映画「エクソシズム」の感想(ネタバレ)

2011.11.10 Thursday ホラー映画レビュー

■映画「エクソシズム」の感想(ネタバレ)



■監督:マヌエル・カルバージョ
■出演者:ソフィー・ヴァヴァスール スティーヴン・ビリントン ダグ・ブラッドレー リチャード・フェリックス ジョー=アン・ストッカム トミー・バストウ ラッザロ・オエットリ
 
WOWOWで放送していた映画「エクソシズム」を鑑賞。

【映画「エクソシズム」のあらすじ】

厳しい両親の方針で自宅教育を受けている15歳の少女エマ。彼女は普通に学校に通い、歳相応に友人を作りたいと願っていたが、決して許されることはなかった。そんなある日、エマは突然ひきつけのような発作を起こし、病院に運ばれる。異常は見つからず、精神的な問題と思われたが、その後も症状はエスカレートしていく。彼女の異変を知った叔父のクリス神父は、エマの両親に彼女の悪魔祓いをするよう勧めるのだが……。

※WOWOWから引用

【映画「エクソシズム」の感想(ネタバレ)】

スペインで大ヒットを記録したホラー映画「REC/レック」のプロデューサーによる”悪魔祓い”をテーマにしたホラー作品。

ビデオカメラによる主観映像がめちゃめちゃ怖いと公開当時に話題になっていた「REC/レック」のプロデューサーによるホラー映画ということで、「REC/レック」はまだ見てないけど、少し期待が高まり見てみたが、これは久々のかなりひどい作品に遭遇。

全体の完成度は、「エクソシスト」をなぞるストーリーでそれなりに見れて悪くないが、ラストが全くのダメダメ

完全にネタバレになるが、15歳の女の子にとりついてしまった悪魔を神父が”悪魔祓い”するという御馴染みのストーリーなのだが、悪魔にとりつかれた女の子は、自分で悪魔召喚を試しており、その悪魔が自分にとりついていた。

それ以降、悪魔の影響で一緒に悪魔召喚していた男友達は、のちに交通事故で重傷、仲が良かった弟も交通事故で死亡し、母親もショックで自殺未遂、父親は神父との乱闘の末、誤って刺されて死亡

最後は、自分の罪に耐え切れなくなった神父も自殺し、車椅子の母親と女の子しか残らない。もう最低最悪のラスト。

この映画は、ホラー的にはまったくと言っていいほど怖くないが、ラストの後味の悪さといったら”恐怖”(ホラー)に値する。

悪魔祓い”をテーマにした作品ということで、映画「エクソシスト」にプラスするようなオリジナリティがあるのかと思いきや、信頼すべき神父が実は”悪魔がこの世にいる証拠を映像(ビデオ)に収めたかっただけで”悪魔祓い”を全くしない”悪徳神父だったという位で、驚愕のラストが待っているわけでもなんでもない。

とりついていた悪魔も何をするわけでもなく女の子から離れ急にいなくなるし、一体何がしたかったのか全くわからない映画。


評価 ☆☆☆☆☆ (星0)

(「うんうん…うんうん。うんうん。あれっ、え〜〜〜これで終わりなの!?」という真面目に見ていた人をバカにするような作品。最初から最後までそれなりの吸引力があり、最後までは何かあるのかと期待して見れるように作られているのだが、ラストで急ブレーキの大事故。広げた風呂敷をまとめる気はないらしい。この映画から伝わってくる唯一のものは、”悪魔召喚はやめよう”位ですね。)


エクソシズム 【DVD】


にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ



JUGEMテーマ:Horror
 

スポンサーサイト

2018.10.23 Tuesday -

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • -
  • -
  • 0
    • -
    • -

    コメント

    コメントする








    この記事のトラックバックURL

    WOWOWのおすすめ番組!    

    Search

    管理人の記憶に残るおすすめ作品

    Links