、送料別)



前作は、女子高生のベラが、クラスメートのエドワードがヴァンパイヤだと知りつつも、一途に恋に突き進み、ベラの血を狙う他のヴァンパイアとの死闘などもあり、かなり見ごたえがあったように記憶していますが、この「ニュームーン トワイライトサーガ」はハッピーエンドを迎えたベラとエドワードのその後を描いている。

始まってまもなく、エドワードが普通の生活をして欲しいとベラの元から消えてしまい、しばらくエドワードは出てこなくなる。ただただ失恋に沈み、抜け殻のようになってしまったベラに、序盤からストーリーは急に重くなる。

いきなりの重い展開にかなり肩透かしを食らって、気持ちが入り込めずにいたが、近くに住む先住民の少年ジェイコブの登場によって再び話が面白くなる。このジェイコブは狼に変身できる。※ファイヤーエンブレムで言うところのラグズ(半獣)ですね。

エドワードとの失恋の気持ちを埋めるようにジェイコブとの時間を作るベラだが、エドワードを忘れられずにジェイコブとの間で気持ちが揺れ動く。

ベラに好意を寄せるジェイコブだが、あと一歩のところでベラは振り向かず、エドワードの影が邪魔をする。結局ジェイコブは、エドワードがいない間何度もベラを助けるが、気持ちの部分ではベラに何度も振られ、その都度心に傷を負う。

ここのベラ、エドワード(影)、ジェイコブの三角関係は面白く、ベラのジェイコブに対する優柔不断な態度(行動)は、主人公なのに共感できず腹が立ってしまうほど。ジェイコブの役回りは可哀想です。そんな共感できない三角関係があるが、なぜかハラハラしながら最後まで見てしまう映画。

この映画の魅力は純愛(人間ドラマ(ヴァンパイヤだけど))に重きを置いていて、アクション部分は、その中のひとつの要素に過ぎないので、予告編にあるようなアンダワールドやヴァンヘルシングなどヴァンパイヤアクションが観たいと思って、観るととかなり損をする。

っということでヴァンパイヤや半獣が出てくるが、カテゴリはヴァンパイヤ映画ではなく、恋愛映画として見るのがおすすめ。


評価 ★★★★☆ (星4つ)

(よくわからない魅力がある映画。今までのヴァンパイア映画とは一味も二味も違う。ヴァンパイア界の掟(伏線)などもあり、今後の次回作(続編)も楽しみです。この映画には、ゲスト?として「宇宙戦争」や「アイアムサム」でお馴染みの子役のダコタファニングが最後に特殊能力を持つヴァンパイヤとして出演している。知らないうちに子役と言われたダコタファニングも実年齢は16歳になっており、もう子役ではないが、きれいに育っている)


ニュームーン/トワイライト・サーガ プレミアムBOX


JUGEMテーマ:トワイライト ステファニー・メイヤー

スポンサーサイト

2019.09.19 Thursday -

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • -
  • -
  • 0
    • -
    • -

    コメント

    コメントする








    この記事のトラックバックURL

    WOWOWのおすすめ番組!    

    Search

    管理人の記憶に残るおすすめ作品

    Links