中国映画「殺人犯」の感想(ネタバレ)

2011.10.29 Saturday 中国映画/香港映画/ レビュー

■中国映画「殺人犯」の感想(ネタバレ)



■監督:ロイ・チョウ
■出演者:アーロン・クォック チャン・チュンニン チョン・シウファイ チェン・カンタイ タン・チュンヤッ

WOWOWで放送していた映画「殺人犯」を鑑賞。

【映画「殺人犯」のあらすじ】

香港警察特捜班の主席警部レンは、愛する妻子と幸せな家庭生活を送る毎日。最近猟奇連続殺人の謎を追っていた彼は、ある日通報を受けて事件現場に向かうが、そこで何者かに襲われて記憶を失うはめに。その後病院のベッドで目覚めた彼は、同僚の警部が意識不明の重体に陥っていることを知らされる。捜査チームの一員から外されたレンは、独自に調査を続けるが、その後も彼に不利な証拠が相次いで見つかり、疑心暗鬼に囚われていく。

※WOWOWから引用

【映画「殺人犯」の感想(ネタバレ)】


香港4大天王の1人というアーロンクォック主演のサスペンススリラー。

もしかしたら自分が連続殺人犯なのか?という事件当時の記憶をすべて失ってしまった一人の刑事の物語。

主人公が犯人?”という斬新?なテーマを描き、あらすじを読んだだけで、興味を惹かれ録画してしまったが、内容は、テーマに負けじとなかなか面白い。

ただ、二重人格路線(妄想)なのか他者の陰謀なのかは、最後まで見ないと真実は確定しない。いつでも編集で「それはウソでした」とどっちにも転びそうな勢いだ。

ラスト30分位で予想外の驚愕の事実が判明するが、それも含めて主人公の妄想じゃないかという展開が頭の片隅に残る。

ほぼ他者の陰謀路線で物語が確定していても主人公の”記憶喪失”という障害があるのと、自らがすでに殺人を犯してしまっている以上、ラストを迎えてもあまりすっきりしない。※結局のところあそこで殺しちゃダメでしょう。主人公が最後に電動ドリルを持って追い回すところは、ゲーム”かまいたちの夜”のバッドエンディングの雰囲気がある。

この映画は、もう少し良いまとめ方があったような気もするが…とりあえず主人公の子供のチャイチャイのどんくささと演技が最後まで腹立ちます。


評価 ★★★☆☆ (星3.5)

(テーマは面白く最後まで飽きさせないが、じわじわ謎が解明されていく感じが無く、後半で一気に解ける感じ。謎が解けた後、急にこの物語はすごいエロいなと感じてしまったのは自分だけだろうか。っというのもヒロインのチャン・チュンニンが美人過ぎてチャイチャイには嫉妬するばかり。このチャンチュンニンだが、日本の掘北真希木村多江を足して2で割った感じで、角度によっては掘北真希に見えなくも無いが、このクラスの美人は見ない。最近はリンチーリンだけでなく台湾出身者は美人が多い。)


お前の女房が恋しいぜ

-?

殺人犯 【DVD】


にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ


JUGEMテーマ:サスペンス映画全般
 

スポンサーサイト

2020.01.27 Monday -

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • -
  • -
  • 0
    • -
    • -

    コメント

    コメントする








    この記事のトラックバックURL

    WOWOWのおすすめ番組!    

    Search

    管理人の記憶に残るおすすめ作品